FANDOM


--[[Category:Seasonal quote modules]]
 
return {
["tsukimi001"] = {
  ["サルビア"] = {
    jp="兎が餅つき…なるほど、あれがそう見えるのか。あたしにはそう見えるような、見えないようなって感じだ。<br>あ、でも、これだけ広まってるってことは、やっぱりあれは兎の餅つきなんだろうな!",
    en=""
  },
  ["ホワイトパンジー"] = {
    jp="月には、兎が本当に居るんでしょうか? 昔、妹たちとそんな話をした記憶があります。団長さんは居ると思いますか?",
    en=""
  },
  ["イエローパンジー"] = {
    jp="お月見って何でススキを飾るんだ? 豊作を願うなら食べ物を供えたほうがいいと思うんだ。<br>でも、ススキが大量に増えたら、それはそれで楽しいかもしれないな。<br>あ、あれ? 団長、なんで笑ってるんだ?",
    en=""
  },
  ["パープルパンジー"] = {
    jp="月見団子、団長さんも食べますか? こうやって無心になって、お団子を食べまくるのも楽しいですね。<br>嫌なことを忘れられそうです。ん、んく。うまいです♪",
    en=""
  },
  ["ツバキ"] = {
    jp="何て美しい月。見つめていると吸い込まれそうです。いえ…、もうすでに吸い込まれているのかもしれません",
    en=""
  },
  ["ブラックバッカラ"] = {
    jp="月を見るとムズムズするんだよ。何かを無性にぶった斬りたくなるんだ。月の魔力って本当にあるんだぜ?",
    en=""
  },
  ["ロイヤルプリンセス"] = {
    jp="月は、愛に満ちているように見えます。何故でしょうね? 私達を、いつも見守っていてくれているような気がするからでしょうか。<br>月が、どんなに満ち欠けによって形を変えていても、見ると私は安心するんです。今夜の月も、とても綺麗ですね",
    en=""
  },
  ["ノヴァーリス"] = {
    jp="月の上で、お餅を搗いている兎さんですか? ふふ、きっと誰かに食べさせるために、搗いているのでしょうね。<br>人々の愛を象徴する、良い夢だと思います。",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア"] = {
    jp="ねぇねぇ団長、お月様ってどうして形が違うの?あんなに綺麗なまんまるなら、ずっとまんまるでいいんじゃないの?<br>……人には、見せたくない部分や、見ることができない部分もある?<br>うーん……難しくて、アタシにはまだ分かんないよ。<br>いいもん、アタシは、団長なら、どんな形してても大好きだから。",
    en=""
  },
  ["オンシジューム"] = {
    jp="わぁ~い!月見団子がたくさんだぁ~!どっちが早く食べられるか競争だ~!<br>って、のどにつまるからダメなんだよね……残念だなぁ…………。<br>ねぇ!団長!月ばっか見てないで遊んでよぉ~!",
    en=""
  },
  ["シンビジューム"] = {
    jp="あっ!団長さん、お団子作ってきました。こっそり食べましょうね。誰かさんに・・・、邪魔されないように",
    en=""
  },
  ["デンドロビウム"] = {
    jp="月には不思議な魔力があります。吸い込まれそうになるほど美しい…。<br>だからこそ、憧れるのですね。",
    en=""
  },
  ["カトレア"] = {
    jp="なによ…月ばっかりに夢中になっちゃって。私が本気を出せば月を落っことすくらい訳ないんだからね?<br>た、試した事ないから出来るか分からないけど…、もう!ちょっとは私の事も見なさいよぉ!",
    en=""
  },
  ["ハイビスカス"] = {
    jp="ふおおぉぉ~、お月さま、すっごくおっきくて、綺麗~。好き嫌いせずにい~っぱい食べたら、あのくらい大きくなれるかな?",
    en=""
  },
  ["クレナイ"] = {
    jp="明るいわ~。こんな月、初めて。団長さんが、真っ赤になってるのがわかっちゃうわよ~。そろそろ、大人の時間……かしら? ねえ?",
    en=""
  },
  ["アジサイ"] = {
    jp="お月見団子を美味しく食べるために、絶食してきたわ。2日ほどね。ちょっと具合悪いけど、大丈夫。<br>ほら、月も絶食ってあるじゃない? 皆既絶食?とかいうやつ。それより、まだお団子出来ないの~",
    en=""
  },
  ["グラジオラス"] = {
    jp="私はマスターにとっての月。私が輝けるのはマスターのおかげです。これからもずっと、マスターをお守りします",
    en=""
  },
  ["キキョウ"] = {
    jp="お月見って、元はただのパーティだったっていう説があるのよね。神様に秋の豊穣を祈るって意味だと思うんだけど…。<br>昔の貴族が、とりあえず月が綺麗だから騒いだっていう説もあるのよ。まぁ、多分どっちもなんだろうけど!",
    en=""
  },
  ["ヒマワリ"] = {
    jp="うっわ~! お~きくて丸いお月さま。なんだか迫ってきそうですね。団長さんは、月と私、どっちに迫られたいですか?",
    en=""
  },
  ["レッドジンジャー"] = {
    jp="月が綺麗だね。あのまんまるの月の表面で、子供たちと遊んでみたい。<br>でも何だか月って、行こうと思えば本当に行けそうな気がする。気がするだけだけど。<br>試しに君と私で行ってみる?君とならどこへでも行けそうな気がする。",
    en=""
  },
  ["スイレン"] = {
    jp="ご主人様。月見団子と、ふふっ、お酒のご用意が整いました。心行くまでご堪能ください。",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン"] = {
    jp="お月見って、何のためにやるんだろう……?だって、月なんて一年中出てるし、満月も定期的に見られるじゃないですか。<br>……え?月が、綺麗なんですか……?……そうですか……すいません、下ばっか見てるから、気付かなかったです。",
    en=""
  },
  ["イブキトラノオ"] = {
    jp="ここのところ天気が不安定だったけど、今夜はバッチリ晴れたわね♪ ほら、ぼーっとしてないでこっち来て。<br>満月も私も、いつまでもここに居るわけじゃないでしょ? ふふっ、冗談よ♪<br>私はあなたのそばに……いつも、いつまでも居るわ",
    en=""
  },
  ["ヒルガオ"] = {
    jp="飾りも、月見団子もバッチリです! 皆を呼んでお月見しましょ♪ の~んびり集まって、おしゃべりしましょうね",
    en=""
  },
  ["ヨルガオ"] = {
    jp="まん丸なお月さまを見て、毎年変わらず満月で綺麗だなと思うの。<br>お月様は変わらないけど、それを見る私は毎年成長しててほしいと思いながら……私、去年より成長できているかしら?",
    en=""
  },
  ["アサガオ"] = {
    jp="お月様ってどのぐらい大きいのかな? お月様が大きく見えるのは、お星様より近いところにあるからなんだよね。<br>そう考えると、お月見ってとても大切な行事のような気がするね",
    en=""
  },
  ["カサブランカ"] = {
    jp="だいぶ涼しくなってきたな、夜になると肌寒いくらいだ。上着を貸してくれるのか?大丈夫だ、私には必要ない。<br>しかし……どうしてもと言うのなら、まぁ、預かっておいてやる。",
    en=""
  },
  ["ヤマユリ"] = {
    jp="その~……ん? 何だその、丸いのは。団子? つきみだんご、というのか。庶民はこういう物を食しているのか。<br>ぁ……一体中には、何が入っているんだ? き、気になっているわけじゃないぞ! <br>お、王族では、だな、なに? くれるのか? ……いただきます♪",
    en=""
  },
  ["オトメユリ"] = {
    jp="流石に夜は冷えますね。はい、温かいお茶です。お団子と一緒に召し上がってください。<br>ふふっ、月を見上げる団長さんの横でお茶を入れる、そんなことが出来るなんてすごく幸せです",
    en=""
  },
  ["アブラナ"] = {
    jp="ちょっと、団長。こんな夜更けにどこへ連れて行くのよ!<br>え? ここに寝ろ? 嫌よ、こんな原っぱで……ちょ、きゃあー! ……あ、お月さま。<br>そっか、今夜は満月なのね。もう、こういうことは事前にちゃんと言ってよね。ドキドキしちゃったじゃない",
    en=""
  },
  ["セントポーリア"] = {
    jp="お月さまの上で、兎さんがお餅をついているんですよ~。<br>ぺったん、ぺったん、ぺったん…ぺったん…。ふわぁ~なんだか眠くなってきちゃいました~",
    en=""
  },
  ["マーガレット"] = {
    jp="月を見ていると、不思議な気持ちになる。神秘的なものを感じるな。月もまた、わたしと同様、誇り高き存在なのだろう",
    en=""
  },
  ["サボテン"] = {
    jp="ぼーっとしてたら…月に…吸いこまれそう。そう…思わない?",
    en=""
  },
  ["スズラン"] = {
    jp="団長さん、月明かりの下で、私はどう見えますか? ちゃんと輝いて見えますか?<br>あはっ、よかった~。私は貴方のために生まれてきた、その事実を実感します。",
    en=""
  },
  ["スミレ"] = {
    jp="月って満ちたり欠けたりするよね。だから、満月には特別な気持ちになるのかな?<br>いつも輝く事だけが、幸せじゃないのかもしれないよね",
    en=""
  },
  ["イチゴ"] = {
    jp="ふわ~、大きいですね~。お月様って、こんなに大きく見えるものなんですね。<br>私も団長さんの前では、こんな風に大きく綺麗に見えたらいいのになって、思います♪",
    en=""
  },
  ["ウメ"] = {
    jp="綺麗な満月は心に安らぎをもたらす。神秘的であり、幻想的であり、どこか力強さを感じる。<br>あの輝きは、絶対的な自信の表れなのかもしれん。……誰とは言わぬが、似ているな。",
    en=""
  },
  ["バラ"] = {
    jp="月を見る度に思うの、あれほど完成されたものは無いって。大きくて、丸くて、美しい…神話が生まれるのも不思議じゃないわ。<br>あの完璧さに少しでも近づきたいわ",
    en=""
  },
  ["サクラ"] = {
    jp="月に吸い込まれちゃいそうね。吸い込まれて月に行くのも良さそうですけど…。団長さんも一緒に来ます?",
    en=""
  },
  ["ユキヤナギ"] = {
    jp="月には未知が満ちています! あ、今のダジャレです。気付いてくれました? …何か言ってくださいよ団長さん!<br>月を見ていると、いつか団長さんと一緒に、ああいう月みたいな未知の世界を旅したいなって思うんです。",
    en=""
  },
  ["アマリリス"] = {
    jp="わ~、月が綺麗~。改めて見ると、月って結構大きいんですね。<br>満月がこんなに美しいのは、自分の全てを隠さずに見せているから、なんですよね。私とは……ちょっと、違うんだ",
    en=""
  },
  ["ヒノキ"] = {
    jp="っなんで夜に起こすの~?月が出てるじゃん、もう寝る時間だよ~?",
    en=""
  },
  ["レンゲソウ"] = {
    jp="ワタシの蹴りは、あの月まで届くアルカ? ってそんな事を考えてしまうアル。<br>あんなにまん丸だとなんかの的みたいネ。改めて見てみると、今日の月は本当に綺麗アル。<br>団長と二人でこうして綺麗な月を見ていると、なんだかロマンチックな気持ちになってくるネ",
    en=""
  },
  ["ハクモクレン"] = {
    jp="うむ、良い月だ。星も自然の一部。大切にしたいものだ。流石に害虫も月には手が出せまい",
    en=""
  },
  ["コチョウラン"] = {
    jp="はい、ご主人様。お団子をご用意しました。きちんと山積みになるよう、積み方を工夫したのですよ。<br>それからお飲み物も。ふふ……ご主人様のためですから、用意は完璧にございます",
    en=""
  },
  ["コスモス"] = {
    jp="月の上では何が起こってるんでしょうね? 私達に見られているとも知らず、あんな事やこんな事~……って、そんな事ないですよね~",
    en=""
  },
  ["マリーゴールド"] = {
    jp="月を見て何が楽しいのかしら。いつも出てるじゃない……と、思っていたのだけれど。<br>アンタと見る月は、何か悪くないわね",
    en=""
  },
  ["シクラメン"] = {
    jp="っ……団長さんと、二人きり……ど、ドキドキしてます……。<br>……月が明るすぎで……顔が赤いの、見えちゃってますよね……。うぅ、恥ずかしいです……!",
    en=""
  },
  ["ミント"] = {
    jp="団長さん、お月見に行きませんか? 今日の分の訓練は、もう終わらせてきました。その……団長さんと、見れたらと思いまして",
    en=""
  },
  ["ラベンダー"] = {
    jp="団長さんは、私の事が好きですよねぇ…?<br>じゃあ、どうして今、月を見ていたんですか?<br>私が今、目の前に居るじゃないですか。<br>本当に信じられません。こんなに愛しているのに…。",
    en=""
  },
  ["ブルーロータス"] = {
    jp="まぁ、なんて大きなお月さま。見ていると吸い込まれそうですね~。だけど、とっても綺麗……",
    en=""
  },
  ["サザンカ"] = {
    jp="ちょっと団長クン、こんなに明るいんだから、害虫倒しに行こうよ!<br>え?お団子食べて月を眺める?うーん、まあ、団長クンとなら良いけど?",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ"] = {
    jp="ご主人、空を見上げるです?こんなに明るい月は、滅多に見られないです?<br>モコウ、ご主人と二人でこうやって月を見ていること、断じて好きです?",
    en=""
  },
  ["センニチコウ"] = {
    jp="はいどうぞ。月見団子と、お酒。……お酒は神聖なものだけど、あまり飲み過ぎちゃ駄目よ",
    en=""
  },
  ["シロツメクサ"] = {
    jp="こんな日は月が綺麗だと誰もが見上げますが、案外普段は気付かれません。<br>光り輝いてもそれが当たり前すぎないよう努力を重ねなければいけませんね。",
    en=""
  },
  ["キンモクセイ"] = {
    jp="月を見ていると、ウチ、安心します。平和の和とま~るい輪っかの輪はよく似ています。<br>棘がないところとか、綺麗なところとか。だから、月は好きです",
    en=""
  },
  ["ジャスミン"] = {
    jp="月の光には魔力がある、なんて誰かが言っていましたけれど、私(わたくし)結構信じてますわ。<br>こうして団長様と一緒に見上げるだけで、私(わたくし)団長様を誘いたく……なってきます。うふふ",
    en=""
  },
  ["ホトトギス"] = {
    jp="わっ! 大きなお月様です。<br>いつも、当たり前に見れてしまうものは、その大切さを忘れがちです。<br>大切さ、そして美しさを思い出させてくれるこういう行事は、大切ですね。",
    en=""
  },
  ["ヘリコニア"] = {
    jp="月っていいよね~。ただ丸いだけなのに、あんなに目立ってる。<br>ライバルがいないからかな?その点、花騎士にはライバルだらけだよ~",
    en=""
  },
  ["エーデルワイス"] = {
    jp="あなたの分のお団子も、用意しておいたわ。中にいろいろ入っているから、好きな物を取りなさい。<br>あ、それ当たりよ。ほうれん草♪ 美味しいでしょ? ぇ、そう……やっぱりお団子には合わなかったみたいね",
    en=""
  },
  ["タンポポ"] = {
    jp="あの月の上では、兎さんがお餅をついてるのです。でも、兎さんがお餅を食べたら、お腹を壊しちゃいますよね?<br>じゃあ、誰がお餅を食べているんです? 不思議ですー",
    en=""
  },
  ["ヤグルマギク"] = {
    jp="月……太古の昔から私達を照らし、色々なものを見てきたのですね。一体月って何歳くら……あ、コホン。年齢の話はやめましょう",
    en=""
  },
  ["カーネーション"] = {
    jp="月と太陽は相容れぬ存在。しかし、輝ける時間は平等です。ただ、人の目に触れる機会が少ないだけ。<br>このような催しがあれば、月も存分に輝ける事でしょう",
    en=""
  },
  ["スノーフレーク"] = {
    jp="月は、太陽の光で光っている。ご主人様との関係も、そんな感じになりたい。ご主人様には、いっぱい輝いてほしいと思う。",
    en=""
  },
  ["スイートピー"] = {
    jp="今日は十五夜ですね。月明かりの下で、読書をするのも風情があっていいですよ",
    en=""
  },
  ["ライラック"] = {
    jp="団長さんと見る月は、いつにも増して綺麗な月に見えます。月を見るのもよし、月を見る団長さんの横顔を見るのもよし。<br>素晴らしいですね、お月見というものは。本当にいい思い出になりそうです。団長さん、ありがとう。",
    en=""
  },
  ["クロユリ"] = {
    jp="随分と明るい夜だ。こんな日であれば、死んでもいいと思えるな。<br>だが、死ぬのはいつでもできる。どうせなら……まだ生きていようと思う",
    en=""
  },
  ["レッドチューリップ"] = {
    jp="団長さん、今夜は晴れてよかったわね、月が良く見えるわ。さぁ、お月見に行くわよ。<br>私が月見団子を用意するし、月が良く見える場所にも案内してあげる。<br>自分で言うのもなんだけど好きな人に対しては私、結構尽くしちゃう方なのよ",
    en=""
  },
  ["イエローチューリップ"] = {
    jp="あら? 団長さん、奇遇ね。あなたもお月見に来たの? 私はここで団長さんを待っていたのよ~。<br>来るって知ってたから。もう、そんなに恐い顔しないでよ。ささ、このお団子でも食べ……何も入っていないわ。私を信じて。<br>はい、あ~ん♪ うふふ、中身は私の愛でした……な~んてね",
    en=""
  },
  ["パープルチューリップ"] = {
    jp="月の魔力に惑わされた人が、今日もまた、一人。あなた様も吸い込まれないように、気をつけて下さいね",
    en=""
  },
  ["ホワイトチューリップ"] = {
    jp="はい、あなた様のお団子です。<br>様々な味付けのお団子が用意されていましたので、これだけでも、十分に楽しい催しになりそうですね",
    en=""
  },
  ["ギンラン"] = {
    jp="今夜は、いつもより月が大きく綺麗に見えますわ。<br>月明かりのお陰で、団長さんの素敵なお顔がいつもよりはっきりと見えます。<br>ふふっ、こうして二人でゆっくりと、月を眺めるのもいいですわね~",
    en=""
  },
  ["レシュノルティア"] = {
    jp="月を見ていると、色々なことを考えてしまいます。害虫たちも月に魅入られたりするんでしょうか? うう~ん、気になる。<br>それにしても、今日の月は綺麗ですね~。お月見がしたくなって来ました♪",
    en=""
  },
  ["ヒメユリ"] = {
    jp="どうぞ、団長様。月見団子とお茶です。はぁ……こうして夜更けに月を眺めるのも良いものですね。<br>心が洗われるようで、スッキリしますね",
    en=""
  },
  ["タチバナ"] = {
    jp="ど~ぞ、団長殿。月見団子とお茶です。お酒の方がよろしければ、お持ちしますよ。<br>っ……ぁ、ぅ…わ、私がいればいいって……っ、つき、月を見てください。そのお言葉自体は……ぅ、嬉しく思います",
    en=""
  },
  ["モモ"] = {
    jp="昔から月には不思議な力が宿るっていうじゃない。月に見入られる、とか。<br>今なら私の事、好きにしてくれてもいいのよ。月のせいだからって…、ねぇ",
    en=""
  },
  ["ハナモモ"] = {
    jp="まぁるいお月さま、ステキですわね~。でも、あまり遅くまで起きてると、ねえさまに怒られてしまいます。<br>それに、お肌にもよくありませんわ。レディは大変ですのよ!",
    en=""
  },
  ["キルタンサス"] = {
    jp="ねっ、ねぇ、つっ、つき…、月が、きれ…、月が!キレッキレに明るいわねっ!<br>えっ、変?そうかしら?私にとっては、普通の言い方だけど!確かに明るくて綺麗だって…。<br>そうよね、あたしもそう思う…、綺麗だわ。",
    en=""
  },
  ["アネモネ"] = {
    jp="夜風が気持ちいいね。お団子を食べて、お茶を飲んで、月を見上げる。こういうゆったりした時間を過ごすのは、好きだよ。<br>隣にあなたがいれば……眠くなっても、安心だね。",
    en=""
  },
  ["ガーベラ"] = {
    jp="団長くん!みてみて~!お月様、すごいよねぇ~!おっきくて、まんまる!<br>お月見にお団子が食べたくなるの、なんだか、わかる気がするなぁ~。<br>団長くんも食べたい?ウフフ、作ってこようかな~!",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス"] = {
    jp="だ、団長……!ちゃんと捕まえててくれないと、つ、月に帰っちゃいますよ!?<br>はぁあ、ち、違うの!今のはコスモスちゃんが勧めてくれた物語のセリフで……<br>だから、あのね……私はいつもそばにいるよ。",
    en=""
  },
  ["ストロベリーキャンドル"] = {
    jp="団長さん、お月見誘ってくれてありがとう。なかなか月をじっくり観察することってないよね。<br>今日見た月のこと、日記に書いておくね。団長さんのことと一緒に。",
    en=""
  },
  ["リューココリーネ"] = {
    jp="月が光って見えるのは、太陽が照らしているからだそうだ。他者を照らす太陽も凄いけど、月も素晴らしいものだね。<br>照らされただけでこうも人を引き付けるってことは、もともとが美しい証拠だよ。",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ"] = {
    jp="月を見て、お団子を食べ、まん丸だらけのまん丸祭りデスね。<br>これが、フーリューってやつデスかー。",
    en=""
  },
  ["アイリス"] = {
    jp="団長さま、今夜は月がとても綺麗ですよ!<br>こちらにお団子を用意しましたので、よろしければどうぞ。<br>あ、私は結構です。団長さまの横顔を、ゆっくり、じっくり、見ていたいので。",
    en=""
  },
  ["アンスリウム"] = {
    jp="あれ?ここに置いてあったお月見団子知らない?あれ、私が自分用に作った奴だからすっごく甘いのよね。<br>ハイビスカスにつまみぐいでもされたのかしら?えっ、甘い奴も食べてみたかった?今、作ってあげてもいいわよ",
    en=""
  },
  ["デージー"] = {
    jp="でっかいまんまるお月様なのだ!デージー何人分くらいあるかな?<br>でも、もし落ちてきたら、デージーがまたお空に返してあげるのだ!",
    en=""
  },
  ["エノコログサ"] = {
    jp="月を見ると吠えたくなる!これ、しっぽ生えてる人の本能!<br>うんにゃ~~!!うにゃにゃ~~、うにゃあ~~!!<br>……うー……?……ちょっと違う気がする……。",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス"] = {
    jp="お月見、一度でいいからやってみたいと思っていたっす。<br>この特製月見団子を月に向かって投げるっす。",
    en=""
  },
  ["ゼラニウム"] = {
    jp="大きいお月さまだね。なんだか、食べられちゃいそうだ。……ま、負けないよ",
    en=""
  },
  ["ヤマブキ"] = {
    jp="月見て何が面白いんだって思ってたけど、案外綺麗なんだな月って…。えっ!あそこに兎が住んでるのか?へ~、不思議な話だな",
    en=""
  },
  ["サクランボ"] = {
    jp="月ではウサギさんがお餅をついてるってホントですか?<br>私も1人でお餅をついて団長さんに食べてもらうとか、それくらい立派になりたいです。あれ?ちょっと違うような……?",
    en=""
  },
  ["オトギリソウ"] = {
    jp="はぅ……月が丸くて綺麗だけど、私の中に流れる忍びの血が嫌がっている~。月が明るい夜は隠れる場所がなくなっちゃうから~",
    en=""
  },
  ["ルピナス"] = {
    jp="月にはウサギがいるとされていますが、アカシア隊長が「お餅ばかりでは栄養が偏る、月のウサギへ物資を運ぼう。」と言っているのです。<br>アカシア隊長の単なる思い付きで。明日には忘れていると良いのですが…。",
    en=""
  },
  ["サザンクロス"] = {
    jp="月明かりを見ていると、落ち着くな。あの世界には、争いなどないだろうし……。<br>ここも、美しく、輝く場所にしたいものだな。",
    en=""
  },
  ["チェリーセージ"] = {
    jp="お月見ですよー!お団子いっぱい食べましょう!あっ、競争しますか!?よ~し、よーいドン!",
    en=""
  },
  ["ゲッカビジン"] = {
    jp="わたくしは、月のような存在。受けた光を受け止めて、輝き続けるのでありんす。そこに、どんな苦悩が待っていようと……。<br>……主様、付いてきてくださいますか?",
    en=""
  },
  ["ハナショウブ"] = {
    jp="お団子を丸めて、もうひとつっと。うふふ、なんだか作り続けていると、無心になってきますね。<br>団長さんも、よかったらやってみます? 何かが見えてきますよ♪",
    en=""
  },
  ["ナデシコ"] = {
    jp="丸くて大きな月~。あれくらい滑らかな円を描くように敵を斬れるようになれば…!<br>あっ、いえ。なんでもありません…。",
    en=""
  },
  ["カンナ"] = {
    jp="いや~、今夜も月が綺麗やな~。あぁ、ちゃうちゃう。今夜の月が特別なんやない。月は、いっつも綺麗なんやで?<br>特にベルガモットバレーの月はな。……月は人の悲しみを吸い取ってくれる。遠い昔、そんなこと、誰かが言ってたわ",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム"] = {
    jp="月の裏側って、どうなってるの? もしかしたら、この世界のどこかで裏お月見をしてる人がいるのかしら?<br>団長さん、あたし、ちょっと月の裏側を見に行って来るわ!",
    en=""
  },
  ["カタバミ"] = {
    jp="おだんご食べ過ぎて気持ち悪くなっちゃった~うぅ…だんちょー、ちょっと横になってもい~い?<br>えへっ、ありがとうなー♪へへ…団長の膝枕で月見なんて、すごい贅沢だ。",
    en=""
  },
  ["ダリア"] = {
    jp="月見で一杯……んふっ、ワインもいいけれど、清酒もなかなかイケるものね。<br>こういうときのおつまみは……あら、お団子しかないの?",
    en=""
  },
  ["ネリネ"] = {
    jp="月にも海ってあるんですよね。月の人魚さんてどんな感じなんでしょう?あっ!でも、海にも空気が無いから同じですね",
    en=""
  },
  ["サンゴバナ"] = {
    jp="一年で一番大きい満月に光る刀、うふふ……あ!じょ、冗談ですよ!<br>でも、本当に斬れ味が良くなってるかも……ちょっと試しに行きますね。",
    en=""
  },
  ["クチナシ"] = {
    jp="団子も、良いおつまみですね。いえいえ、月もちゃんと見てますから。<br>ですから、団長様……もう一杯、注いでくれませんか?",
    en=""
  },
  ["カラー"] = {
    jp="お待たせいたしました。お月見団子が出来ましたよ。こんな風にお供え物をして、月を眺めるのも一興ですね。<br>日頃何気なく見ているものに、感謝の意を捧げる。ふふっ、とても大事なことだと思います",
    en=""
  },
  ["ディプラデニア"] = {
    jp="丸い……月……、素敵ですね。だけど……嫌いです。見られているようで……。",
    en=""
  },
  ["オオオニバス"] = {
    jp="月って神秘的ですよね……美しい物は人の心を惑わすそうです。<br>団長さん、月に惑わされないでくださいね。団長さんの帰る場所は、わたしの隣です。",
    en=""
  },
  ["ツキミソウ"] = {
    jp="この夜が終われば十五夜も終わってしまう。名残惜しいですか。あら?お月見が十五夜だけだと思いました?<br>実は、十三夜にもお月見をする習慣があるのですよ。まだまだ、終わらせません",
    en=""
  },
  ["ナイトフロックス"] = {
    jp="わぁ~、なんて綺麗なお月様。見てください団長さん、まるでお皿みたい!あ、すぐにお団子持ってきますね!",
    en=""
  },
  ["オシロイバナ"] = {
    jp="月ってよく見るとあんなにたくさん模様があるんですね、いつも下ばかり向いてるから気がつきませんでした。<br>あ、見てくださいウサギさん!団長さん見えますか?あそこですよほら!<br>ふふ…たまにはじっくり月を見るのもいいですね。",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ"] = {
    jp="あら?良い形のお団子じゃない?<br>お団子をつまみながら月見で一杯ってね。これぞ秋って感じで素敵だわ。",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム"] = {
    jp="あたし、お月見はけっこう好きなんだよねぇ。だって涼しいし、動かなくていいしぃ、楽ちんじゃん。<br>こういうのんびり過ごす時間の大切さ、忘れちゃダメだと思うんだよ~。",
    en=""
  },
  ["キンギョソウ"] = {
    jp="団長さん、今日はお月見ですよ。頑張って準備しないと。なんせ、花騎士全員分のお団子だからね。<br>ほら、団長さんも一緒にお団子をコネコネしようよ",
    en=""
  },
  ["ギンリョウソウ"] = {
    jp="月にも、幽霊はいるのかな?ふふっ、いてもおかしくないよね、月には強い魔力があるって聞くし……。<br>流石に見えないけど。",
    en=""
  },
  ["ツバキ(フォスの花嫁)"] = {
    jp="何て美しい月。こんなに静かな夜に、あなたと二人でいられることは、最高の幸せです",
    en=""
  },
  ["オンシジューム(フォスの花嫁)"] = {
    jp="お月見ってじっとしてなきゃダメなんだよね。足が痺れてきたけど、もうちょっと頑張るよ。<br>お団子もおいしいし、団長もくっ付いてくれてるし。こういうのもなかなか、悪くないもんだね~",
    en=""
  },
  ["サボテン(フォスの花嫁)"] = {
    jp="月なんて、普段見ないけど…この時期は、みんな見てる。月も、注目されて、ドキドキする?",
    en=""
  },
  ["ハリエンジュ"] = {
    jp="美しい月が出ているな。ノクターン……いや、あの月をステージに見立てて、ワルツも捨てがたい、か",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン"] = {
    jp="ルナリアが月を見るのが好きなの。<br>だからってわけじゃないけど私も月が好き…",
    en=""
  },
  ["ススキ"] = {
    jp="今夜ばかりはススキちゃんとウサギノオちゃんが主役を張らせてもらっちゃうよ~。<br>さあさあ、団長さんもお揃いのウサ耳を着けて…。あら?!意外と可愛い!",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ"] = {
    jp="団長さん、今までどうもありがとうございましたうさ。私は、月に帰らなくてはいけません。<br>最後になりましたが、団長さんの幸せを遠い月から……、一緒に盛り上げて行こううさ~!",
    en=""
  },
  ["ルナリア"] = {
    jp="私は、いろいろな形の月を見てきました。どんな形でも月はいつだって美しいものです~。ですが、今日の満月は特に綺麗ですね~。<br>言葉を失ってしまうほどです~。そんな月を団長さんと一緒に見ることが出来るなんて、屋敷を抜け出してきてよかったです。本当に、嬉しいです~",
    en=""
  },
  ["キンレンカ"] = {
    jp="わぁ……これは確かに大きな月ですね。綺麗だけど、どこか怖ろしくもあって……。",
    en=""
  },
  ["ローレンティア"] = {
    jp="さぁ~て、今日という日こそキンレンカに勝つわ!月見団子の大食い競争でリベンジよ!<br>えっ?のどに詰まるから危ない?た、確かにそうね……なら!早作り競争にする!",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム"] = {
    jp="つ、月が、綺麗です…ね。その、ガイラルディアちゃんが、月を見たら、こう言えばいい、って…あの、深読み…して、くれますか…?",
    en=""
  },
  ["ガイラルディア"] = {
    jp="う~ん、確かに月は綺麗なんだけど~、やっぱ、お団子食べてる方が私には合ってるかな~?<br>それにこの月見団子はヘレニウムの手作りだし、食べるっきゃない、でしょ!",
    en=""
  },
  ["ユーカリ"] = {
    jp="なんかこう……手で、ベリっと引き剥がせそうだね~。これだけお月さまもおっきくなると収穫時って感じがしない?<br>ねぇねぇ、団長さんもちょっと試してみてよ。",
    en=""
  },
  ["イチョウ"] = {
    jp="月には不思議な力があります。ときに人を狂わせ、ときに人を鎮める。団長さん、貴方は今、あの満月を見て何を感じていますか?",
    en=""
  },
  ["モミジ"] = {
    jp="月は太陽に照らされて輝く、と言いますが……<br>それでも、星々より遥かに明るく……夜道すら照らす存在。<br>だけど私は、太陽にならなくてはいけません。 月では、お姉ちゃんに……",
    en=""
  },
  ["スズランノキ"] = {
    jp="すっかり涼しくなったわね、夜風がとても心地良いわ。ねぇ、団長さん……?<br>こんな日はどこかに出かけたくならないかしら?だ、だから、一緒に月を見に行かないって誘いよ、もう!",
    en=""
  },
  ["リュウゼツラン"] = {
    jp="風流、というのかしら?不思議なものね。特に何をしているわけでもないのに、感動にも似た、強い衝撃を受けているわ。",
    en=""
  },
  ["フォックスフェイス"] = {
    jp="今日の月は綺麗ね~。この子も見とれちゃってるわ。そう言えば、昔読んだ本で、月に住む兎の話に、狐が出てきてたわね。<br>この子も、それが気になってるのかしら?",
    en=""
  },
  ["ランタナ"] = {
    jp="月……まんまる……満月……う、うぉぉおおおお! ら、ランタナをまばゆい光が包んでいくうぅうぅぅ!<br>これはもしや、狼ランタナに……? …って、なるわけないじゃ~ん<br>どうしてもっていうんなら、あとで肉食系美少女ランタナちゃんを、朝まで披露するよ♥",
    en=""
  },
  ["ペポ"] = {
    jp="今夜のお月さまは黄色が強くて、空の黒さに映えますね。こういう元気一杯なのも、たまには面白いですね",
    en=""
  },
  ["リンドウ"] = {
    jp="月で思いだしたけど、あたし月見うどんとかの月見の部分好きなんだよね。<br>卵とか卵料理が好きなんだけどさ、月を見ながらそれを食べるっていうのはありなのかな?<br>なしってことはないよね!団長さんも一緒に食べよう!",
    en=""
  },
  ["ペンタス"] = {
    jp="よいしょっと……えっ?何をしているか、ですか?団長と一緒にお団子食べるために、私が課した今日のノルマです。<br>これも訓練の一環です!時間かかるかもしれませんが、出来上がったら一緒に食べましょうね。",
    en=""
  },
  ["エキナセア"] = {
    jp="団長、急に呼び出してどうした?相談事か?…え?お月見?あぁ…そうか。こうして団長と二人で見る月も綺麗だな。<br>ここのところ討伐やら悩み相談やらで、ゆっくり空を見上げる時間も無かったからな…私に気を使ってくれたのだろう?ありがとう、団長。",
    en=""
  },
  ["ビオラ"] = {
    jp="団長さん、団長さん。このお団子、兎さんの形なんですよ。わ~、可愛いですね。<br>この子は部屋に連れ帰って、一緒に暮らします。ふに~♪",
    en=""
  },
  ["ヤツデ"] = {
    jp="まったく、大人というのは何かにつけて酒を飲みたがるものだな。<br>団長さんはあちらに混ざらなくて良いのかい?そうか、それは実に良い判断だ。",
    en=""
  },
  ["リンゴ"] = {
    jp="見てください団長さん!あの子、めちゃめちゃ可愛いですよ~!<br>ウサギの格好して、お餅突いてます……むっはぁ~!しっぽもふもふしたいでぇす!",
    en=""
  },
  ["アイビー"] = {
    jp="ま、まさか!?きょ、今日は満月!?あううっ……!!瞳が、疼くわね……。<br>我がアビスの底に眠るルナティックキャンディケインが、解き放たれてしまう……ううううっ……!!",
    en=""
  },
  ["ヤドリギ"] = {
    jp="今日はケーキ屋さんは休業ッス!んふふ~、色んな味のお団子を楽しむッスよー!",
    en=""
  },
  ["サンダーソニア"] = {
    jp="今日は十五夜ですね。団長さんに折り入ってお願いがあります!<br>月を見ながら、そのぉ……耳かき、してくれませんか?",
    en=""
  },
  ["モミノキ"] = {
    jp="あら?追加のお団子ですか?団長手ずから、ありがとうございます。<br>んっ、ん、んっ……んぅ。こちらのお団子も美味しいですね~。<br>私ばかりじゃなく、団長さんも食べてくださいな。はい、あ~ん♪",
    en=""
  },
  ["ポインセチア"] = {
    jp="ほらほらだんちょ! あたしも浴衣着せてもらったー!<br>浴衣を着て走ると、足がぜーんぶ出ちゃうから涼しいねー!",
    en=""
  },
  ["クリスマスローズ"] = {
    jp="今日の月は白っぽくて大きな雪玉みたいですね♪<br>あのサイズの雪玉が落ちてきたら、きっと害虫達も全滅しちゃいますよね。まぁそれは私達も同じですけど……。",
    en=""
  },
  ["ホーリー"] = {
    jp="今日も今日とてお疲れ様~。そんな団長にはい、これ。ポインセチアと一緒に作ったんだ~。<br>え?なにこれって……やだなぁもう、見れば分かるじゃん。月見団子だよ~。<br>形が歪なのは気にしない気にしない。味は保証するよ。ほら、食べて食べて!",
    en=""
  },
  ["センリョウ"] = {
    jp="おやおや、月見の相手にセンリョウを選ぶなんて通だねぇ。<br>いいよ、団長には上級者向けの風流ってやつを教えてあげるよ。",
    en=""
  },
  ["ナンテン"] = {
    jp="せっかくの名月を前にして言うことじゃないけど、私は太陽の方が好きかな。<br>医療に携わる身としては、日の光を浴びるメリットは余さず享受すべきだと思ってるわ。<br>逆に月の光は……あまり良い話を聞かないのよねぇ。",
    en=""
  },
  ["ハボタン"] = {
    jp="はじめは、よく意味のわからないイベントだなーって思ってたけど、みんなで美味しいものを食べながら、珍しいものを眺めるっていうだけでも、楽しいもんだね。",
    en=""
  },
  ["マンリョウ"] = {
    jp="まん丸お月様、あの優しくて大きな光、まるでセンリョウのようです。<br>私もセンリョウのように、明るく人を照らしたいです。あのお月様のように。<br>え、もう照らされている人がいる?そ、それって、もしかして、団長さん…のことでしょうか。<br>って、え?も、もう、からかわないでください。",
    en=""
  },
  ["マツ"] = {
    jp="今年は本当に見事な、中秋の名月ですね。<br>大気も適度に乾燥していて、闇夜を切り取ったかのように鮮明で。ふふっ、良い夜です。",
    en=""
  },
  ["ボタン"] = {
    jp="お~!お~!良い飲みっぷりじゃな、団長よ!それでこそおのこよ!クハハッ、月の光に狂わされたか。わしも今夜はやけに酒がすすむわ!",
    en=""
  },
  ["ユリ"] = {
    jp="綺麗な月……まるで演劇の舞台みたいね。<br>こんなロマンティックな舞台には、恋人たちの口づけが映えると思わない?",
    en=""
  },
  ["シャクヤク"] = {
    jp="まんまるお月様です。月が出ていると、夜でも明るく感じます。<br>夜だからと油断してはいけないということ……あぅ……ちゃんと立たなきゃ……!",
    en=""
  },
  ["フクジュソウ"] = {
    jp="おやぁ?今年の月見はやけに団子が充実してるじゃない!<br>嬉しいねぇ、あたしもまだ月見で一杯、なんて、枯れた年じゃないからね!",
    en=""
  },
  ["アカシア"] = {
    jp="満月は何処から見ても丸いわよね。たとえ世界中を旅して周っていても、みんな同じ月を見てる。<br>そう考えると、寂しさとか吹っ飛んじゃうんだよね",
    en=""
  },
  ["ヘリオトロープ"] = {
    jp="ヘリオ知ってるですです~!男の人は、満月の日に狼になっちゃうって!<br>さっき、ウサギノオさんから聞いたから本当です!",
    en=""
  },
  ["ポピー"] = {
    jp="あら。これは良いお酒ですね。シンプルなイベントなので、こういう部分に力を入れているんでしょうか。<br>さ、団長さんもどうぞ。",
    en=""
  },
  ["レインリリー"] = {
    jp="月って、いつもみんなに見られてるから、大変そう。ましてやお月見のときなんて、もっと大変だよね。<br>もしかしたら月も、人知れず自分磨きを頑張っているのかなぁ…。私も、いつも団長さんに見られていると思うからこそ、頑張っちゃう。<br>だけど、団長さんはわたしのことあんまり見てくれないから、リリーはすねちゃうよー?",
    en=""
  },
  ["ベロニカ"] = {
    jp="月を見るのは好きよ。黄金に光るのも、まぁ綺麗だと思うけど、惨めだから…かしら。<br>あんなでこぼこした表面、みんなは都合よく、兎だなんだって言ってるけど、普通に考えたらみっともないわよね。<br>それを見せたくないから自分で光らないのかもしれないのに、太陽なんかにさらされちゃって。ウフフッ、可哀想♪",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン"] = {
    jp="風船をたくさんくっつければ、月に行けるかもしれません。<br>月から私達の住んでいる、この世界はどんな風に見えるのでしょうか。<br>地上からでは見えない、世界の形を、見てみたいですね。",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン"] = {
    jp="団長、お団子もう一個食べていい?うん、月見てるより、お団子美味しい。<br>団長が月に見とれてる内に私は最後の一個を食べちゃうよ。あと、団長の横顔…ずっと見てる。",
    en=""
  },
  ["ラナンキュラス"] = {
    jp="団長が月ばっかり見てるのは、ちょっと悔しいけど… でも、これだけ大きい満月は、やっぱり価値があるかなぁ…",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ"] = {
    jp="さぁ団長、見るが良いぞ。月明かりに照らされたわらわの美しさを!団長も空ばかり見てないで、もっとわらわを見るのじゃ。<br>神秘的なわらわもさぞ美しかろう",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア"] = {
    jp="空が澄み渡っていますよ、団長殿。私でも思わず見上げてしまうくらいに、高く、高く。<br>きっと今日は月が綺麗に見えるでしょうね。",
    en=""
  },
  ["ニシキギ"] = {
    jp="薄手の浴衣を一枚着ただけの格好で、深夜の屋外に出るだなんて。<br>な、なんだかもうドキドキが溢れちゃいそうです。",
    en=""
  },
  ["プリムラ"] = {
    jp="だーんちょーさーん、すっごい満月ですよ! あんなに…大きく見えるんですね! 私も…えへっ、負けていられませんね!",
    en=""
  },
  ["ロウバイ"] = {
    jp="中秋の名月……さすがですねぇ。まるくて…大きくって……なんで私の胸を見るんですかぁ",
    en=""
  },
  ["ゼフィランサス"] = {
    jp="月は何だか、清らかな感じがするよね~。でも、こうやって大きな月を見ると、月も案外、燃えるような情熱を持ってるのかも",
    en=""
  },
  ["トリカブト"] = {
    jp="お月見って聞いた時、わたしね、思ったの。どうしてわざわざ集まって月なんか見るんだろうって。<br>でもね、この季節の月を見てたらその気持ち分かったよ。すごく綺麗……お月様って呼びたくもなる……<br>しかも、今夜は団長とふたりきり……ね、団長。もっとくっついても、いい?",
    en=""
  },
  ["デルフィニウム"] = {
    jp="デルフィはじっとしていることも可能!今夜はおとなしく、団長と月を見るよ!お月見団子もあるしね!<br>ねぇ~団長~暑い~団扇貸してよ団扇~あとお団子無いよ~<br>あ、私取ってくるわ!麦茶とか欲しいし!うおああああああ!",
    en=""
  },
  ["ローズマリー"] = {
    jp="やあ、まるで車輪のように美しい月だな。<br>真円は深淵となりて冥界へとつながる門となる、なんてな。<br>安心したまえ。満月は真円ではない、楕円だ。",
    en=""
  },
  ["ミモザ"] = {
    jp="お団子、美味しいですね~ 餡子のいい香りが食欲をそそります。あっ!お月見してるんでした!",
    en=""
  },
  ["サイネリア"] = {
    jp="だーんちょー!おだんごを作ってきました!これでお月さまにお供えできますねえ。<br>あ、おだんごは、わたしと団長の分もありますからね。えへへ♪",
    en=""
  },
  ["ホップ"] = {
    jp="今日は十五夜だよ、団長~。この綺麗な月を見ながらしっとりと呑むのもたまには良いかもね~。<br>団長に抱きついちゃおっかな~。え~?酔ってないってば~。",
    en=""
  },
  ["ヘザー"] = {
    jp="お団子、甘くて美味しいですね。ついついお酒が進んじゃいます。<br>え?変ですか?よく言われるんですけどね。",
    en=""
  },
  ["アプリコット"] = {
    jp="わあああ……まんまるお月様です……!お月様って、こんなに綺麗だったんだ……<br>こうして、じっくり見ることってあんまり無いから、ドキドキしちゃいますね。",
    en=""
  },
  ["ヨモギ"] = {
    jp="お月見にいっぱい草団子用意してきたんだ~。<br>薬草入りだけど、とっても美味しいよ~。私特製でクチナシさんたちも大好物だよ~。",
    en=""
  },
  ["シンクライリアナ"] = {
    jp="お空にまんまるお月さま。まるでお皿みたい♪ もう私は、真っ暗なお空を見ることはないの。団長さんと一緒に、お外で笑うの!",
    en=""
  },
  ["ナナカマド"] = {
    jp="おーっきなお月さまですね。ススキちゃんもそうだけど、月見団子も魔除けなんですよ。<br>だから、もっとください! ……もぐもぐもぐ",
    en=""
  },
  ["アスター"] = {
    jp="月を見るなら明かりの少ないところで見るといい…<br>月明かりの頼もしさを実感できるはずだ。夜道を歩いていても、月さえ出ていれば案外何とかなるもんだ…<br>フフッ、私の顔ではなく月を見ろよ、ブラザー…",
    en=""
  },
  ["カラスウリ"] = {
    jp="月を見てたらプリン食べたくなってきちゃった…月を見ていなくてもプリンは食べたいんだけどね<br>……それにしても、今日の月はきれいだね、団長と二人でこうして月を見上げて<br><br>……月よりも月を見てる団長の方ばっかり見ちゃう。",
    en=""
  },
  ["サフラン"] = {
    jp="月が綺麗だわ……そうだ!団長さん、お月見をしましょう?<br>一人で見上げるのもいいけど、二人で共有したら、もっと素敵じゃない?<br>そうと決まれば、月見団子を用意しなきゃ!",
    en=""
  },
  ["ラッセリア"] = {
    jp="本当に綺麗な月ね……いつかあそこに行ってみたいわね……はっ!今こそ、旅立ちの時……なのかも。",
    en=""
  },
  ["アロエ"] = {
    jp="月のウサギは、神様に名誉を称えられたから月にいるんだよね。ずっと皆に見て貰えるようにって。<br>地上にいるウサギは、月のウサギをどんな風に見てるんだろう。<br>私は遠くに行きたくないなぁ、おばあちゃんと団長ちゃんの傍にずっといたいもん。",
    en=""
  },
  ["リリオペ"] = {
    jp="今日は十五夜ね、団長。なに?月に見惚れてるの?<br>確かに今宵の月は美しいけれど、わたくしの方がもっと美しいでしょう?そうでしょう?",
    en=""
  },
  ["スノードロップ"] = {
    jp="じゃーん♪見てください、月見団子!折角のお月見なので、作ってみました。<br>団長さん、どうですか?美味しいですか?…なら、へへっ、良かったです!",
    en=""
  },
  ["サツキ"] = {
    jp="うふ、うふふふふ……ねぇ、気付いてる?あなた。わたし、今ね……うっふ、すごくワクワクしてる。<br>だって、二人でお月見してること、花騎士全員に教えてあるの。きっと誰か来るわ、ひと悶着あるわ!<br>ふふふ!どうなっちゃうのかしらねぇ。",
    en=""
  },
  ["カイコウズ"] = {
    jp="お月さまが綺麗だねー。団長さんも、そう思う? えへへ、よかった~。<br>同じ物を見て、同じ様に思えるのって大切だと思うんだよね♪",
    en=""
  },
  ["シオン"] = {
    jp="新月のように目立たぬよう己の目的を果たす……。<br>そんな生き方をしてきましたが、このような大きな月を見ると、光り輝く生き方に、まだ憧れているのかもしれません。",
    en=""
  },
  ["リシアンサス"] = {
    jp="お団子を食べながら、満月を眺めて…そして、おしゃべり!それが正しいお月見の仕方であり、作法です!<br>ささっ、団長さんも、こちらに座って…えっ?何か違う気がする?<br>そんなことないですって~。ほらほら、おしゃべりしましょー!",
    en=""
  },
  ["イベリス"] = {
    jp="ようやく、ようやく!二人っきりになれました~。このチャンスに、絶対団長さんを、私の虜にして見せます。<br>へっ?お月見?にっひひ~、そんな物より、私の方が魅力的だって教えてあげますよ~",
    en=""
  },
  ["ベラドンナ"] = {
    jp="満月を見ると体がうずいちゃうわ。私もしかしたら変身しちゃうかも。<br>なんて冗談よ、冗談。あ、でも体がうずくのは本当だから、うふふっ注意してちょうだいね?",
    en=""
  },
  ["ワスレナグサ"] = {
    jp="月は長い歴史がありそうだ。私が生まれたときから、ずっと私達を照らしてくれている。月にだって、きっと色々な記憶があるんだ。<br>私達をずっと見ていて、あんな楽しいことがあった、こんな悲しいことがあった……というように。<br>私のことも色々知っているかもしれない。私自身が知らない私のことも。私は、独りぼっちじゃないんだな",
    en=""
  },
  ["グリーンベル"] = {
    jp="私、お月見は好きですよ。こうして月を見ていると冷静になれる気がして。<br>月は人を狂わせる、なんて伝説もあるらしいですけど。はっ!団長様は、大丈夫ですよね?",
    en=""
  },
  ["アリウム"] = {
    jp="団長様、団長様は今夜どなたかとお月見をするようです。<br>えっ!丁度そのつもりだった。そうですか...。その・・・、もしよかったらそのお相手、私にして頂けませんか?<br>素敵な月夜にしますので。",
    en=""
  },
  ["タチアオイ"] = {
    jp="空の月を見上げてしっとりと…。<br>きっと私一人だったらこんな時間を持とうなんて思わなかった。<br>誘ってくれてありがとう。団長さん。うふふ、嬉しいよ",
    en=""
  },
  ["アリッサム"] = {
    jp="丸くて、優しく輝いて……うふふ、ウィンターローズの月と違って、安心できるお月さまですね~",
    en=""
  },
  ["オキザリス"] = {
    jp="はぁ~、お餅はなんだかダラ~ッとしてるからいいですよね~。私うまれ変わったらお餅になりたい気がしてきました。<br>はぁ?杵で叩かれるのはイヤですよ~。でも、団長さんにだったら~。いえいえ!何でもないですよ。",
    en=""
  },
  ["イヌタデ"] = {
    jp="この子にはお団子あげちゃダメ!のどに詰まらせちゃうからね。",
    en=""
  },
  ["ハブランサス"] = {
    jp="わぁ……お月様がとっても綺麗ですねぇ……。<br>本当にあの月には、ウサギさんがいるんでしょうか。<br>確かめてみたいですけど、お月様には行けないですからねぇ……残念です。",
    en=""
  },
  ["フクシア"] = {
    jp="団長、フクちゃんは黙ってお月見できない~とか思ってるでしょ?<br>ざ~んねん!こうみえても、お淑やかなふるまいだってできるんだから。<br>工房には貴族様も王族様も来てたし、そのへんはばっちりだもん!",
    en=""
  },
  ["クフェア"] = {
    jp="月が綺麗だな。静かで、いい夜だ。……戦いのことを忘れそうで、恐いくらいだ",
    en=""
  },
  ["マンリョウ(ジューンブライド)"] = {
    jp="団長さん……えっと、その……月が、綺麗……ですね。本当の本当に、綺麗です……。団長さんはどう、ですか?",
    en=""
  },
  ["ハナモモ(ジューンブライド)"] = {
    jp="お月さまを眺めるのは良いですけど、プライバシーには配慮しないといけませんわ。<br>ウサギさんだって、じっと見られるのは嫌なはずですもの。",
    en=""
  },
  ["オオオニバス(ジューンブライド)"] = {
    jp="お月様のうさぎさんにもプライバシーはあります。あんまりじっと見ちゃダメですからね?<br>恥ずかしがって隠れたら、きっと模様だって変わっちゃいます。",
    en=""
  },
  ["ガザニア"] = {
    jp="月には兎が住んでいるなんて、一体、誰がいい出したのか……。でもきっと、その人達も冒険をしていたのでしょうね",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス(七夕)"] = {
    jp="お月様が一段と輝いてらっしゃるっす。きっととてつもなく燃え盛っているに違いないっす。<br>……え?そうじゃないんすか?",
    en=""
  },
  ["カタバミ(七夕)"] = {
    jp="まんまるのお月様、すっごい綺麗だな。ほら、団長も来なって、一緒に見ようよ。<br>……あれ?団長と一緒だと、さっきより綺麗に見える……なんでぇ?",
    en=""
  },
  ["バンテイシ"] = {
    jp="月が綺麗ですね、っていうのは、その…恥ずかしいから、禁句で…<br>団長にそれ言われたら…多分私、逃げると思う…",
    en=""
  },
  ["ヒメリュウキンカ"] = {
    jp="お月様にはウサギさんがいるそうです。<br>いったいどのくらいのウサギさんが住んでいるのか……う~ん、会ってみたいです。",
    en=""
  },
  ["ライオンゴロシ"] = {
    jp="まんまるお月様、綺麗ニャ。むぅ見つめてたって狼女にはならないニャ。あたしワンコじゃないもん。<br>意地悪すると噛みついちゃうニャ!耳たぶを~甘噛み!はむっ!",
    en=""
  },
  ["カトレア(水着)"] = {
    jp="お餅って美味しいわよね。けど、慌てて食べてお餅をのどに詰まらせたりしないでよ。助けてあげないからね。",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス(水着)"] = {
    jp="団長、寒くない?月に見とれて風邪ひいちゃダメだよ?<br>え、私?私は……えへへ、平気。<br>だって、こんな近くに団長がいてくれるもん。",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム(水着)"] = {
    jp="本当にあの月に兎なんているのかな?団長、ちょっと確かめてきてよ。って、流石の団長でもそれは無理だよね",
    en=""
  },
  ["プルメリア"] = {
    jp="お団子は美味しいですけど、食いしん坊の人たちが食べ過ぎないか心配です。<br>プルメリア、ちょっと見てきますね!",
    en=""
  },
  ["スイギョク"] = {
    jp="なあ団長、いつか一緒にあの月を盗みに行く大冒険をしないか?月を独り占めなんて、きっとすっごい楽しいぞ!",
    en=""
  },
  ["イカリソウ"] = {
    jp="お月見、誘ってくれたお礼に、良いこと教えてあげる~♪<br>実はね~、夜の空にはイカリも浮かんでるの、へへぇ、あとで詳しい場所も教えてあげるね♪",
    en=""
  },
  ["エニシダ"] = {
    jp="お月さま、とっても綺麗ですね!ああ…団長さんと月に行ってみたいです。<br>どれくらい飛べば、お月さまに手が届くのかなぁ……団長さん、試してみますか?",
    en=""
  },
  ["シーマニア"] = {
    jp="わぁ~、まんまるです、すっげぇです!ん~、月の石、どうにかして手に入らねぇですかね。<br>姉御に相談してみるです。オヤビンの手に入らねぇもんはねぇです!",
    en=""
  },
  ["サクラ(エプロン)"] = {
    jp="月見酒、よかったら一緒にどうかしら? 酒屋さんがお礼にくれたのだけど、私、楽しみ方がよくわからなくって。<br>ウメちゃんでもよかったんですけど、せっかくなら団長さんに♪ うふふ、酔い方、教えて欲し~なって……",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ(浴衣)"] = {
    jp="ワターシの故郷ではデスネ、お月さまのデザインは女性の横顔なのデス。<br>エヘッ、だんちょーサンには見えないですか?ダーイジョーブ!ワターシが顔くっ付けて教えてあげマース",
    en=""
  },
  ["ウメ(浴衣)"] = {
    jp="はぁ、団長さん、震えているじゃないか。月見で風邪を引いては面白くないだろう。<br>ほら、こっちに来い。肉の薄い体だが、少しは暖めてあげられるはずだ。",
    en=""
  },
  ["ビオラ(浴衣)"] = {
    jp="ふに~♪お月さま取っても綺麗ですぅ。あんな綺麗なところに住めるなんて、ウサギさんがちょっとうらやましいですぅ",
    en=""
  },
  ["クレマチス"] = {
    jp="実家のお客さんから聞いたんですけど、お月さんの模様って国によって違うそうです。<br>団長さんのところでは、何に見えてましたか?",
    en=""
  },
  ["キヌタソウ"] = {
    jp="私の作ったお月見団子、おいしいですか?全部同じように丸くして同じ大きさにするのこれでも結構大変だったんです。<br>そんな苦労も…ふふっ、そのおいしそうな顔で吹き飛んじゃってますけど。",
    en=""
  },
  ["ホオズキ"] = {
    jp="主様寒くないきぃ?こうやっていっぱいくっ付きながら、仲良くお月見するんだきぃ。<br>えっへへ、とっても幸せきぃ♪",
    en=""
  },
  ["サオトメバナ"] = {
    jp="月にはウサギが住む。同じように太陽にも動物が住んでいる。さて、何だと思う?知らぬなら教えてやってもいいぞ。",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ"] = {
    jp="あれ?団長さん何してるんですか?え、月を眺めてる?<br>ああ、そういえばそんな行事が……。え、わ、忘れてないです!<br>お月見!私も団長さんと一緒に月を眺めようと探していたところなんです。ほ、本当ですよ?",
    en=""
  },
  ["ウキツリボク"] = {
    jp="はむ……んん、ん、く、にゅ……。お餅、飲み込むの大変だよ。<br>ぐにゅぐにゅって歯ごたえもはっきりしないし。もう少し簡単に噛み切れれば良いんだけど……。んぐ……ぐぅ。",
    en=""
  },
  ["ナイトメア(カタクリ)"] = {
    jp="楽しいお月見の始まり!お団子とコーラいっぱい用意しておいたからね?<br>じゃんっじゃんお代わりしちゃっていいからね♪……こんなに食べきれない?<br>じゃぁ、バトルしてお腹を空かせよう!",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア(未来への感謝)"] = {
    jp="月のウサギはおモチをぺったんぺったん♪<br>ついて叩いて水つけて、おいしいおモチ、ぺったんぺったん♪<br>まんまるおモチ、ぺったんぺったん♪<br>ふふー、だーんーちょ。そんなとこいないで、一緒に歌お? ね?",
    en=""
  },
  ["アネモネ(世界花の巫女)"] = {
    jp="ん……このお団子甘くなくて美味しいね。貴方も食べてみてよ。はい、あーんして。<br>あ……自然にやっちゃったけど、私って今すごく恥ずかしいことしちゃったかも……",
    en=""
  },
  ["ナデシコ(世界花の巫女)"] = {
    jp="あっ、団長さん。空を見てください。綺麗な満月です。<br>辺りもしんと静まって……心が張り詰めるようで、けれど心地よいです。<br>団長さんと一緒だからでしょうか。うふふっ。",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ(世界花の巫女)"] = {
    jp="なんだか騒がしいと思ったら、今日はお月見なのね。 みんな、お餅をついて騒いでた。<br>けど、お月見って、静かに月を眺めるのが普通じゃない? ま、別にいいけど。<br>団長さん、お団子もらいに行きましょうか♪",
    en=""
  },
  ["エウカリス"] = {
    jp="団長さんとこうしてお月見。不思議な感覚です。体が火照って、夜風も全く気になりません。<br>ただ穏やかに見上げてるだけなのに、本当に……不思議です",
    en=""
  },
  ["フジバカマ"] = {
    jp="団長殿、月が綺麗です。その……手を……繋いでもいいでしょうか?<br>月があまりにも綺麗で……見詰めていると、なんだか吸い込まれてしまいそうで……<br>……私の事、離さないで……くれますか?",
    en=""
  },
  ["ツキトジ"] = {
    jp="ウサギノオちゃんとススキちゃんはお月様が似合うし。ウサギみたいだから?なら、私もそうだし。ちょっと一緒に遊んでくるし。",
    en=""
  },
  ["ハギ"] = {
    jp="まん丸お月様、今日も一日頑張って。ふへへ、わたしも貴方みたいに頑張るよ!元気をくれてありがとね。わたし、元気!",
    en=""
  },
  ["ツユクサ"] = {
    jp="皆、お餅を突いて大騒ぎ。私も是非、参加したいです。<br>団長様、行きましょう行きましょう。",
    en=""
  },
  ["カルセオラリア"] = {
    jp="お月様のうさぎさんのことなら、お芝居に書いたことがあります!こっちの世界に憧れて、お月様を飛び出しちゃう!そんなお話なんです。",
    en=""
  },
  ["アカンサス"] = {
    jp="月の造形。本当に素晴らしいと思います。あの綺麗な丸み、見る方によって形を変える陰影と窪み。ああっ、どれを取っても心が震える完璧な造形美。<br>団長さんもそう思いますよね、ねっ。",
    en=""
  },
  ["シロタエギク"] = {
    jp="お月見かのぅ?そう思って月見団子、いっぱい用意したのじゃ♪<br>もちろん、わっちの手作りじゃぞ?なかなか良い出来だと思うのじゃが…。<br>はい、あーんして。何を恥ずかしがっておるのじゃ。",
    en=""
  },
  ["ストレリチア"] = {
    jp="綺麗な月ね、ええ気に入ったわあれ買うわ。え?買えないの?何でよ、何処のに問い合わせればいいの?",
    en=""
  },
  ["ハゼ"] = {
    jp="暗い夜を明るく照らしてくれる、お月様。あたしも、こんなふうにいろんなもの照らせればいいって思うの。<br>だけど、そのためにはどこが暗いのか、確かめないとだめで……団長さー、ギュッてして……勇気欲しいよぉ……。",
    en=""
  },
  ["コキア"] = {
    jp="団長さんのとこに来てからですよ、丸っこいお月さん綺麗だなと思えるようになったの。<br>実家にいる時はあんなの気にとめた事もなかったです。<br>えへっそうっすよ余裕出てきたって事です。",
    en=""
  },
  ["シャボンソウ"] = {
    jp="団長さんに寄りかかるのは、おなかがすいた時ばっかりだったけど。そうじゃないときでも、いいものなんだね、こういうの。<br>一緒に肩寄せ合って、月を見上げて。ふふっ、うん、知ってるよ。勉強しなくても知ってる。ロマンチックって、そういうんだよね、これって。",
    en=""
  },
  ["メイゲツカエデ"] = {
    jp="お団子……この柔らかさは少し羨ましいわ。何を気張る事もなく、ただ自然体でだらっと皿の上に乗っかる。ほんっと羨ましい……。<br>って私、何言ってるのかしら。少し疲れてるみたい。発言が謎過ぎるわよ。",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ(ハロウィン)"] = {
    jp="さてここで問題デデン!ウサギは何を見て跳ねるのでしょうか?<br>チクタクチクタクチク……はい!団長さん失格!答えはー?<br>なんと!愛しい方を見て跳ねるでした!<br>間違った団長さんにはわたしを高い高いする事を命じます。",
    en=""
  },
  ["ニゲラ"] = {
    jp="……お餅を搗いているところを見ると思う……。だらだらしていたら叩かれてしまうのだぞ、っと。<br>……誰にも叩かれないお餅に私はなりたい……。団長もそうおもうでしょ? え?私だけ?",
    en=""
  },
  ["シャクヤク(ハロウィン)"] = {
    jp="はぁ、はぁ、はぁあ~。うぅ、ドンロンさん意地悪です~。<br>お団子、せっかく用意したのに、全部食べちゃうなんて~。はぅ、うぅ。<br>うぅ、団長さん、ごめんなさい。楽しみにしててくれたのに、私、守れませんでした~",
    en=""
  },
  ["ブルーエルフィン"] = {
    jp="お月さま綺麗~、でも、みーんなお月さまを眺めてたら、ウサギさんが恥ずかしがって隠れちゃうかもしれないよ、にひひっ♪",
    en=""
  },
  ["キウイ"] = {
    jp="お餅、のどに詰まらせたら危ないからね!団長さん、私がフルーツティーを入れてあげるよ!ふぇ?あうにきまってるじゃん!",
    en=""
  },
  ["パイナップル"] = {
    jp="お月見……良いわぁ。とっても風流♪ まあるいお月様をゆったり眺めて、その光を浴びる……フフッ♪ <br>悪くない時間だわ。あなたもそう思うでしょ?なんせ……この私が隣にいてあげてるんだから。",
    en=""
  },
  ["ビワ"] = {
    jp="お月様には、いろんな模様が映る、って聞きました。カニさんとか、ウサギさんとか、女の人の横顔、とか…。<br>楽器の琵琶は、無いのかな…?ちょっと…ううん、凄く気になる…!<br>団長、肩車してください…!団長の身長があれば、見えるかもしれない…!",
    en=""
  },
  ["ミカン"] = {
    jp="……風ちょっと冷たいけどあなたと一緒なら平気です。<br>体も心も並んでお月見してるだけなのに、自然と温かくなっちゃいます。<br>うふふっ団長もっと私にくっついていいんですよ?",
    en=""
  },
  ["モミジ(クリスマス)"] = {
    jp="月が綺麗なんて、こんな事感じるのとても久しぶりです。<br>お姉ちゃんがいなくなってから団長の元に来るまでずっと訓練と勉強漬けで…。<br>余裕、なかったんでしょうね。<br>私、どうやら変えられてしまったようです。団長に。ありがとうございます。悪くない気分です。",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン(クリスマス)"] = {
    jp="月が綺麗ですね、っていうのはある地方だとあなたを愛してますって意味らしい。<br>団長、月が綺麗ですね。とっても、とっても綺麗ですね。むー……まどろっこしい……私はストレートに言うよ。ラブラブ……しよ?",
    en=""
  },
  ["ポーチュラカ"] = {
    jp="お月見だけに、団長の側にお付きしよっかな。えっ?お月見の時だけなのかって?へへっ、ううん、ずっとず~っと、一緒だよ。",
    en=""
  },
  ["ワタチョロギ"] = {
    jp="こうしてゆっくりと月を見上げてると……<br>えへへっおばあさんが生きてた頃を思い出しちゃいます。<br>山の夜は寒かったですから抱っこしてもらって頭撫でてもらったり……<br>ごつごつしててかたい手でしたけどとっても気持ちよかったんです。",
    en=""
  },
  ["アプリコット(クリスマス)"] = {
    jp="お団子おつまみお団子お団子おつまみお団子!大忙しです~!<br>クチナシさん達にスイギョクさん達が加わって、月見酒大会をしてるんです。<br>団長さんお暇でしたら、おつまみを作るの手伝ってもらえませんか?",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム(クリスマス)"] = {
    jp="だ、団長さん、クリスマスベゴニア見なかった!?<br>月の兎がウィンターローズの兎になったーとか、そう……適当なこと言ったら信じちゃったのよー!<br>早く探さなくちゃ!ほら団長さんも手伝ってー!",
    en=""
  },
  ["クリスマスベゴニア"] = {
    jp="あぁはわぁあ!イオノシジウムさんから大変な事を教えて貰ったのです!<br>ウィンターローズのウサギさんはお月様から落っこちたウサギさんだったのです!<br>すごいのです、大発見なのです!わたくし早速皆さんに教えてくるのです!",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ(クリスマス)"] = {
    jp="ふふっ小さい子らが歌っておるな。月のウサギは何を見て跳ねる、わらわも幼い頃によう歌ったものじゃ。<br>どれ一つわらわもまざってみるとしよう。よう聞いておれ団長?わらわの美しさは姿形だけではない故な。",
    en=""
  },
  ["スキミア"] = {
    jp="お月見いいですよね、ベルガモットバレーでみるお月様はとっても綺麗なんですよ。<br>特に高い所で見ると、お月様が大きく見えるような気がするんです。<br>あの風景がいつまでも見られるような世界になればなって思います。",
    en=""
  },
  ["オキザリス(新春)"] = {
    jp="今日はまん丸お月様ですね。あそこで、うさぎさんがお餅つきしてるって、本当ですか?<br>一回行ってみたいですね。……でも、もし私があそこに置き去りにされたら……。やっぱり考えさせてください!",
    en=""
  },
  ["ユズリハ"] = {
    jp="団長さん、お団子食べる?綺麗な満月が出ているし、一緒にお月見楽しみましょう?<br>ぁ……オリーブも呼んでくるわね。",
    en=""
  },
  ["アイビー(新春)"] = {
    jp="夜天に浮かぶは氷結なる門。此岸と彼岸を結び、降り注ぐ光が我らを狂わせる…。<br>暴かれるは秘められし性。魂魄が、暴れだす。…はあ~なんてロマンチック。この夜を団長さんと過ごせて、私とっても幸せ~",
    en=""
  },
  ["オリーブ"] = {
    jp="涼しい夜に、きれいな満月を見上げて過ごす。 ……そんな平和に安らげる時間、大切にしたい。<br>団長が傍にいてくれるから、なおさらそう思うよ。",
    en=""
  },
  ["ローダンセ"] = {
    jp="ふぅ~、餅つきは意外とトレーニングになりますね。団長、どんどんお餅をつきますよ!",
    en=""
  },
  ["セリ"] = {
    jp="おぉ!月見団子か、ありがとう!ん~、う~、うまい!<br>これ、私の家族に食べさせてやったら、喜ぶだろうなぁ…って、今のは気にするな!そう、独り言、ただの独り言だ!",
    en=""
  },
  ["ユキノシタ"] = {
    jp="はぁ?お月見?肌寒くなってきたのに、何が悲しくて月なんか見なきゃいけないの?<br>私はパース。あ、団長と2人きりなら考えても良いよ。 ",
    en=""
  },
  ["ゴギョウ"] = {
    jp="団長さん、お月見団子の準備はできていますか?実は、ハコベラさん達がお団子作りを手伝ってくれたのですが、<br>セリさんがナズナさんへの対抗心から大量に作りすぎてしまって…。もしよろしければ、このお団子いかがでしょうか?",
    en=""
  },
  ["ハコベラ"] = {
    jp="ゴギョウおかーたんと一緒に、お月見団子作ったんだー!えらい?えらい?えへへー!<br>これぐらい、ハコたんでもちゃーんと出来るんだよ?ゴギョウおかーたんが、いつも優しく教えてくれるからね!",
    en=""
  },
  ["アナベル"] = {
    jp="月は女性の象徴、だってさ。タチアオイちゃんが言ってるの聞いたんだけど<br>……うぅん。何かの光を照り返す、じゃなくて、自分から温めてあげる方が女の人って感じがする。それこそ太陽みたいに! 団長様はどう思う?",
    en=""
  },
  ["プロテア"] = {
    jp="もぐもぐもぐ 団長さんっこんばんは!どうしてこんなにいっぱいのお月見団子を食べているのか?ですか?<br>えへへっ これ全部オトメギキョウちゃんが作ったんですよ。本当に頑張り屋で優しいですよね。",
    en=""
  },
  ["オトメギキョウ"] = {
    jp="団長さん!はいっ、お月見だんご♪<br>……すごくいっぱいあるって?<br>うん。プロテア様たちのために、って頑張ってつくったら、ついついものすごい量のお団子を作っちゃったんだぁ~。<br>だからこうして、みんなにおすそ分け!いつもありがとうございます!",
    en=""
  },
  ["キリンソウ"] = {
    jp="ん?団長か。月見団子だ、食べるか?派手なデコレーションケーキなどは苦手なのだが、こういう素朴なお菓子は嫌いじゃない。ましてや、これはオトメギキョウのお手製でな、美味いだろう?",
    en=""
  },
  ["リカステ"] = {
    jp="この沢山の月見団子は、オトメギキョウちゃんが作ったんですよ。団長さんも一緒に食べますか~? とっても美味しいんですよ。<br>ちょっと甘口ですけど、これが癖になるんです~。オトメギキョウちゃんの優しさ、可愛さが、伝わってきちゃいますよね~。",
    en=""
  },
  ["オニユリ"] = {
    jp="…いけませんね、角が疼き魔力が昂ぶっています。あの満月のせいでもありますが、それだけではありません。<br>団長さんと二人っきりだと…どうしても、精神統一が乱れるんです。",
    en=""
  },
  ["ハートカズラ"] = {
    jp="お月様、めっちゃ丸いわぁ。まあ、四角いお月様なんて見た事ないけど。<br>やっぱお月様って言ったら真ん丸なのがいいよねぇ。",
    en=""
  },
  ["カカオ"] = {
    jp="はい、団長さんカカオ特製お月見チョコレートです。<br>この中にはなんと、お団子が入ってるんですよぉもちもちで、あまぁいチョコレートですよぉ",
    en=""
  },
  ["カキツバタ"] = {
    jp="子供の頃、ハス様やアヤメと月見をしたことがありました。<br>水中都市からなので、眺めはちょっと違いますね。<br>今…こうして団長様と月見ができるのは…光栄です。",
    en=""
  },
  ["ハス"] = {
    jp="ほう、これはまた見事な満月だ。それに…はむ…うむ、このお月見団子も美味である。この平穏は一時のものだが、存分に堪能するとしよう…はむ",
    en=""
  },
  ["ラミウム"] = {
    jp="いつも激しく踊ってばかりだから、今日は月見に相応しい静かな踊りを見せるわ。<br>それではとくとご覧あーれ。あ、眠っちゃ嫌よ?",
    en=""
  },
  ["オナモミ"] = {
    jp="わ、私のほっぺが月見団子みたいですって……じゃあ、ぷにぷにしないでよ!<br>と、言いたいところだけど……お、思いの外悪くない気分だからもっとぷにぷにしなさい。",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア(ゴシックメイド)"] = {
    jp="団長殿、お月見の準備ができました。ゆったりとお寛ぎ下さい。必要なことがあれば私がやりますので。",
    en=""
  },
  ["ニチニチソウ"] = {
    jp="ああ~~!お団子落っことしちゃいましたぁ! せっかく皆様が作ってくれたのに……。<br>うう……私、情けないです。",
    en=""
  },
  ["フリージア"] = {
    jp="団長さん、お空を見てください。まんまるお月さま、と~ってもキレイですぅ。<br>エヘヘ、団長さんとお月見が出来て、フリージア、幸せものです。",
    en=""
  },
  ["モルチアナ"] = {
    jp="団長様、寒くはありませんか? いくら月が綺麗とはいえ、体を壊しては元も子もありません。<br>さ、もっと近くへ。私が暖めて差し上げます……。",
    en=""
  },
  ["アンリ(バイカカラマツ)"] = {
    jp="ゆったりと月を眺める……いい時間ですね。このような時間が持てることを、嬉しく思います。<br>それに、こうして団長様が、私の傍らにいることも。ふふっ。",
    en=""
  },
  ["ピラカンサ"] = {
    jp="だ、団長!? あたいなんか見なくてもいいって! 今はお月見してるんでしょ? 見るのは月、お月様!<br>勿論、悪い気はしないけど…。でも、じっくりと見るのはダメー!",
    en=""
  },
  ["クルクマ"] = {
    jp="お月見には、お餅があると良いですよね。<br>そうだ!よろしければ、一緒にお餅を搗きませんか?分からなければ、私がお教えします。",
    en=""
  },
  ["イモーテル"] = {
    jp="ウサギさんはお月様を見てぴょんぴょん跳ねる。なら、人は何を見て跳ねる?<br>いや、別にクイズじゃない。それに、答えも分からない。俺に分かるのは俺の事だけ。<br>この心はキミといると跳ねてしまうって……それしか分からないのさ。",
    en=""
  },
  ["リンデルニア"] = {
    jp="お月見の日の満月って、こんなに綺麗だったんですね……ふふっ、お月見なんて、あまりしたことがないので……。<br>この世界には、私が知らない素敵なことが、まだまだたくさんあるんですね!",
    en=""
  },
  ["コデマリ"] = {
    jp="お団子がぁ…んぐっ、んぐっ…美味しいでひゅぅ。<br>ん、んぐっ…ん、ん…アプリコットさんに作ってもらったお団子、とっても美味しいですよ?団長さまも、いっしょに食べませんか?",
    en=""
  },
  ["オジギソウ"] = {
    jp="おっきな満月ですね~。ただただ満月の行方を眺めるってなんだか優雅な時間の使い方ですよね~。<br>こういうのを風流というのでしょうか。",
    en=""
  },
  ["エルダーフラワー"] = {
    jp="お月様の明かりもなかなか気持ちいいね。<br>じんわりって身体に沁みてくみたい。なんか不思議な感じするよ。",
    en=""
  },
  ["ピンポンマム"] = {
    jp="Wat (een )mooie!お月見ってこんなに素敵なものなのね!Love youな団長と一緒に見られて、マム、本当にし・あ・わ・せ♡",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン(イースター)"] = {
    jp="見てください、団長さん。ウサギさんがお餅をついてますよ。月で食べるお餅ってどんな味がするんでしょうか?<br>もし行けたら、食べてみたいですね。",
    en=""
  },
  ["リムナンテス"] = {
    jp="団長ちゃん!お月見でうさぎさんの恰好したいですぅ。<br>着ぐるみもいいけど、やっぱり……もっと大人っぽいうさぎさんになりたいですぅ♪",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム(イースター)"] = {
    jp="団長さんとお月見してると、ほっぺたゆるゆるになっちゃいます。その、同じものを見てるじゃないですか?<br>夫婦って、そういうものだって聞いたんです。お互いを見つめ合ってるだけじゃ、ダメだって",
    en=""
  },
  ["マネッチア"] = {
    jp="お月さんに団長さま、取られちゃいました~……。<br>…あぁ、すごくうっとり見上げて、マネッチアは寂しいですよ…!<br>でも、どうしたらいいのかな……?<br>あっ、そうだ!お月さん燃やせば、団長さま戻ってくれるはず! よーし、いっきますよぉ~!",
    en=""
  },
  ["エノコログサ(花祭り)"] = {
    jp="お月様もお団子も丸い形を見るとじゃれつきたくなるにゃ。<br>でもお月様に手は届かないし、食べ物で遊んでも駄目。<br>このうずうずをはらす為にゃ、団長さんに構ってもらうにゃ。",
    en=""
  },
  ["カカリア"] = {
    jp="うーん…見上げるお月さんも悪くないけど、どうせならもっと近くで見てみたいなー。団長が肩車してくれたら届かないかな?団長!肩貸して!おねがーい!",
    en=""
  },
  ["ランタナ(花祭り)"] = {
    jp="こっちはいいところだぞー! みんなもこーーーい!!<br>……よっし! これで月にいるなんやらかんやらもこっちに来るはず!<br>そしたら、みんなで一網打尽! ランタナあったまいー!<br>鍋の準備をよろしく、だーんちょ!",
    en=""
  },
  ["スイートウィリアム"] = {
    jp="ああ月よ!全てを照らし出してくれ!地上を喰らう邪悪なりし害虫の醜さを!世界を守らんと血を流す花騎士の気高さを!<br>そして、我らを守りて進む、団長の清廉さを!ああ月よ! その光で全てを癒してくれ!",
    en=""
  },
  ["アキレア"] = {
    jp="ふひひっ♪月がきれーだなー、団長。……はぁ?なーに何赤くなってんだぁ?俺が月が綺麗っていうの、そんなにおかしいか?",
    en=""
  },
  ["ルドベキア"] = {
    jp="ぅん…団長の体、あったかーい…。これなら、ちょっとぐらい寒くてもへっちゃら!楽しくお月見できる!<br>えへへっ。団長、ありがとう。また優しくされちゃった…嬉しいなあ。",
    en=""
  },
  ["マロニエ"] = {
    jp="月世界の大樹23頁に書いてあるところよると、月には大いなる巨木があり、堅牢な樹皮で覆われている、とのことだ。<br>あのような場所に生物が住んでいるなど考えづらいが、書かれている以上まったくの無根拠でもあるまい。いずれ、真偽を確かめられれば良いのだが…。",
    en=""
  },
  ["ニリンソウ"] = {
    jp="んふっ♪ だ~んちょう? あ~ん♪ お団子、あなたの為に持ってきたのよ~? 味見はしておいたから大丈夫。さあ、もう一つ、如何?<br>あぁ~……それとも……口移しの方が……お好き……かしら? うふっ♪ や~だ♪ 本気にしちゃった?",
    en=""
  },
  ["パキラ"] = {
    jp="甘い物を食べるとね、金運が上がるの!前にペペちゃんにも教えてあげた事なんだ。<br>だから、お団子もいっぱい用意してあるよ。一緒に食べて、もっと金運上げようね!",
    en=""
  },
  ["リシマキア"] = {
    jp="団長さん、お月見行きましょう。え?雨が降りそう、ですか?<br>もちろん、だから行くんですよ。月が見られなかったり、雨に降られたりして困る団長さんが見たいんです。",
    en=""
  },
  ["セルリア"] = {
    jp="団長さん、お団子できました。折角ですから、一つ食べませんか?その、今なら、お口あーんして…<br>あ、いえ、やっぱり無しにしましょう!お供え物ですからね!",
    en=""
  },
  ["コマチソウ"] = {
    jp="お月見のお団子、害虫の罠に使ってもいーい? 肉団子がいけるんだから、こっちもいけると思うのー。<br>団長、少しでいいから残しておいてねー♪",
    en=""
  },
  ["ネリネ(ジューンブライド)"] = {
    jp="この前の夜、近くの海に映るお月様を見かけたんですよ!とっても綺麗ですから、団長さんと、そこまでお月見しに行きたいです!",
    en=""
  },
  ["ヨメナ"] = {
    jp="お星さんも綺麗やけど、お月さんもええなー。特にこの季節のお月さんは、とってもべっぴんさんやね~。<br>一晩中見とっても、飽きへんな~",
    en=""
  },
  ["スイレン(ジューンブライド)"] = {
    jp="一緒に見る人によって、月の見え方は変わるんですね。ご主人様と見上げる月は、これまでにない程綺麗に見えます。",
    en=""
  },
  ["ブバルディア"] = {
    jp="お月様の模様は、見る人によって違う形に見えるんだって。兎とか、女の人の横顔とか。キミには何に見える?<br>私は……う~ん……。ふふっ。勇敢な花騎士かな!",
    en=""
  },
  ["サンデリアーナ"] = {
    jp="全く…ちびっこは勝手アル!お団子をウサギの形にしてーって頼むから、作ってあげたら、今度は可愛くて食べられないーとか言い出したネ!<br>頑張って作ったのになんて言い草ヨ!私プンプンアル!",
    en=""
  },
  ["カレンデュラ"] = {
    jp="団長さん、あの真ん丸の月には兎がいると聞きました。あんなに私たちから離れて、兎は寂しくないのかなぁ……",
    en=""
  },
  ["リンゴ(七夕)"] = {
    jp="お花の飾りもお団子も、お月見の雰囲気に欠かせません!どちらも揃って、お月様を美しく見れるんだと思いますっ。",
    en=""
  },
  ["ペンステモン"] = {
    jp="まあ、綺麗な月ね。私、見惚れちゃうわ。団長さんも、そうでしょう?そのばずよ。こんなに綺麗なんだもの。<br>だから、私よりも、月を見て。そんなに見られたら、バカなこと考えちゃうわ。大人しく、お月見してましょうよ。",
    en=""
  },
  ["ハバネロ"] = {
    jp="この中に一つだけ、激辛お月見団子があるんだ。<br>さっ、食べてくれ。なぁに、平気さ。<br>当たってしまったら、私が和らげてあげるもの。あまーい口づけでね♪ えへっ♪",
    en=""
  },
  ["ホトトギス(水着)"] = {
    jp="だ、団長様?いま「月が綺麗ですね」って、そう言ったんですか!?そ、そんないきなり……<br>あ、でも、私の考えすぎでしょうか?……もし告白だったら、お月見どころじゃなくなっちゃいます……!",
    en=""
  },
  ["バイカモ"] = {
    jp="バチモダメ!ダメカモー!お団子つっついちゃダメカモー!こんなの食べたらバチモ喉詰まらせちゃうカモー!<br>今は我慢するカモ、ごはんは後であげるカモー!",
    en=""
  },
  ["ススキ(水着)"] = {
    jp="月見団子とお酒、そこに私とウサギノオがいれば完璧だよ!<br>という訳で今夜は団長さんの事、たくさんおもてなししちゃうからね!",
    en=""
  },
  ["ギンバイソウ"] = {
    jp="ん~? 心配そうな顔しなくても、大丈夫大丈夫♪ お月見してて屋根からちょ~っと滑って落ちただけだし~♪ 下が茂みでよかったよー。",
    en=""
  },
  ["フェンネル"] = {
    jp="くぅ、こんな不格好なお団子、お供え物にできないわ……<br>どうやったらあんな綺麗なまんまるにできるのよ……生地は手にぺたぺたくっつくし……<br>あっ、むー、粉が跳ねたぁ……",
    en=""
  },
  ["クレソン"] = {
    jp="はいはい、お月見用のおだんご用意できたよ!流石私ってカンジのまんまる具合でしょ?<br>下手したらプレーヌ・リュンヌより丸いんじゃない?褒めてくれたっていいんだよ?",
    en=""
  },
  ["クコ"] = {
    jp="お団子、お供え用 獲得失敗 カガミ、クコをめっ クコ、しょんぼり 団長も、激怒? めっ、する? んんぅ、ごめんなさい。クコ、謝罪 𠮟られるの イヤ",
    en=""
  },
  ["モケ"] = {
    jp="ねえねえ団長?本当にあの満月にはウサギさんがいるのかなあ?もしいるなら、モケ、是非ともお友達になりたいのだぜ!<br>一緒にピョンピョン跳んで踊るのだぜ♪ もちろんその時は団長も一緒にね!",
    en=""
  },
  ["ハゼラン"] = {
    jp="月には兎がいるんだよね?兄様はバニー服着た私とか見たい?<br>でもシーズンが違うかな?春のお祭りでバニー服を着る地域とかあるんでしょ?",
    en=""
  },
  ["オミナエシ"] = {
    jp="お月見のお団子なら、ちゃんと準備していますよ。今日の夜は、雲一つない晴れらしいですし。みんな一緒に、ゆっくり月を眺めましょう。",
    en=""
  },
  ["カウスリップ"] = {
    jp="だ~んちょ~う♪ ちゅーぅして~ぇ♪ おちゃけ飲んだら、ちゅーしたくなっちゃった~♪ ちゅう……ちゅう~……<br>んっ、ちゅ♪ いひひ♪ 団長の唇ー、べっとべとぉ~♪ ちゅ……ちゅ♪",
    en=""
  },
  ["ミスミソウ"] = {
    jp="お月見セットなら準備万端です。もちろん、お団子も用意してあります!<br>今日をいい夜にするために、ちゃんと予習してきたんですから。",
    en=""
  },
  ["ロベリア"] = {
    jp="月の満ち欠けには周期があって、それを学問や占いに応用しているの。<br>月は満ち欠けして不思議……で終わらせずに、そこから先を探求する事が大事なんだと思うわ。",
    en=""
  },
  ["アネモネ(光華の姫君)"] = {
    jp="お酒、美味しいね。月見酒も楽しいなって思える。うん?顔が赤い?貴方も、顔真っ赤になってる。お揃い?",
    en=""
  },
  ["シクラメン(光華の姫君)"] = {
    jp="綺麗な満月…。どこも隠れてなくて、全部、見せてくれてます……。私も…そうした方が、良いですよね…?団長さんになら、大丈夫ですよね?<br>顔も心も、全部、団長さんに…団長さん、だけに見てほしい…です…。",
    en=""
  },
  ["カトレア(光華の姫君)"] = {
    jp="世の中に干渉するつもりなんかない。そう思ってたの。<br>ただ外側から眺めるだけでいい。こうして月でも眺めるみたいに。<br>けど、最近は少し違うわ。なにより、あなたに、ふれたいって思ってるから。",
    en=""
  },
  ["ミズバコパ"] = {
    jp="おおー、真ん丸お月様だー。まるでお団子みたい、月見団子食べたいおー…。<br>おおっ、団長さん、お団子くれるの?わーい!一緒に食べるおー!",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ(成長する軍師)"] = {
    jp="月の模様が、うさぎに見えるです? ご主人、これはどういうこと?<br>もしわかるなら、断じて詳しく話すべき? モコウが知らないこと……教えてです?",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン(成長する陰謀)"] = {
    jp="月の模様って、うさぎがお餅を搗いているように見えるんですね。なんだか、労働を強いられているみたい……<br>そ、そういうことじゃないですよねっ! 私の捉え方が暗すぎます、ロマンのかけらも無さ過ぎますぅ!",
    en=""
  },
  ["ミント(成長する美徳)"] = {
    jp="月の兎さん、ずっとお餅をついて偉いです。たとえそう見えているだけでも、がんばり続ける姿勢は応援したくなります<br>私もうさぎさんに負けないくらい、がんばっていかないとですね",
    en=""
  },
  ["ホシクジャク"] = {
    jp="あっ、お月見するんだね?夜空を見るのは嫌いじゃないよ。僕の目的はお月様じゃなくて、きらめく星たちだけどね。",
    en=""
  },
  ["イフェイオン"] = {
    jp="お月見で風邪なんか引かないでね?毛布も持ってきてるから、寒かったらちゃんと羽織って。<br>…そうだよ、心配してるの。団長だから心配なの。",
    en=""
  },
  ["ホップ(温泉浴衣)"] = {
    jp="月を肴に一杯…うーん!沁みるねぇ!今夜の月は綺麗だねぇ…。ちょ…ちょっと団長~?私じゃなくて月を見なよ月を~。流石に、そんなに見つめられると、照れる…。",
    en=""
  },
  ["エノテラ"] = {
    jp="赤いワインに月を乗せて味わう…良いものですよ、意外と。<br>団長もいかがでしょう。豪快な気分になれることは保証します。<br>血と月を飲み下す、戦士として昂ぶらないはずがありません。",
    en=""
  },
  ["スズシロ"] = {
    jp="団長さん。月がしっかり昇りましたよ。雲ひとつありませんし、絶好のお月見日和です。<br>お団子を食べながら、一緒に風流な世界に浸りましょ。",
    en=""
  },
  ["ワルナスビ"] = {
    jp="月見か、悪くない。何故なら凍結なる月が浮かぶは夜。深き漆黒を背に煌々と浮かぶ様は【祝われし空の秘宝】に他ならず。<br>ふっ、いつかあの大きな月を盗んでみたいものだ。",
    en=""
  },
  ["ラークスパー"] = {
    jp="そろそろ、お月見の時期ですぱ? 満月は好きですぱー。<br>ワルナスビ様が、いつも嬉しそうに満月を見ているから、いつの間にか私も好きになっていたですぱ。<br>団長も好きですぱ? ……えへ。それは、私も嬉しいですぱー♪",
    en=""
  },
  ["ストレプトカーパス"] = {
    jp="はむっ、むふっ、事件解決後の月見団子は美味しいね~。はむっ、っん!?<br>み、みずぅ……く、くるふぃ……うぐっうぐっうぐっ……ふぅ、はぁ、あ、ありがとう。あ、危うく、ボクが被害者になってしまうところだったよ……。",
    en=""
  },
  ["ニワゼキショウ"] = {
    jp="ねぇねぇ、月見団子にジャムかけていい?……だめ?<br>う~ん…んじゃあ、自分のぶんだけならいいよねっ?",
    en=""
  },
  ["ヤクノヒナホシ"] = {
    jp="お月見団子もヒーちゃんにお任せ!キノコをた~っぷり使った、自信作だよ、大丈夫。<br>もしおいしくなかったら、ヒーちゃん一日すっぽんっぽんで過ごすから!",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン(ハロウィン)"] = {
    jp="団長見て、綺麗な満月がのぼったわ。来るわよ、警戒しなさい。ウサギノオとススキが、今日のために何か準備してた…<br>必ず大掛かりないたずらを仕掛けてくるわよ。",
    en=""
  },
  ["アルテミシア"] = {
    jp="今夜は月が一段と綺麗だわ~。うふふっ、エルブも嬉しそう。っ、こらこら、あれは卵じゃないのよ?<br>……ん? 団長どうしたの? ……私には満月がよく似合う? うふふっ、ありがとう。私もそう思う♪",
    en=""
  },
  ["デージー(ハロウィン)"] = {
    jp="団長さんがお酒を飲むのなら、デージーも一緒に飲むのだ。<br>甘酒って言う大人のお酒があるっておじいちゃんに教わっていたのだよ。<br>これでデージーも大人の仲間入りなのだ!",
    en=""
  },
  ["スズナ"] = {
    jp="小さい頃は部屋の窓からお月見ができました。そこからうさぎさんがお餅を搗いてる姿を見るのが、お月見の楽しみだったんです。",
    en=""
  },
  ["ネモフィラ"] = {
    jp="団長さん、空を見上げてみてください。すっごい真ん丸なお月さま、綺麗ですよね。とっても神秘的な光景、うっとりです。",
    en=""
  },
  ["スパラキシス"] = {
    jp="月の模様は土地それぞれ。君は何に見える?やっぱり女の横顔?もしそうならスーさんの横顔に見えるとかクッサいセリフ言ってほしいなぁ~",
    en=""
  },
  ["ツツジ"] = {
    jp="お月見といっても、小さい頃はすぐに眠くなっちゃって、あまりじっくり見ていた記憶はないんですよね。<br>団長様とこうして一緒に月を眺められて、なんだか幸せです。",
    en=""
  },
  ["イベリス(クリスマス)"] = {
    jp="いいこと思い付きました! 団長さんも、お餅つきしてみませんか? ……あ、正確には「お餅捏ね」、ですけど♪<br>ここで言うお餅っていうのはもちろん……え? 「オヤジ臭い」? そんなぁ~!!",
    en=""
  },
  ["センリョウ(クリスマス)"] = {
    jp="お月様が綺麗だねー。でもさ、団長。ずっと上向いてるなんて、スキだらけじゃないー?<br>いつでも触って良いよって言ってるみたいなものじゃーん! それなら望みどおり、いっぱいタッチしちゃうぞー♪",
    en=""
  },
  ["シロタエギク(クリスマス)"] = {
    jp="月は良いの。太陽程は強く輝かずどこか優しく照らしてくれる。<br>目立たず皆を支えたいわっちとしては少し共感するところがあるのじゃ。そなた様は月は好きかの?",
    en=""
  },
  ["クロユリ(新春)"] = {
    jp="この世界から害虫が全て消えた後、まだお前と月を眺めていられたら……悪くない。想像したら、生きていたい気になるな。",
    en=""
  },
  ["カンヒザクラ"] = {
    jp="屋敷から手紙が届きましたの。「皆様を連れてお月見にいらっしゃい」って。<br>団長様、お時間……作って下さいますか?私、お世話になってる方々をお母様とお父様に紹介したいですの。",
    en=""
  },
  ["エーデルワイス(新春)"] = {
    jp="スノーフレークとお団子を作ったの。<br>2人とも慣れてなかったから、まぁ…形がちょっと悪いのは認めるけど…味は保証するから、大目に見なさい。",
    en=""
  },
  ["レオノチス"] = {
    jp="一緒にお団子食べたり、お話したり……団長しゃんとお月見するの、楽しいな……うひひっ♪<br>嬉しくて、耳もピクピクしちゃってる。",
    en=""
  },
  ["ストック"] = {
    jp="お月様の模様って、いろんなものに見えるんですよね!確かに、ロータスレイクで見上げた月とは、違う気がします。<br>…でも、場所よりも、一緒に月を眺める人の方が、重要な気がしますよ。",
    en=""
  },
  ["ガジュマル"] = {
    jp="お月様も……岩……おっきい岩。つまり……割れる。<br>……よしっ! 団長さん、団長さん! 月に行く方法を教えて? 私、月を割ってみたい!",
    en=""
  },
  ["クローバー"] = {
    jp="いつか私に必要な人だけを連れて、月まで行ってみたいかも。他には誰もいなくて、大切な時間を邪魔されることもない。<br>あなたはどう思う?私と姉さんの三人で、遠くへ行ってみたい?",
    en=""
  },
  ["シュウメイギク"] = {
    jp="宮殿での月見より、そなたと二人で眺める方が美しく見える。<br>無論理由は分かっておる、分かっておるから恐ろしい。<br>団長殿、少し離れてください。わらわ、体が熱くなってしまいます。",
    en=""
  },
  ["コリウス"] = {
    jp="お料理上手がお団子作り、アクティブな方々が飾り作り、そして、物知りな方々が豆知識の披露!<br>正に適材適所です! 我が主家の家風にも合います。私、大満足です!",
    en=""
  },
  ["キンギョソウ(バレンタイン)"] = {
    jp="まん丸お月様もいいけど、満ち欠けするんなら、うまい具合に……髑髏の形にならないかな~?<br>え? 言うと思った? えっへへ♪",
    en=""
  },
  ["ラベンダー(バレンタイン)"] = {
    jp="月の模様が兎に見えるの、団長さんは気に入ってるんですね<br>そんなに見惚れるくらい兎が好きなら……私がいつでもなってあげます<br>兎の格好をして、一年中団長さんのことだけ考えちゃう……特別な兎に",
    en=""
  },
  ["シバザクラ"] = {
    jp="お空に浮かぶ真ん丸のお月さま…お団子が丸いのは、あのお月様を模しているからかもですね。",
    en=""
  },
  ["パフィオペディルム"] = {
    jp="兎の絵が描いてあるスリッパだ。可愛いだろ?月の模様に合わせてみたんだ。キミの分も持ってきたから、これを履いて月見をするぞ",
    en=""
  },
  ["ウルシ"] = {
    jp="色々なことに手を出してるから、望遠鏡で月を見たことはあるの。<br>でも、ウサギは見つからなかった。分かってはいたけど結構ショックだったのよね~。",
    en=""
  },
  ["ウィンターコスモス"] = {
    jp="もぐもぐ…お団子っ…んぐ…美味しいですね! モチモチした食感がたまりません! これならいくらでも食べられそうです!",
    en=""
  },
  ["エリンジウム"] = {
    jp="月明かりがあると安心する~…私にとって、夜の心強い味方だよ。これはしっかり、お月様に感謝しないと。",
    en=""
  },
  ["コムギ"] = {
    jp="お月見で食べるお団子、たくさん作っておきました。 おかわりの事も考えて、下準備もばっちりしてあります。<br>にぃはお月様に集中して、ゆっくり楽しんでください。",
    en=""
  },
  ["ウキツリボク(競技会)"] = {
    jp="はぁー……ふぅ……団長、お願いするね。はっきり言ってみせる。お月見のお団子、あーんってさせて欲しい。あなたに食べさせてあげたい。<br>前々からやってみたくて。どうかな、許して……くれる?",
    en=""
  },
  ["アズキ"] = {
    jp="月見団子には餡子が必須だと思うな。包んでよし、付けて食べるのもよし。<br>お月見に外せない一品にするなら、餡子なしなんてありえないよ。",
    en=""
  },
  ["マルメロ"] = {
    jp="お月様の模様、女の子に見えるってこともあるらしいですねえ?んふぅ?<br>どんな可愛い子なのか、私と探しませんか?え?わ、私に見える?それはその、もぁあ、団長さん、飲み過ぎです~",
    en=""
  },
  ["アグロステンマ"] = {
    jp="団長様、お茶が入りましたわ。ふぅ……こうして、2人きりで月を見上げるのもいいものですわね。<br>うふ、ジョセフィーヌも月の光で綺麗ですわ。",
    en=""
  },
  ["ブプレウルム"] = {
    jp="お月見になると、妙に視線を感じるわ。だから、一人で部屋に閉じこもるの。でも、<br>あなたがどうしてもって言うなら、お餅をついてあげる。さぁ、お願いしてみなさい?",
    en=""
  },
  ["コデマリ(イースター)"] = {
    jp="団長様、ものすごくたくさん魔力を蓄えて、思いっきりジャンプをしたら、あのお月様に届きませんか?<br>う~ん、やっぱり無理ですかね?",
    en=""
  },
  ["ミズアオイ"] = {
    jp="だんだん寒くなってますし、コナギちゃんが毛布を持たせてくれました。団長さんとくるまって、お月見楽しんできてねって。<br>その気持ちを無駄にするのはお姉ちゃん的にNGですし、団長さんさえ良ければ、お…お願いします!",
    en=""
  },
  ["ホルデュウム"] = {
    jp="お月さまのあの模様、人によってウサギさんに見えるそうです。<br>けど、ホーちゃんには眠り姫様にしか見えません。<br>とってもきれいで、優しそうなお顔、えへへ、なんだか幸せです♪",
    en=""
  },
  ["ヒツジグサ"] = {
    jp="わたくしが団長様とお月見をしたこと、アヤメには内緒にしてくださいね。<br>体調を考えて夜風には当たらないようにと、いつも言われているものですから…。",
    en=""
  },
  ["アヤメ"] = {
    jp="団長様。ヒツジグサ様と、お月見をなさいましたか。もしそうであれば、次からはわたくしにもお声がけを。<br>市井の男女が逢引するのとは訳が違うのです。夜風は毒ですし、警護も必要。事前に言っていただかなくては困ります。",
    en=""
  },
  ["ローレンティア(忍者)"] = {
    jp="忍のことを調べたときにね、お月見の団子は元々投げ合ってたものだって知ったの。<br>……そんな風習はない?えっ?じゃああの文献は嘘なの!?ちょっとまってちょっとまって!結構参考にしちゃったことあるんだけど~。",
    en=""
  },
  ["ワビスケ"] = {
    jp="明るすぎる月はあまり好きではありません。<br>屋敷や城への侵入が難しくなりますし、月光に当てられて警備の意識も冴えてしまいます。<br>無論、力技で覆すことは簡単ですが…忍として、避けるべきなのは変わりません。",
    en=""
  },
  ["サワギキョウ"] = {
    jp="今夜の月は、少し物悲しい感じがします。 人も害虫も、わかり合うことが出来ずに命を落としていく……。<br>そんな世界を悲しんでいるようです。 ……早く、平和になるといいですね。",
    en=""
  },
  ["イキシア"] = {
    jp="月を見ているとボーとして眠くなったりしない? 昔お月見していたらそのまま眠っちゃって、朝起きたら風邪ひいてたことがあったな。",
    en=""
  },
  ["レインボーローズ"] = {
    jp="月の模様って、よく見ると本当に兎に見えるのね。<br>実際にお餅をついてるわけじゃないけど、なんだか可愛らしく思えてきたわ。",
    en=""
  },
  ["ウェルウィッチア"] = {
    jp="満月もいいけど、ボクは三日月の方が好きだなァ。バナナのように美しいあの形状をみんなで眺めたいんだよ。<br>ねェ、団長サマの権限で他の日にももっとお月見をやらないかい?",
    en=""
  },
  ["プルメリア(ジューンブライド)"] = {
    jp="お月さまにいるうさぎさんも、わたし達みたいにお餅をついてるんでしょうか。<br>そう考えると、なんだかこの時期だけは、お月さまをとっても近くに感じられる気がします。",
    en=""
  },
  ["サクランボ(ジューンブライド)"] = {
    jp="お月見も良いですけど、夜風は毒です。毛布を持って来たので使ってくださいね。<br>それでも足りないようなら、その……私の事も使ってください。はしたないですけど、パパなら大丈夫……です。",
    en=""
  },
  ["ハス(ジューンブライド)"] = {
    jp="ここでの月見もいいが、水中都市から見上げる月も悪くないぞ。<br>卿さえ良ければ今度一緒に見よう、気に入っている場所があるんだ。宮殿の中だが、卿なら何も問題はない。",
    en=""
  },
  ["ミズヒキ"] = {
    jp="ぴょーん、ぴょん♪ ぴょーん、ぴょん♪ いかがでしょう、団長様?<br>月の兎に会いたいとはしゃぐ方々がいましたので余興として練習を試みています。よければご助言くださいませ!",
    en=""
  },
  ["ヘナ"] = {
    jp="クコ、意気消沈。お団子、獲得失敗。だからヘナ、思考……クコの仇!<br>でも、カガミ強敵……。にぃにも同行希望。カガミ討伐……なの!",
    en=""
  },
  ["トリトニア"] = {
    jp="団長くん♪二人でお酒でもどう?<br>クレソンに頼んで、とびきり美味しいのを用意してもらったんだ。<br>リーダー同士、月を見ながらゆっくりしようよ。なんなら途中でお寝んねしちゃってもいいから。",
    en=""
  },
  ["チトニア"] = {
    jp="月を見る風習自体は知っています。月が美しいかどうかはよくわかりません。<br>でも団長様問ゆっくり過ごす時間は心地いいです。",
    en=""
  },
  ["ホシクジャク(水着)"] = {
    jp="見てみて団長さん!兎さんが餅つきしてるよ!あの一所懸命な姿……僕まで心が燃えてきちゃう!",
    en=""
  },
  ["ペポ(水着)"] = {
    jp="お月様には、うさぎさんが住んでいるらしいですけど、…全然見えませんね…<br>きっと、かくれんぼが上手なんだろうなぁ",
    en=""
  },
},
["tsukimi002"] = {
  ["サルビア"] = {
    jp="あたしは、月より太陽のほうが好きだな。太陽のほうが眩しいからな! あっ、でも……今日の月は頑張ってるよな。あたしも負けていられない!",
    en=""
  },
  ["ホワイトパンジー"] = {
    jp="団長さん、お月見に行きましょう? 月見団子とコーンスープを持って♪……コーンスープは、やっぱり駄目ですかねぇ",
    en=""
  },
  ["イエローパンジー"] = {
    jp="昔、姉と妹と三人でお月見をしていた時、姉がお団子を喉に詰まらせた事があったんだよ。<br>そのお団子は姉妹三人で作った物で、妹が作った物だけ大きかったんだな。<br>でも姉はそれを褒めて、一口で食べた。いい姉だろ? あたしもそう思う。だけど怖かった~。<br>だから団長も、詰まらせないように気をつけてな!",
    en=""
  },
  ["パープルパンジー"] = {
    jp="おお~、おおぉおお! 月が、丸い。大きい、です。まじまじと見ると、圧倒されますね。おお~すげ~。お、面白い",
    en=""
  },
  ["ツバキ"] = {
    jp="この地上がどんなに騒がしくても、月は平然としています。願わくば、私もあの月のようになりたい",
    en=""
  },
  ["ブラックバッカラ"] = {
    jp="あいつも、狭い地下から見えない筈の月を見上げたのかなあ。……へへっ、柄にもない事を考えちまった。気にすんな!月見団子でも食おうぜ!",
    en=""
  },
  ["ロイヤルプリンセス"] = {
    jp="団長さん、お月見に行きましょう? せっかくなので月見団子を二人分用意してきました。二人分じゃ足りなかったですかね?<br>あ、いえいえ、他に誰かを呼ぶのではなくて、二人でもっと食べるかな、という意味です。私、あなたと二人っきりで月を見たいんですよ。<br>一緒に「綺麗な月ですね」って言いたいんです",
    en=""
  },
  ["ノヴァーリス"] = {
    jp="まあ~、なんて美しい月の光! あの光のように、世界を照らす存在でありたいものです。",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア"] = {
    jp="団長知ってる?月にはウサギが住んでるんだよ。ぺったんぺったんって、お餅をついてるんだって。<br>何人家族なのかな?体の色は白いのかな?<br>お餅をついてるなら、きっと一人じゃないよね。一人じゃなければ、寂しくないね。",
    en=""
  },
  ["オンシジューム"] = {
    jp="今日のお月様はまんまるだねぇ。どこから見てもまんまるなんだよね?<br>よぉ~し、試しにあそこの木の上から見てみるぞ~!ほら、団長も早く早く!<br>急がないと、形が変わっちゃうよ~!",
    en=""
  },
  ["シンビジューム"] = {
    jp="月明かりだけでこんなに明るくなるんですね。こっそりお月見するつもりが、なんだか賑やかな気分になってしまいました。<br>あっ!でも、もう少しだけ二人きりでいませんか",
    en=""
  },
  ["デンドロビウム"] = {
    jp="どんなに手を伸ばしても月には届きません。ですが、届くものもあるのです。<br>私は、少しでも皆さんに手を伸ばすためにここにいるのですよ。",
    en=""
  },
  ["カトレア"] = {
    jp="屋敷のバルコニーから見る月もなかなかのものでしょう?それにしても、お月見の季節になると皆して月を見るだなんて不思議だわ。<br>月なんて子供の頃からしょっちゅう見ていたから、もう見飽きちゃったわよ。話し相手が居る人は、一人で月を見る必要なんてないのかもしれないわね。",
    en=""
  },
  ["ハイビスカス"] = {
    jp="お月さまでお餅をついてる兎さんって、やっぱり大きいんだよね?<br>私の何倍くらいあるんだろ~。実際に会ったらびっくりするだろうな~",
    en=""
  },
  ["クレナイ"] = {
    jp="ちょっとぉ、お団子ばっかり食べて誤魔化さないでよ~。せっかくお月見に誘ったのに。<br>……もっと、私の方を、見てく・れ・る? あら? でもなかなか美味しいわね~って、もぉ!",
    en=""
  },
  ["アジサイ"] = {
    jp="月の兎ってすっごくジャンプ力あるのよ! だってあの子達の祖先って、高い山から皆でジャンプして月に上がったんでしょ?<br>こう、チームプレイか何かで、ぴょんぴょ~んってさ。え、違うの? ま、まぁ、勿論。今のは冗談よ。真に受けないでよね",
    en=""
  },
  ["グラジオラス"] = {
    jp="月の上は、きっと平和なんでしょうね。この世界もいつかそうなるように、戦い続けていきたいと思います。<br>マスターもついて来て下さいね",
    en=""
  },
  ["キキョウ"] = {
    jp="どうして月には兎がいるか、知ってる?<br>自分には食べ物を取る力がないから、代わりに自分を食べてって、貧しい人にその身を差し出したの。<br>昔の神様が、その行いに大層感心して、その姿を月に映したそうよ。これを知ると、月に祈りたくなるのよね",
    en=""
  },
  ["ヒマワリ"] = {
    jp="知ってますか、団長さん? 満月の夜ってカップルが成立する確率が高いんですって。これも、月の魔力のせいなんですかね?",
    en=""
  },
  ["レッドジンジャー"] = {
    jp="君が持ってるそれ、なに?月見団子……。それは月見では必ず食べなければならないもの?<br>別に義務というわけではないと……なるほど。一つ貰っても良い?うん、美味しい。",
    en=""
  },
  ["スイレン"] = {
    jp="月に映るものといえばウサギが有名ですが、他にも色々あるようですね。ご主人様には何に見えますか?<br>えっ、私?私は、月よりもご主人様を見ていたいです。",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン"] = {
    jp="草で笛を作れるのを知ってますか?こうやって、茎の部分を指で千切っ……て……あれ?<br>……切らない!ここを、こう、し、て……!あぁ~、ぐしゃぐしゃになっちゃいましたぁ……。<br>たまには、しゃしゃってみようと思ったんですけど、余計でしたね。死にます、もう……。",
    en=""
  },
  ["イブキトラノオ"] = {
    jp="お月見のときにお供えする物って、別にお団子じゃなくていいのよ? 収穫できた物なら何でもいいの。<br>ん? これはいいの。文化だもの。田舎臭くなんてないわ",
    en=""
  },
  ["ヒルガオ"] = {
    jp="綺麗なお月様ですね~。それに、兎さん♪ みんな仲良くお餅をついてるんですね。<br>えへへ、何だか、羨ましくなっちゃいます",
    en=""
  },
  ["ヨルガオ"] = {
    jp="何に対しても、感謝を忘れてはいけないわね。<br>月は普段から、夜、私達を照らしてくれているけれど、それは当たり前みたいになってしまっている。<br>そういった物への感謝を忘れてはいけない。勿論、お兄さんへの感謝も、忘れていないわよ",
    en=""
  },
  ["アサガオ"] = {
    jp="ねぇねぇ、お兄ちゃん。お膝の上に乗ってもいい? うわーい、ヤッター! えへへ、失礼しまーす!<br>お兄ちゃんもお月さまも私が独り占めしちゃってるみたい。まあ、たまにはいいよね? お兄ちゃん♪",
    en=""
  },
  ["カサブランカ"] = {
    jp="私はよく月を見るぞ。夜空を見上げるのは好きなんだ。<br>人々が眠っている間も、月や星たちは変わらぬ美しさで道を照らす。私の目指す理想の王道に少し似ているのだ。",
    en=""
  },
  ["ヤマユリ"] = {
    jp="あまりお月見というイベントに興じたことはないのだが、具体的に何をすれば良いのか、色々と教えてくれ。<br>とりあえず、よく月が見える場所へ行こう。二人で、だ。準備はできたか?",
    en=""
  },
  ["オトメユリ"] = {
    jp="団長さん、さっきから私の顔ばかり見てどうしたんですか?今夜はお月見ですよ。そんなにじろじろ見られると照れちゃいます。<br>綺麗に見えるのは、月明かりと団長さんのせいですよ",
    en=""
  },
  ["アブラナ"] = {
    jp="満月の夜に訓練していると、いつもより体が熱くなるの。これって何なのかしら?<br>ちょっと前はそんな事なかったんだけど。月の力を浴びて、パワーアップしてるのかな。<br>それとも、あたしが成長しただけかしら?",
    en=""
  },
  ["セントポーリア"] = {
    jp="日向ぼっこするのも好きですけど、月夜のお散歩もいいですね~。<br>昼間は体がぽかぽかしますけど、今はしゃきっとする感覚です。何だか新鮮で楽しいです♪",
    en=""
  },
  ["マーガレット"] = {
    jp="今日は、綺麗に月が見えそうだ。よかった~。さ、月見に行くぞ。お前に拒否権はない",
    en=""
  },
  ["サボテン"] = {
    jp="あっ…お団子……。…もう…残ってない……。…怒ってないよ?",
    en=""
  },
  ["スズラン"] = {
    jp="団長さん、月見団子を作ってみました、召し上がってください!<br>え……?団子じゃない?だって、団長さんがのどに詰まらせたら大変です。<br>そしたら、こんなに小さくなっちゃいましたけど、でも、元はお団子なので、安心してください。",
    en=""
  },
  ["スミレ"] = {
    jp="こうして団長とお団子を食べながら月を見上げるだけ。<br>そんな時間が、私にとってはとっても特別な時間。<br>幸せだなぁって感じるんだ",
    en=""
  },
  ["イチゴ"] = {
    jp="団長さん、お団子をお一つどうぞ♪ 私もひとつ…は~む、ん、んん、んぐんん~。このお団子、私のお口には少し大きすぎるみたいです",
    en=""
  },
  ["ウメ"] = {
    jp="月を見ながら呑むのも中々良いものだな。この草笛で、一曲、何か演奏しようか?<br>意外か?私だって子供の頃はこうして遊んだものだ。<br>今夜は特別に聴かせよう。私の思い出の曲を。",
    en=""
  },
  ["バラ"] = {
    jp="ちょっと!!今、話しかけないで、月見団子を積んでいるのよ。完璧なピラミッド型にするの、凄く難しいんだから。あっ!あぁ~",
    en=""
  },
  ["サクラ"] = {
    jp="うさぎさんの餅つき応援しに行きたいわね。がんばれー、がんばれーってエールを送りましょう。<br>そーれ!がんばれー、がんばれー。あら?もう!団長さんも一緒に…ね♪",
    en=""
  },
  ["ユキヤナギ"] = {
    jp="団長さん、今仕事中ですか? 仕事中ですか…。月が綺麗ですよ? 月が綺麗ですよー? こんな綺麗な月は一生見られないですよー?<br>そんな仕事放っぽり投げて、月を見に…あ、仕事終わったんですか? えっへへー! さ、一緒に月、見に行きましょう!",
    en=""
  },
  ["アマリリス"] = {
    jp="竹から生まれた女の子が、実は月に住む人で、大人になった時にお迎えが来る、という伝説をご存知ですか?<br>私たち貴族にも、いつかお迎えが来るんでしょうか?<br>もし来るなら、見知らぬ人や覚えのない家族ではなく、団長さんだったらいいのに……な~んて、冗談ですよ、冗談",
    en=""
  },
  ["ヒノキ"] = {
    jp="お~、月見団子、うまい……!じゃあそういうことで……んにゅ。",
    en=""
  },
  ["レンゲソウ"] = {
    jp="月見団子アル! その中身は何が入ってるアルカ? あんこ? いいアルネー。ワタシ、それなら大丈夫アル。<br>団長、一緒に月見団子食べるアルヨ。多く食べたほうが勝ちネ!",
    en=""
  },
  ["ハクモクレン"] = {
    jp="あの月に誓って、全ての害虫を殲滅すると誓おう。その日のために、まずは英気を養わねば。月見団子か、風流だな♪",
    en=""
  },
  ["コチョウラン"] = {
    jp="月へ住まう姫君のメイドは、すごいメイドだったのでしょう。私も立派なご奉仕が出来るよう、月に誓いたいと思います。<br>ご主人様、これからも頑張ってご奉仕しますね",
    en=""
  },
  ["コスモス"] = {
    jp="私がもし、月の姫だったら、団長さんに所に来たあと、居心地が良くてそのまま残ると思います。<br>ああ~、月から来るお姫様みたいになりたいですね~",
    en=""
  },
  ["マリーゴールド"] = {
    jp="アンタが持ってるそれ、何ていう物なの? 月見、団子? ああ、庶民の食べ物なのね。<br>何だか美味しそうね……す、少しだけなら、食べてあげてもいいわよ?",
    en=""
  },
  ["シクラメン"] = {
    jp="あの……私……。団長さんのおかげで、頑張れてます……。<br>……だから、団長さんの光を浴びて輝く、月みたいな存在に……。っ、ご、ごめんなさい!まだまだですよね……。<br>……私……っ、頑張ります!",
    en=""
  },
  ["ミント"] = {
    jp="団長さんのために、月見団子を作って来ました。なんと、ミルク入りです。<br>なぜミルクが入っているかと言いますと……私が、ミルク好きだからです",
    en=""
  },
  ["ラベンダー"] = {
    jp="今、団長さんが齧った月見団子、下さい!!!<br>あ、ああ~、全部食べちゃったぁ…。<br>団長さんが齧った月見団子、下さい。お願いしますぅ。<br>一人で食べるなんてずるいですよぉ~。<br>齧った月見団子、下さい…。",
    en=""
  },
  ["ブルーロータス"] = {
    jp="はい、団長さん。月見団子ですよ。温かいお茶もありますから、ゆっくり召し上がって下さい。今日は一日、のんびりしましょ",
    en=""
  },
  ["サザンカ"] = {
    jp="お月見かー。まあ悪くないかな。<br>それより、月の上でも誰かと誰かが戦ってるのかな?<br>もし、なんか面白そうな戦いしてたら、参戦したいなー。あ、団長クンも連れてくよ?",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ"] = {
    jp="ご主人、それはなんです?月見団子?モコウにくれるです?ご主人と同じく月見団子を美味しく食べ、ご主人と同じく綺麗な月を見る?<br>同じ体験を共有する?それはモコウ、とても幸せ?",
    en=""
  },
  ["センニチコウ"] = {
    jp="ま~ん丸くて、大きなお月様ね。なんだか壮大な愛を感じるわ。私も負けてられないわね。<br>もっとボクちゃんの中で、お~きな存在になるわよ~",
    en=""
  },
  ["シロツメクサ"] = {
    jp="星の殆どは名前も覚えてもらえないもの、でも月は誰でも知っています。<br>それは夜空で一番明るいから……私もそうなりたいと思っています。",
    en=""
  },
  ["キンモクセイ"] = {
    jp="団長殿、月見団子を作ってみました。その、よかったら……あの、いかがでしょうか?",
    en=""
  },
  ["ジャスミン"] = {
    jp="荒れ果てた土地にも月の光は届いていますわ。そこにも月の光の魔力が及べば、きっと何かが変わる。<br>いえ、あまり他人に頼るのはよくありませんけどね",
    en=""
  },
  ["ホトトギス"] = {
    jp="だ、団長様! あの、きょ、今日は、お月様を見る日なので、わたしばかり見ているのは……<br>それに、恥ずかしいです……団長様……。",
    en=""
  },
  ["ヘリコニア"] = {
    jp="見て見て、団長♪ 巨大月見団子を作ってみたよ~。これを飾れば目立つこと間違い無し! どお?",
    en=""
  },
  ["エーデルワイス"] = {
    jp="月で餅つきしてる兎っているじゃない? 私あれに似てるって言われるの。何故かしら?<br>やっぱり……このハンマーよね。え? あと、兎みたいに小さいからぁ? それ以上言ったら、これでつくわよー!",
    en=""
  },
  ["タンポポ"] = {
    jp="まあるいお月さまに、まあるいお団子。えへ、まん丸がいっぱいです♪ 団長さんの目もまん丸ですね",
    en=""
  },
  ["ヤグルマギク"] = {
    jp="月には兎がいて、お餅つきをしていると聞いたことがありますね。<br>二人でお餅つきをする場合、息の合った動きが重要になると思われます。<br>こう……こねる人と、つく人との。ふふ、そのうち貴方と二人でやってみたいものです♪",
    en=""
  },
  ["カーネーション"] = {
    jp="月を見上げるのは好きです。形を変え、時には姿を隠すけど、月は確かにそこにある。<br>私には夜の時間などいりません。団長さんが太陽なら、ずっと昼間でかまいません",
    en=""
  },
  ["スノーフレーク"] = {
    jp="ご主人様、お餅突いてたら、お餅がどっか飛んでった。探してくる。",
    en=""
  },
  ["スイートピー"] = {
    jp="あむ……なにこれ、美味し~♪ 手が止まらないわ。あ、団長さん、お一ついかがですか?",
    en=""
  },
  ["ライラック"] = {
    jp="お月見ですね♪私、月見団子作るので、団長さんお月見行きましょう?<br>団長さんのためなら月見団子でも、月見うどんでも、月見フルーツパフェでも、な~んでも作りますよ!<br>……月見フルーツパフェは、ちょっと、未知数ですけど。",
    en=""
  },
  ["クロユリ"] = {
    jp="月を見て、団子を食べる?お前と、ふたりでか? ……たまには、付き合ってやろう",
    en=""
  },
  ["レッドチューリップ"] = {
    jp="満月っていいわね~、まんまるで、なんだかこうナデナデしたくなっちゃうわ。<br>でも、私はあんなに遠い月をナデナデするよりも、こんなに近くにいる団長さんにナデナデされたいわ~。ウフフッ",
    en=""
  },
  ["イエローチューリップ"] = {
    jp="月の表面の模様って何に見える? 私はね魔女の横顔、かな? あ、失礼ね。私の事じゃないわよ~。<br>でも、私の横顔を褒めてくれた事は高評価よ。私だって、綺麗だって言われるとそこそこ調子乗っちゃうんだからね~。<br>あなたの横顔も素敵よ。いつも見てるわ",
    en=""
  },
  ["パープルチューリップ"] = {
    jp="『ルナティック』という言葉が示す通り、月は心を惑わします。ふふ、そんなに怖がらなくても、落ちてきたりしませんよ",
    en=""
  },
  ["ホワイトチューリップ"] = {
    jp="二人で同じ月を眺めて、同じ時を過ごすなんて、ロマンティックですね~。<br>これで姉たちが後ろで大騒ぎしていなければ、もっと良かったのですが",
    en=""
  },
  ["ギンラン"] = {
    jp="団長さん、一緒にお月見団子食べましょう。月では兎さんたちがお餅をついているらしいですわ。<br>もし月に行けたら、そのお餅を食べてみたいですわね",
    en=""
  },
  ["レシュノルティア"] = {
    jp="月はただ綺麗というだけでなく、どこかミステリアスなそんな感じがしますよね~。<br>害虫の観察もいいですけど、えへへ、月の観察も面白そうです♪",
    en=""
  },
  ["ヒメユリ"] = {
    jp="あのお~きな月は、カサブランカ様のようです。あの方と同じように威厳があります。手が届かないのも、似ていますね",
    en=""
  },
  ["タチバナ"] = {
    jp="月見にまつわるものたちには、全て魔除けの効果があるのです。ただ飾ればいいという物ではありません。<br>皆様の健康を願うのであれば、尚の事きちんとしなければなりません。<br>難しく聞こえるかもしれませんが、習わしの成り立ちを知るのは面白いかと",
    en=""
  },
  ["モモ"] = {
    jp="団長様!いくらお月見だからって、ちょっと月の事見過ぎじゃない?もっと私の事も見てくれていいのよ。<br>ねぇ団長様、その視線…私に独り占めさせて",
    en=""
  },
  ["ハナモモ"] = {
    jp="お月さまもいいですけれど、月見団子もいいですわぁ~。<br>だって、お月さまがこんなに小さく、可愛くなっちゃうんですもの。<br>はいっ! 団長様も、おひとつどうぞ!",
    en=""
  },
  ["キルタンサス"] = {
    jp="あ゛~、あ゛ぁ、はぁはぁ。全然、疲れて、ないわ!餅つき程度で、疲れるわけない、でしょ!当然、でしょ!私を、誰だと思って、るの!?",
    en=""
  },
  ["アネモネ"] = {
    jp="月の裏側って、どうなってるんだろう?月には光が当たらない部分があるんだよ。<br>だからこそ、あんなに神秘的に輝けるのかもしれないね。",
    en=""
  },
  ["ガーベラ"] = {
    jp="月の魅力って、神秘的な所にあるとおもうの。<br>主張していないのに、確かな美しさがそこにある。足を止めて見上げた者の心を奪う魅力がある。<br>私にも、そんな魅力があるのかなぁ?<br>だったらいいなぁ~。",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス"] = {
    jp="わあぁ、綺麗なお月様。<br>お月様と言えば、ツキミソウさんやススキさんが主役だよね。私達も頑張らなきゃ。<br>うん、みなさんに負けていられないね!",
    en=""
  },
  ["ストロベリーキャンドル"] = {
    jp="どうして月は、満ち欠けするのかな?新月は、寂しいのかな?<br>そんなことを考えてると、なんだか月に吸い込まれそうだよね。",
    en=""
  },
  ["リューココリーネ"] = {
    jp="月を見ながら実りに感謝する風習は良いものだね。<br>けど、秋の夜は思ったより冷えるから、温かい飲み物を用意しておくと良いよ。",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ"] = {
    jp="だんちょうサン、ナンでお月見が生まれたんデスかー?<br>ふんふん…ナルホドHarvest Festival収穫祭ナンですね。<br>月が作物を育ててくれるんデスね。",
    en=""
  },
  ["アイリス"] = {
    jp="団長さまは、月にウサギが住むというお話、信じていますか?<br>ふふ、たしかに非現実的ではあるんですが、<br>あまりに可愛らしい話なので信じてみるのもいいかなって思ってるんです。",
    en=""
  },
  ["アンスリウム"] = {
    jp="おまたせ~、髪結ってたらちょっと遅れちゃった。隣、失礼するわね。よいしょっと。ふ~、…ねぇ、月はこっちじゃなくてアッチなんだけど。<br>えっ!いつもより綺麗って、そりゃ十五夜だもん。…分かってる分かってるわよ、私のことだっていうのは。…一々言わせないでよ、バカ",
    en=""
  },
  ["デージー"] = {
    jp="デージーお団子も好きなのだよ!あのお月様も昔はお団子だったのかな?<br>食べたらどんな味がするのか、気になってきたのだぁ!",
    en=""
  },
  ["エノコログサ"] = {
    jp="団長さん、お膝の上貸してもらっていいかにゃ?特に意味はないけど、リラックスできそうなの。<br>後、お団子。その位置だと届かないから、口に運んでほしいの。<br>そうそう!縁側でダラダラさせたら、私の右に出るものはいないのにゃ~。",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス"] = {
    jp="月明かりはロマンチックっすね。<br>ぼーっと照らされてると、何か吸い込まれていきそうっす。",
    en=""
  },
  ["ゼラニウム"] = {
    jp="えっと、これが団長さんの分。これがクロユリの分。月見団子って意外とお腹にたまるから、食べ過ぎは駄目だよ~",
    en=""
  },
  ["ヤマブキ"] = {
    jp="まん丸の月を見ているとなんだかこう、刀で綺麗に真っ二つにする妄想をしてしまうな。とてもきれいに分かれそうだ。<br>って、冗談だよ。出来る訳ないだろ?",
    en=""
  },
  ["サクランボ"] = {
    jp="はふっあむっあむっ……はっ!?お団子全部食べちゃいました。すみませんこんなはしたない事……。",
    en=""
  },
  ["オトギリソウ"] = {
    jp="団長さ~ん。ハナショウブさんが差し入れだって、月見団子を作ってくれたよ。一緒に食べよう♪<br>二人で食べたら、もっと美味しいからね",
    en=""
  },
  ["ルピナス"] = {
    jp="団長さん、私と月を一緒に見に行きましょう。お月見、と言う行事なのですから、月を見に行かなければなりませんよ。<br>お月見と言うイベントを口実に団長さんと過ごしたいだとか、そういう…あの…そういうことではなくて…。<br>あくまで、月見と言う行事を遂行しなければならないという…、その…。とにかく!月を見に行きましょう",
    en=""
  },
  ["サザンクロス"] = {
    jp="団子はもうなくなったのか。ふっ、団長さんは美味しそうに食べるんだなぁ。<br>あなたを見ていると、心が穏やかになる。",
    en=""
  },
  ["チェリーセージ"] = {
    jp="燃える気持ちも良いですけど、お月様みたいに静かな強さにも憧れますね。<br>ダリア先輩みたいにクールでカッコイイじゃないですか!あたしも負けませんよ!<br>うぉー!クールになるぞー!",
    en=""
  },
  ["ゲッカビジン"] = {
    jp="月見に団子、風情がありますね。しかし……主様。団子より……わたくし、というのも、また良いのではございませんか?",
    en=""
  },
  ["ハナショウブ"] = {
    jp="一杯、どうぞ。団長さん♪ 私は良いんですよ。きっと酔いつぶれたお客さんがいっぱい来ますから。<br>ささ、酔い覚ましのお水をいっぱい用意しておかないと!",
    en=""
  },
  ["ナデシコ"] = {
    jp="今宵は静かな夜ですね。あの月のように悠然と美しくありたいと願っています。",
    en=""
  },
  ["カンナ"] = {
    jp="お月見シーズンにお団子を売り歩くのは、儲かるかな? いや~でもこういう時って、みんな自分で用意しとるしな~。<br>団長さん、知っとると思うけど、お月見団子って神様へのお供え物なんやで!",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム"] = {
    jp="月から、ウサギが落っこちてきたことがあるのよ。<br>あたしは、そのウサギを月に帰そうとしたんだけどね? 全力で逃げていっちゃったの。<br>こうして生まれたのが、ウィンターローズのウサギ。<br>……だったら、面白いわよね~。",
    en=""
  },
  ["カタバミ"] = {
    jp="月って、どこまで追いかけても大きさが変わらないのは、なんでなんだろう…?<br>…ち、ちっがーう!わたしのおっぱいの話じゃない!たしかに、もう少しまんまるくなってほしいけど…<br>やっぱり団長も、大きい方がいいのか?",
    en=""
  },
  ["ダリア"] = {
    jp="美しい月の下では、みんな平等よ。あたしも、あなたも、……かつてあたしを陥れた人も。<br>あの頃のあたしも、この月のように悠然と構えていられたら、どんなに良かったかしら。",
    en=""
  },
  ["ネリネ"] = {
    jp="はい、団長さんお茶が入りましたよ。お団子にはお茶ですよ、のどに詰まらせないように気を付けてくださいね。私も気を付けます。<br>はむっ!むぐっ、ぐっ、うぅ~、ぅ~、お~、お~茶~",
    en=""
  },
  ["サンゴバナ"] = {
    jp="月光の下で試し斬り、してみました。少しだけ斬れ味が良くなったような気がします。<br>なのでこれからは月夜に害虫を倒しに……だ、駄目ですか!",
    en=""
  },
  ["クチナシ"] = {
    jp="お月見するんですか?団長様が飲みに誘って下さるなんて、私嬉しいです。<br>えっ?お月見は飲み会じゃないんですか?",
    en=""
  },
  ["カラー"] = {
    jp="夜風が冷たくなってきました。団長様、何か羽織るものをお持ちしましょうか? 無理しないで、少しの冷えでも体調を崩すんですよ?<br>どうしてもと言うなら、私が体で、温めちゃいますよ♪",
    en=""
  },
  ["ディプラデニア"] = {
    jp="一人ぼっちなのに、どうしてあんなに笑っていられるんでしょう。……いえ、月の話です。<br>……あんな風に、私も強くなりたい……。",
    en=""
  },
  ["オオオニバス"] = {
    jp="団長さん、お月見に誘ってくださりありがとうございます。<br>まさか団長さんから声をかけてくれるなんて思ってもみませんでした。<br>すごく嬉しいですよ、ふふっ。",
    en=""
  },
  ["ツキミソウ"] = {
    jp="お団子に稲の飾りつけをしてっと。ええ、お団子は月をイメージをしたものです。<br>では、稲穂は何なのかと言いますと収穫をお祝いするための物です。お月見とは収穫祭の一種なのですよ",
    en=""
  },
  ["ナイトフロックス"] = {
    jp="あのうさぎさんたち、ずっとお餅を搗いていますね。それだけ大勢のうさぎさんが、お餅を食べるんでしょうか……。<br>……なんだか、お手伝いしたくなってきました~。",
    en=""
  },
  ["オシロイバナ"] = {
    jp="今日は団長さんも浴衣なんですね、よくお似合いですよ。<br>えっと…団長さん?なんですか鼻をスンスンさせて…何か…匂う?<br>す、すみませんさっきまでお風呂入っていたのでそのせいかと…<br>うぅ…団長さん、ち、近いですよぉ…",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ"] = {
    jp="なにしてるの団長さん?私の尻尾を見ながらお月見してるつもり?<br>あのねぇ……お月様にいるのはウサギであってキツネじゃないのよ。<br>綺麗なら何でもいいって……褒めたってモフらせないからね?",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム"] = {
    jp="この季節のお月様って、どうして大きく見えるんだろう?<br>実際の距離や大きさは変わってなくて、そう見えてるだけ?それとも、ちょっとはこっちに近づいてるのかな?<br>むぅ~ん……考えると疲れるから、この辺にしておこ~っと。",
    en=""
  },
  ["キンギョソウ"] = {
    jp="私の直感によると今日の夜は雲一つない快晴。まさに絶好のお月見日和。きっと、いい思い出になるはずだよ、えへっ。<br>直感だけど、これも絶対当ると思うよ",
    en=""
  },
  ["ギンリョウソウ"] = {
    jp="凄い……月って、こんなに明るいんだ。うん、団長さんの顔がよく見えるよ。ほっとする。",
    en=""
  },
  ["ツバキ(フォスの花嫁)"] = {
    jp="団長、もっとこちらにいらしてください。まだ夜は始まったばかりです。ほら、こんなに月が明るい",
    en=""
  },
  ["オンシジューム(フォスの花嫁)"] = {
    jp="月ってどうやって空に浮いてるのかな?魔法でぷかぷか浮いてるのかな?団長はどう思う?<br>カトレアちゃんにお願いすれば、やって貰えるかな~♪",
    en=""
  },
  ["サボテン(フォスの花嫁)"] = {
    jp="月みたいに…ときどき輝くだけでいいかなって、思ってた。普段は隠れててもいいかなって…。<br>でも、やっぱり…いつも、今日みたいな満月でいたい。",
    en=""
  },
  ["ハリエンジュ"] = {
    jp="団長さん、月見団子の届け物だ。それから、飾りだ。<br>ケーキもいいが、こういう時は団子も捨てがたい。時として、別の音を取り入れることも大切だな",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン"] = {
    jp="月に関する伝説が本当かは知らないが、こうやって月だけ見ていると他人事でいいな。<br>毎日月見して過ごせる世界にしたい、お前さんもそう思うだろ?",
    en=""
  },
  ["ススキ"] = {
    jp="は~い!月見団子はみんなに行き渡った?おかわりもいっぱいあるから、団長さんもお腹いっぱい食べてね。",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ"] = {
    jp="うさ耳をフル回転させれば月まで飛ぶ事は可能な気がするうさ。でも、一人じゃなかなか一歩を踏み出すことが出来ないうさ。<br>団長さん私と一緒に月まで飛んでくれる?",
    en=""
  },
  ["ルナリア"] = {
    jp="月は欠けている時があるからこそ、満月が輝いて見えるのです~。いつも満月だったら、こういう風にお月見という物はなかったのかもしれません。<br>人生も同じように、寂しかったり悲しかったりすることがあるからこそ、楽しいことをより楽しめるのではないでしょうか~。<br>月は色々なことを私達に教えてくれるような気がします~",
    en=""
  },
  ["キンレンカ"] = {
    jp="そういえば団長さんは、”月は魔力の源である”という説を知っていますか?<br>この荘厳さを目の当たりにすると、確かに説得力を感じてしまいますね。",
    en=""
  },
  ["ローレンティア"] = {
    jp="団長さん!あの……あたしと、月を見に……ううん!やっぱり何でもない!<br>あのね、みんなで月見に行こうって話をしてるんだけど、どう?",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム"] = {
    jp="っ、ひっく…団長さぁん…っ、私の服装が、バニーガールっぽいって…っ、無理矢理うさみみをつけられてしまいましたぁ…<br>ぃ、今から、ちょっとお餅つきを手伝って来ますぅ…。",
    en=""
  },
  ["ガイラルディア"] = {
    jp="そういえば、月のお姫様はちょーすごい服着てるんでしょ? なんかキラキラした布が、いっぱい重なってるやつ。<br>私も着てみたいんだけど、めっちゃ重たいらしいって聞いてさ、やっぱ無理かもって。あ~、でも着てみたいな~",
    en=""
  },
  ["ユーカリ"] = {
    jp="お団子美味しいね~、団長さん♪ お月見が始まってから、ずーっと食べ続けてるよ?",
    en=""
  },
  ["イチョウ"] = {
    jp="少し不思議な気持ちです。祖父と並んで月を見ていた子どもの頃を思い出します。団長さんといると、祖父といるようです。<br>ただ、祖父と違って、少しだけ…胸がドキドキします。",
    en=""
  },
  ["モミジ"] = {
    jp="団長?どうしてさっきから私を見るのですか? 今日は月を見る日だと聞きましたが……<br>す、少し……緊張してきました……",
    en=""
  },
  ["スズランノキ"] = {
    jp="ふふ、子供たちはこんな風流なイベントでも元気ね。<br>そんな姿を遠巻きに眺めるのも、大人ならではの楽しみ方なのかもしれないわね。",
    en=""
  },
  ["リュウゼツラン"] = {
    jp="しかし、子どもたちは賑やかなものね。甘い食べ物と遊ぶ友人がいれば、世はすべて事も無し、ね。",
    en=""
  },
  ["フォックスフェイス"] = {
    jp="ふぅ……ええ、疲れてなんかないわよ。餅つき程度で、疲れるわけ無いでしょ? ……大丈夫、大丈夫よ。問題ないわ",
    en=""
  },
  ["ランタナ"] = {
    jp="みんなは、ウサギとかカニとかおじさんがいるっていうけどさぁ…<br>私には…うーん…ん~… さかさまになってるちっちゃいマニュにしか見えないなあ<br>もうちょっと色が違ったら、ペポに見えたのにねー。 ざーんねん",
    en=""
  },
  ["ペポ"] = {
    jp="あっ!このお団子の中身、ホクホクのサツマイモです。これはカボチャに変えても、美味しいお団子になりそうですね",
    en=""
  },
  ["リンドウ"] = {
    jp="今日は満月だね!晴れて良かった~。お月見!お月見行くよ~!もちろん、団長さんと二人でだよ。<br>え?まだ準備できてないの?急いで!早くしないと月、欠けちゃうよ。",
    en=""
  },
  ["ペンタス"] = {
    jp="まんまるお月様……キレイですね。団長の隣で月を見ながらソフトクリーム……。<br>きっと格別なソフトクリームになるに違いありません!団長もお一ついかがですか?",
    en=""
  },
  ["エキナセア"] = {
    jp="この…丸くて白いものは何だ?月見団子?これを食べながら月を見上げるのか?ふむ…<br>フフッ…こう見えても茶菓子は大好物なんだ、さっそく頂こう!",
    en=""
  },
  ["ビオラ"] = {
    jp="今夜はお月さまがおっきいですね、ふに~。これだけおっきかったら、兎さんも見えると思ったんだけど、まだ難しいみたいです",
    en=""
  },
  ["ヤツデ"] = {
    jp="月を見ていると気分が高揚するというのは、割とよくある話なんだ。<br>だから……この胸の鼓動も、きっとそういうことなんだろう。",
    en=""
  },
  ["リンゴ"] = {
    jp="あれ、団長さん、もうお餅突くの疲れちゃいましたか?そんな時はリンゴちゃんにお任せあれ!<br>大丈夫ですよ~、訓練で結構鍛えてるんです。",
    en=""
  },
  ["アイビー"] = {
    jp="あぁ……サクラさん……なんてお美しいのかしら……。まるであの満月のよう……。<br>あの方の素晴らしさ、ぜひ絵にでも描き残したいけど……私に少しでも絵の才能があれば……はぁ~……。<br>……って、な、何見てんのよ!?月はあっちでしょ!?今日はお月見なんだから、月を見なさいよ!月を……。",
    en=""
  },
  ["ヤドリギ"] = {
    jp="っ!?物憂げな表情で、月を眺めてる団長、ってのも……な、なんだか、新鮮でいいッスねぇ。",
    en=""
  },
  ["サンダーソニア"] = {
    jp="団長さーん!餅つき大会、頑張ってくださいね!団長さんチームが勝つことを祈ってます!<br>えっ!わ私もやるんですか!?",
    en=""
  },
  ["モミノキ"] = {
    jp="あら?手を伸ばせば、月に手が届きそう……ですか?<br>うふふっ、でしたら私におまかせを。私であれば、届くかもしれません。<br>……なんて、すみません。少し、お酒が回っているようです。",
    en=""
  },
  ["ポインセチア"] = {
    jp="ん~…ムグムグ… 月見団子っておいしいんだけど、あごがつかれるね~<br>ねぇだんちょー! かわりばんこに、マッサージしよー!",
    en=""
  },
  ["クリスマスローズ"] = {
    jp="つきたてのお餅っておいしいですねぇ♪<br>私も雪や氷じゃなくて温かいお餅とお茶が出せたらよかったのになぁ。",
    en=""
  },
  ["ホーリー"] = {
    jp="あれ、団長何してんの?ってそっかぁ、今日は十五夜かぁ……。<br>お月様って不思議だよねぇ。ぜーんぶ見透かしているみたいでさ、まるで団長みたい。<br>だからか嘘つけないっていうか、繕っちゃう自分がバカみたいっていうか……なのに何だか安心しちゃうし。<br>だから団長、来年も二人であの満月見ようね。約束だよ~。",
    en=""
  },
  ["センリョウ"] = {
    jp="月見で一杯、まずは一献傾けようか。なーんてセンリョウは甘酒だけどね。<br>いつかお酒が飲めるようになったら、期待していいよ。",
    en=""
  },
  ["ナンテン"] = {
    jp="月には模様があるじゃない?あれって地域によって見え方が変わって……え?<br>模様がよく見えないですって?ちょっと団長さん、視力が落ちてるんじゃないの?ちょっと診せなさい!",
    en=""
  },
  ["ハボタン"] = {
    jp="おぉ~、団長さんも浴衣を着てきたんだ~。驚いた~、似合うよ、男前だよ団長さん~!これは嘘じゃなくて、本当だからね!",
    en=""
  },
  ["マンリョウ"] = {
    jp="お月見にはお団子ですよね。ですので、団長さんのために真心込めてお作りしてきました。<br>お茶もご用意しましたので、ぜひ召し上がってください。<br>え?私もご一緒していいんですか。ありがとうございます。<br>お言葉に甘えて、団長さんのお隣に失礼致します。",
    en=""
  },
  ["マツ"] = {
    jp="みんな思い思いの楽しみ方をしていて、良いことではあるのですが。<br>しかし団長さんには十五夜本来の魅力を知ってもらいたいです。少し場を離れて、二人静かに月を眺めませんか?",
    en=""
  },
  ["ボタン"] = {
    jp="ほぉ~、つき立ての餅が肴とはまた風情じゃのぅ。相変わらず、催し事には尽力を惜しまぬ連中よな。",
    en=""
  },
  ["ユリ"] = {
    jp="ダーリンのために、お団子作りに参加してきたわ!あなたの好みは、私が誰よりも把握してるもの。<br>月の祝福を浴びながら、愛を感じてね!",
    en=""
  },
  ["シャクヤク"] = {
    jp="団長さん、月見団子を食べませんか?師匠が、お月見には月見団子とお酒が必要と言っていたので。",
    en=""
  },
  ["フクジュソウ"] = {
    jp="月に叢雲、花に風……だなんて言うけどね。あたしに言わせりゃそんな些細なことで陰る魅力は持ち合わせちゃいないのさ!<br>月はもちろんだし、あたしら花もね!",
    en=""
  },
  ["アカシア"] = {
    jp="団長ゴメン!お供え物のお団子…ちょっと食べちゃった。お月見団子だって知らなかったんだよ。<br>代わりにほらっ、おにぎり作ったから、丸いの…一緒に食べよ",
    en=""
  },
  ["ヘリオトロープ"] = {
    jp="最近はお風呂からお月様を見るのが習慣ですですけど、やっぱり今日のお月様は格別ですです~!",
    en=""
  },
  ["ポピー"] = {
    jp="同じ月を団長さんと一緒に眺めて、感じることができる。<br>たったそれだけのことが、私にはとても嬉しく思えるんです。",
    en=""
  },
  ["レインリリー"] = {
    jp="月の裏側って、どうなってるのかなぁ。あんまり人に見られない部分だから、月も気を抜いてるかもしれないよねえ。<br>見えないところも気を使わないと、いつかぼろが出ちゃう。私はそう思ってる。だから私なんかは、誰も見てないときでも、ずっとキメ顔とかしてるよ!<br>団長さんが、急にわたしのこと見てきても、大丈夫! 常にかわいい状態の私だからね♪",
    en=""
  },
  ["ベロニカ"] = {
    jp="ねぇ団長、月見団子を一気に食べて見ない?そうしたらのどに詰まって苦しいでしょう。お願い、苦しむ顔が見たいの!やって見せて!",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン"] = {
    jp="カラフルなお月見団子を作ってみました。風船をイメージして作ったんですよ。<br>……でも……あまりお月見には合わないでしょうか。<br>月の神秘的な輝きには、敵わなかったみたいですね。",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン"] = {
    jp="月を見てると眠くなる。でも、ちょっと寒い。団長の方に寄りかかると、あったかい。うん、そう、この体勢、楽。<br>団長、ちゃんとあっためてくれるから…好き。",
    en=""
  },
  ["ラナンキュラス"] = {
    jp="さて、おだんごでも食べて…って、全部なくなってるしー!<br>だんちょー!? いや、まてよ…? 犯人は……デルフィ!",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ"] = {
    jp="このお月見団子、中々美味じゃ。今度ベルに作らせてみよう。<br>ん?なんじゃ、口の周りについてる?子供じゃあるまいし、そんなわけなかろう。<br>っ、ぅ~~、こんな姿を団長にさらしていたなど…。ベルー、ベルー!",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア"] = {
    jp="良ければ、あの、お月見なんて如何でしょうか。実はそこで団長殿に言ってみたい言葉がありまして。<br>い、いえ、特別な言葉じゃないです。ただ、”月が綺麗ですね”って、それだけなんです。",
    en=""
  },
  ["ニシキギ"] = {
    jp="お月見といえばドキドキ月見団子、ですね。<br>もちろん、一つだけすごーく辛いものがあるんです。<br>にひひ。さっきまでしっとりした雰囲気だったのに、ドキドキしてきちゃいましたね。",
    en=""
  },
  ["プリムラ"] = {
    jp="月ではウサギさんがお餅をついてるなんて、作り話だって、わかってますけど…<br>想像すると…かわいくて、なんだかほっこりしちゃいまよすね。うふふ♪",
    en=""
  },
  ["ロウバイ"] = {
    jp="おだんご、やわらかくておいしいですねぇ。口の中で、ふにふにして……だから、なんで私の胸を見るんですかぁ?",
    en=""
  },
  ["ゼフィランサス"] = {
    jp="団長さんは太陽と月のどっちが好き? 私は燃えるような太陽が好き!<br>でも、月みたいな静かに燃える恋もしてみたいかな~",
    en=""
  },
  ["トリカブト"] = {
    jp="あむ……むぐっ……ん、団長!このお団子、とっても美味しい!<br>これならいくらでも食べられ……ああっ、ちょっと食べ過ぎちゃった……うぅ、これじゃみんなの分、足りない?<br>だったら、わたしが作るの。ちょっと材料は足りないけど平気。<br>倉庫にあったこのハートのマークが描かれてる瓶、これを垂らせばみんなお団子どころじゃなくなって……<br>えっ、ダメ……?あうぅ……。",
    en=""
  },
  ["デルフィニウム"] = {
    jp="んー…お腹いっぱいで眠くなっちゃった……<br>流石にお月見団子を合体させて、「キングお月見団子」にしたのはやり過ぎたかな……うーん…<br>あ、団長、どこ行くの?行っちゃダメだよ?デルちゃんまだ寝てない!<br>…うん、すぐ戻ってくるなら…いいよ……んんむにゃむにゃ……",
    en=""
  },
  ["ローズマリー"] = {
    jp="はぁ…いかん、私ともあろう者が月に見入ってしまった。<br>不老不死を完成させた後は月を解析するのも悪くないかもしれないな。",
    en=""
  },
  ["ミモザ"] = {
    jp="お月様を見てると月に帰ったお姫様の話を思い出しますね。でも、私はお姫様になってもずっと団長さんのそばにいたいです…。",
    en=""
  },
  ["サイネリア"] = {
    jp="団長がいれば、夜の山登りも怖くないです!お月さまが照らしてくれるおかげで、足元も、団長の顔もよく見えます。<br>団長、ずっとニコニコしてます♪ わたしもニコニコー",
    en=""
  },
  ["ホップ"] = {
    jp="うぉ!だーんちょ~!餅つき楽しそうだねぇ!<br>ヒック、えぇ、私もやって良いのぉ!?あはぁ!うっ、うっぷ…ごめ、ちょっと、待って…。<br>うえええ、わだじにもやらぜてよぉ~!",
    en=""
  },
  ["ヘザー"] = {
    jp="あっ、良いところに!どうです?一緒に呑みませんか?<br>ホップやクチナシと月見酒してるのですが、女ばかりではどうにも色気がなくて……さ、どうぞこちらに。<br>ふふ、大丈夫、潰したりしませんよ?",
    en=""
  },
  ["アプリコット"] = {
    jp="だいぶ涼しくなってきましたね。お月見の間眠っちゃうと、風邪をひきますから、注意してくださいね。<br>でも、もし風邪をひいちゃっても、私が治してあげますから、安心してください。",
    en=""
  },
  ["ヨモギ"] = {
    jp="あ~、団長にいっぱいお団子食べられてる~。<br>しょうがないな~、追加のお団子、作ってこよっかな~。",
    en=""
  },
  ["シンクライリアナ"] = {
    jp="お月さまでは、ウサギさんがお餅をついてるの?…すごいの。だから、私たちもウサギさんに負けないようにお餅をつくの!<br>団長さん、わたし、がんばるの!",
    en=""
  },
  ["ナナカマド"] = {
    jp="月って地方によって、いろんな見方があるんですよ?<br>とある国では、悪魔の象徴にされてたりするんです~。ふぇん、こわ~い",
    en=""
  },
  ["アスター"] = {
    jp="月の模様で一番有名なのはウサギだが、団長はあれを何に見立てる?<br>何?ウサギか女性の顔?…おいおい、ここは私の姿を思い浮かべると言うところだろ?<br>月の話は女を口説くのに最高のネタなのに…慣れてないな、ブラザー",
    en=""
  },
  ["カラスウリ"] = {
    jp="月ではウサギが餅つきをしてるって聞くよね?ボクも餅つきをやったことがあるんだ。<br>……えっ?できたのかって?…も、もちろん、ボクは力仕事得意だからね<br>ちょっと、杵がたまたまホントにすこーしだけ、重かったけどね、と、とーぜん完璧にできたよ?",
    en=""
  },
  ["サフラン"] = {
    jp="こうやって二人で月を見ていると、幸せな気分になるわ。<br>月が見られて幸せというより、団長さんと、月を見ているからよね?<br>……夜が明けなければいいのに。",
    en=""
  },
  ["ラッセリア"] = {
    jp="国によって、月の模様の見え方って変わるらしいの。世界中旅して、いろんな角度からお月見をしてみたいわね!",
    en=""
  },
  ["アロエ"] = {
    jp="お月見団子って味薄くない?へへっ、ちょっと物足りないから色々付けて見ようよ。<br>ヨーグルトでしょ、きな粉でしょ、チョコレートもいってみよう~。<br>わぁ~、すっごい!お月見ってなんてグルメなイベントなんだろう。お月見フォンデュだ~。",
    en=""
  },
  ["リリオペ"] = {
    jp="月が綺麗ねぇ。一人で食べるお餅が美味しく感じるくらいに。<br>あ、団長。さっきそこで餅つきをしている花騎士たちがいたわ。わたくしも混ざりたかったわね。",
    en=""
  },
  ["スノードロップ"] = {
    jp="月…綺麗ですね。よく、月は太陽に照らされないと光れない、とか言いますけど、どっちもすごいと思うんです。<br>元々が綺麗じゃなきゃ照らされてもこんな風に美しく見えないなって、私ももっと頑張らなきゃって、そう思います!",
    en=""
  },
  ["サツキ"] = {
    jp="お月様のあの模様。人によっていろいろなものに見えるらしいの。<br>ウサギさんにカニさん、他には女性の横顔とか。あなたには何が見える?良ければ、教えてくれないかしら?",
    en=""
  },
  ["カイコウズ"] = {
    jp="団長さん、見て見て。おっきなお月見団子作ったの! お握りみたいでしょ~? お握りよりももっと大きいよね♪<br>食べきれなかったら、あたしが食べるからいいよ? 二人ではんぶんこすれば、ちょうどいいサイズかな~って",
    en=""
  },
  ["シオン"] = {
    jp="ところで団長。お団子を用意しましたが、如何ですか?<br>いえ、他意はありません!団長はいつも私のことを、気にかけてくださいますから。",
    en=""
  },
  ["リシアンサス"] = {
    jp="あのお月さまには、ウサギさんが住んでらっしゃるらしいです。<br>でも、あんなに光ってる月に住んで、普段まぶしくないんでしょうか…?ちゃんと眠れるんですかねえ…?<br>う~ん…気になります…",
    en=""
  },
  ["イベリス"] = {
    jp="お月見のお団子って甘いんでしょうか?お砂糖入ってないなら私は…。えっ、団長さんが作ってくれたんですか?<br>それなら食べます、食べますよ、食べない訳無いじゃないですか!",
    en=""
  },
  ["ベラドンナ"] = {
    jp="月を眺めるのも良いけれど、貴方には私を見つめ続けてもらわないと困るわね。<br>別に月に嫉妬してるわけじゃないわ。ほら、良い夢見させてあげるわよ。",
    en=""
  },
  ["ワスレナグサ"] = {
    jp="団長さん、今日は月が綺麗だな。もっと月がよく見える場所に、二人で行かないか? そこで何をするって……何もしない。<br>月を見るだけ。ただ二人で月を見ていたいんだ。団長さんとじゃなきゃ、駄目なんだよ。<br>私の好きな団長さんと、同じ景色を見たいんだ",
    en=""
  },
  ["グリーンベル"] = {
    jp="私、改めて思ったのですが、月ってこんなに丸くて大きいものでしたっけ?<br>え?丸くて大きいのは胸の方だって……ひ、ひどいですよ、もう!団長様!",
    en=""
  },
  ["アリウム"] = {
    jp="月ってどこか物悲しいですが、強さと美しさを感じますよね。<br>夜にしか見ることが出来ないのに、あの輝きには強い自信を感じます。<br>悲くない訳でも、悲しみを知らない訳でもない。でも、月は多くの人の悩みを聞いてきた、多くの孤独を見守ってきた。<br>私も、人々の夜を支える美しい月になりたいです!",
    en=""
  },
  ["タチアオイ"] = {
    jp="月は女性の象徴、だそうだよ。<br>自分では光らず、太陽の光を受け止めて綺麗に輝く…。<br>ボクも…ううん、私もそんな淑女になってみせる。楽しみにしててほしいな",
    en=""
  },
  ["アリッサム"] = {
    jp="月が綺麗ですねって言うのはその……禁句でお願いします。団長さんにそれ言われたら私、舞い上がって、甘えてしまうと思うので……",
    en=""
  },
  ["オキザリス"] = {
    jp="お月さまが綺麗ですね。はぁ~、団長さんと一緒に月に行ってみたいです。そしたらきっと、ずっと二人っきりで楽しいはずです。",
    en=""
  },
  ["イヌタデ"] = {
    jp="お、お月さま見てると…な、なんだか体がぞわぞわして……わ、わーーーーーーーーーん!!<br>ん?いい感じ…もう一回!わおおおおおおおおおおおおおおおん!!!",
    en=""
  },
  ["ハブランサス"] = {
    jp="ふと思ったのですけど、お月様には雨が降るんでしょうか?<br>もし降ったら、きっと周りがピカピカ光って、とっても綺麗でしょうね……。",
    en=""
  },
  ["フクシア"] = {
    jp="えっと……もしかして団長、お月見中ずっとフクちゃんのこと抱っこしてるつもり?<br>風が冷たいから暖めてくれるのはうれしいけど……あは、ドキドキして、お月見どころじゃなくなっちゃうよ~。",
    en=""
  },
  ["クフェア"] = {
    jp="いつか、何も考えずに月が見られるといいな。アンタも私も、戦いの事を忘れて。自由な心で月をぼーっと見ていられたら……。<br>っ、早くそういう世界が来るといいな",
    en=""
  },
  ["マンリョウ(ジューンブライド)"] = {
    jp="まだまだこちらの季節に慣れてないと思っていたのに、不思議と肌寒さを感じません。<br>ただ月を眺めているだけなのに……。ふふっ、済みません、違いました。”ただ”じゃないです。団長さんが、隣にいてくださいました。",
    en=""
  },
  ["ハナモモ(ジューンブライド)"] = {
    jp="寒いなら、あたしが湯たんぽ代わりになってあげますわ!<br>これなら、お月見で風邪を引いたなんてことにもならないはず。さ!抱っこですの!団長さま!",
    en=""
  },
  ["オオオニバス(ジューンブライド)"] = {
    jp="団長さんの目……お月様とおんなじくらい綺麗ですね……<br>わたし、もっと近くで見たいです。それに、触ってみたい……<br>今はまだダメですけど、いつか、いいです……よね?",
    en=""
  },
  ["ガザニア"] = {
    jp="団長様と、静かに満月を見上げる。こういうのも悪くありませんね。あの、団長様……もう少し近くに行ってもいいでしょうか?",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス(七夕)"] = {
    jp="あのお月様で、兎たちが燃える想いで餅をついているっす。私も負けてられないっす~~。",
    en=""
  },
  ["カタバミ(七夕)"] = {
    jp="う~ん、お月様のウサギって、あんなところに住んでて眩しくないのかなぁ?<br>私だったらずっと目をつむってないと暮らせそうにないなぁ。",
    en=""
  },
  ["バンテイシ"] = {
    jp="何でだろう、二人でお月見してるだけなのに…なんだか、ドキドキしてる……<br>これ、月の魔力とかかな。それとも……団長のせい…?",
    en=""
  },
  ["ヒメリュウキンカ"] = {
    jp="団長さんと、お月見嬉しいです。えっと……その……えへへっ月が……月が、綺麗ですね、だ、団長さん。",
    en=""
  },
  ["ライオンゴロシ"] = {
    jp="あたしお月様には感謝してるの。騎士学校時代夜通しお勉強するあたしをじっと照らしてくれてたからニャ。<br>大変だったけどあの時お勉強してて良かった。だっておかげで団長の所に来られたんだもん。",
    en=""
  },
  ["カトレア(水着)"] = {
    jp="なによ……月ばっかり眺めて。え?べ、別に、月に嫉妬しているわけじゃないわよ。<br>わ、私のこと見てほしいだなんて一言も、う……うぅ……。",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス(水着)"] = {
    jp="私の作ったお月見団子どうかな?<br>少しだけチョコを入れてみたんだけど、<br>こんなお団子も悪くないよね?",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム(水着)"] = {
    jp="こうやって眺めてると、なんだか月に吸い込まれていきそう。団長、手、握っててもらっていい…。えへへ、ありがと…",
    en=""
  },
  ["プルメリア"] = {
    jp="夜風は身体に毒ですよ、団長さん。<br>プルメリアはあったかいですから、抱っこしながらお月見してください。",
    en=""
  },
  ["スイギョク"] = {
    jp="空に浮かぶ月もいいけど、海に写る月もいいものだ。船での暮らしで気付いたこと、いっぱいあるんだぞ?",
    en=""
  },
  ["イカリソウ"] = {
    jp="あんなに大きくて、手を伸ばせば掴めそうなのに、どうやっても届かない…<br>そういうのに限って、 どうしても欲しいって思っちゃうんだよね~",
    en=""
  },
  ["エニシダ"] = {
    jp="月にいるうさぎは、どうやって月に行けたんでしょう……もしかして、魔法を使ったんでしょうか!?<br>(うーん、今度おばあちゃんに聞いてみようかな。)団長さんは、どう思います?",
    en=""
  },
  ["シーマニア"] = {
    jp="だんご!団子はどこにあるです?う~食べたい!お腹減った!<br>団長さん!私の口に団子を放りやがれです~!全部食べてやるです!",
    en=""
  },
  ["サクラ(エプロン)"] = {
    jp="みんなで笑顔になって、賑やかに。イベントって、そんな風に楽しむものって思ってたの。<br>けど……うふふ、こうやって静かに月を愛でるのも、団長さんとなら、幸せって感じちゃいます♪",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ(浴衣)"] = {
    jp="Wow、ワターシ、moonlightでヘンシンしそうデス。ムムムムッ、ェーイ、もう我慢できません。<br>着物崩れてもイイデース。だんちょーサンを襲っちゃいマス",
    en=""
  },
  ["ウメ(浴衣)"] = {
    jp="やれやれ、どうも良くないな。いつもより酔いが早い。<br>あなたと呑んでいるからか、月に魅せられたからか、それともその両方か。<br>ふふ、まあ、なんにせよ大歓迎だがね。",
    en=""
  },
  ["ビオラ(浴衣)"] = {
    jp="ふに~、団長さんの抱っこ、あったかいです。これなら風邪も引きません。私も団長さんも、元気にお月見できます。ふに~",
    en=""
  },
  ["クレマチス"] = {
    jp="毛布は持ってきてあります。寒かったら言ってくださいね。<br>団長さんが震えてたら私、お月見どころじゃないんです。",
    en=""
  },
  ["キヌタソウ"] = {
    jp="あの、団長さん…こっち…来てくれませんか?毛布を用意してきたんですけど、それじゃ全然足りなくて。<br>団長さんが入ってきてくれないと私、お月見で風邪を引いてしまいそうです。",
    en=""
  },
  ["ホオズキ"] = {
    jp="お月様を見てるとなんだかお腹が減ってくるきぃ。<br>ねぇねぇ主様何か夜食を取って来よう。きっと今なら美味しい物が転がってるはずだきぃ。",
    en=""
  },
  ["サオトメバナ"] = {
    jp="私と月を見たいなど、貴方は物好きだ。もし風邪をひいても責任は取らない。<br>それでもいいなら、まぁ・・・傍らに居てやらぬでもない",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ"] = {
    jp="団長さん聞きましたか?月にはウサギがいるんですって!しかも驚きはこれだけじゃありません。<br>ウサギは月で何をやってると思います?なんとぉ~…お餅をついているらしいです!<br>そ、そんなバカな……あれ?この話ホントなのかな?",
    en=""
  },
  ["ウキツリボク"] = {
    jp="団長、次に言う言葉……当ててあげようか。「月が綺麗だね。」。<br>……ふふ、憶測……だけれど。あなたはボクにそう言うと思うんだ。どう?合ってる、かな?",
    en=""
  },
  ["ナイトメア(カタクリ)"] = {
    jp="今日は晴れてよかったね。お月様もばっちり映って、兎さんまで見えちゃいそう<br>バトルもいいけど、偶にはこう……ゆっくりするのも良いね。",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア(未来への感謝)"] = {
    jp="へへー、団長、知ってる?月の模様ってね、場所によって見え方が違うんだって。<br>カニとかー、女の人の横顔とかー、他にもたくさんあるの!<br>……ええ~?知ってたぁ~!?ほ、ほんとに~?<br>はぁ、ざーんねん。いっつも団長に教わってばっかだし、たまにはアタシからーって思ったのになー。",
    en=""
  },
  ["アネモネ(世界花の巫女)"] = {
    jp="月の光は優しいね。あったかくは無いはずなのに柔らかく包んでくれるような気がする。<br>まるで貴方みたいに……ふふ、少しキザだったかな。",
    en=""
  },
  ["ナデシコ(世界花の巫女)"] = {
    jp="団長さん、お月見の最中すみませんが少し相談が……<br>あの、桃源郷の皆さんから教えていただいたのですが、月に兎が住んでいるというのは本当なのでしょうか?<br>最初は冗談だと思ったのですが、みなさんが同じことを言うので……",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ(世界花の巫女)"] = {
    jp="団長さん?月ばっかり見てないで、あたしにかまいなさい。<br>じゃないと、ひどい目に合わせてあげるんだから。 <br>べ、別に、月に嫉妬なんかしてないわ。ふん!",
    en=""
  },
  ["エウカリス"] = {
    jp="ただ穏やかに空を見上げて、月を眺める。私にもその情緒は理解できます。<br>ええ、確かに熱を感じるような激しさはありませんが、この穏やかさは嫌いじゃないんです",
    en=""
  },
  ["フジバカマ"] = {
    jp="月にはウサギがいるらしいですが、いったい誰が確認したのでしょうか?<br>集中して月を見詰めていたら、その姿を確認できるでしょうか?<br>うう~ん、鍛錬が必要そうです。<br>……えっ?団長殿、なぜ笑うのですか?変な事でも言ってしまったのでしょうか……?",
    en=""
  },
  ["ツキトジ"] = {
    jp="う~~ん、違うし、団長~。そういう意味じゃ……。はぁ!はぁ…、夢かぁ……。今ね、団長から「月が綺麗だね。」って言われたから、<br>私、死んでもいいって答えたし、そしたら団長、いきなり慌て出したし…。",
    en=""
  },
  ["ハギ"] = {
    jp="お月様には、何度も元気付けられてる。こうゆう行事の日だけじゃなくても、みんながお月様の頑張りを見詰めててくれたら嬉しいな!",
    en=""
  },
  ["ツユクサ"] = {
    jp="月は、私の一番の友人のような存在……いつも私を支えてくれる。<br>月を感じない日は、私にとってはないのです。ふふっ。",
    en=""
  },
  ["カルセオラリア"] = {
    jp="雨が降らなくて良かったですね、だんちょーさま。<br>雲が出ちゃってたら、こうして一緒にお月見できませんでしたし、一緒にお団子も食べられませんでした。わたくし、お空に感謝です♪",
    en=""
  },
  ["アカンサス"] = {
    jp="何年も、何十年も……いいえ、もしかしたらきっともっと前から。月は変わらずあそこにあり続けているのでしょう。<br>消えず、汚れず、この先もずっと。わたくしも、いつかそんな作品を作ってみせます。団長さん、見ていてくださいね。",
    en=""
  },
  ["シロタエギク"] = {
    jp="月には一体何がおるんじゃろうなぁ?わっちには、ウサギに見えるのじゃが…。<br>あちこちで聞くと色々あったのじゃよ。虫に見えたとか、お婆さんに見えたとか、人の顔に見えたとか。<br>まだまだ知らない事がいっぱいあるんじゃのう。",
    en=""
  },
  ["ストレリチア"] = {
    jp="見事な満月ね、なかなかに美しい輝きだわ。<br>ま、このストレリチア様の女王の輝きには敵わないでしょうけどね。",
    en=""
  },
  ["ハゼ"] = {
    jp="団長さー、なにかして欲しいことない?寒くない?お腹すいてない?あたし、なにか持ってこようか?<br>なにもしないでお月見なんて……う~ん、耐えられないよぉ~、なにかさせてよぉ~。",
    en=""
  },
  ["コキア"] = {
    jp="お月さんのウサギさんって食いもんはどうしてるんですかねぇ?<br>自分で百姓やってたりするんでしょうか。",
    en=""
  },
  ["シャボンソウ"] = {
    jp="月の兎って、ちゃんと友達いるのかな?お仕事かもしれないけど、もしひとりぼっちだったら悲しすぎるよ…。<br>そんなんじゃ、美味しいお餅なんて作れないに決まってる!雇用主の怠慢だね。 もし訴えるなら、私、弁護してあげなくっちゃ。",
    en=""
  },
  ["メイゲツカエデ"] = {
    jp="んんっ……ちょ、ちょっと、そんな抱きしめなくてもいいってば。んっ、確かに風、少し冷たいけど、別にくっつかなくもお月見はできるでしょう。<br>あぁんっ、もう。わたしがあなたに甘えちゃったらどうするのよ? いいの? お月見どころじゃなくなるわよ……そういう覚悟……あるの?",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ(ハロウィン)"] = {
    jp="うふふっ団長さん月よく見えないうさね。わたしの耳邪魔うさ?<br>だけど抱っこされてるんだから顔に当たっちゃうのはしょうがない事うさ。<br>潔く今夜のお月見は諦めて、うふふっ代わりに抱っこしているウサギの方をずーっと見てればいいうさ。",
    en=""
  },
  ["ニゲラ"] = {
    jp="お月見しながらゴロゴロするのはあり? きっとみんな、月にいるウサギと一緒に踊る夢を見る……。<br>なんだか、とっても素適だと思う……。団長も一緒に踊ろ?",
    en=""
  },
  ["シャクヤク(ハロウィン)"] = {
    jp="お月様にいるうさぎさん、どうしてお餅なんてついてるんでしょう?<br>う~ん?うぅ~ん?あぁ!そうか、私判りましたよ団長さん。筋トレです!背筋とか、いろんなとこ鍛えてるんです!<br>きっと、かなりの負荷のはず…す、凄いです、うさぎさん!",
    en=""
  },
  ["ブルーエルフィン"] = {
    jp="こうやってお月さまを眺めてると、なんだか吸い込まれちゃいそう…。<br>だ、団長!私が浮いていったら、ちゃんと捕まえてね!<br>手が届かないくらい空に昇っちゃったら、エニシダを呼んでね!",
    en=""
  },
  ["キウイ"] = {
    jp="んん~…んんん~っ!月だけじゃなくてっ、あたしのほうも見ーてーよー!そうしてくれないと…あたしっ……また折れちゃうよ?泣いちゃうよー!",
    en=""
  },
  ["パイナップル"] = {
    jp="団長?一緒にお月様眺めてくれるのは……ええ、嬉しいわ。けど……たまにはこっちも見てくれなきゃダメ!<br>一緒に見てるんだもの。もっと感想とか色々お話ししたいわ。<br>見惚れてるのは私もそうだけど……ずっとなのは……んぅ……寂しいの!",
    en=""
  },
  ["ビワ"] = {
    jp="お月様の光…浴びてると、いつもより秘密、沢山打ち明けたくなります…!だからビワは、とっておきの秘密、打ち明けます…!<br>団長。月が…キレイ、ですね。ふっふっふー…団長の目、お月様みたいにまんまるです",
    en=""
  },
  ["ミカン"] = {
    jp="お月見、お姉ちゃんともよくやりました。<br>親が仕事ばっかりでいつも姉妹2人きりでしたけどそれでも、うん楽しかったんです。",
    en=""
  },
  ["モミジ(クリスマス)"] = {
    jp="月の兎さん、お餅つきをしているん…ですよね?それも毎日、休む事なく。<br>あの動作はかなりの負荷のはず。きっと腕も背筋も鍛え抜かれていてそれはもうとてつもない膂力を持っているんでしょう。<br>率直に言って興味があります。是非一戦、お手合わせ願えないでしょうか?",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン(クリスマス)"] = {
    jp="ん……付き合ってくれて、ありがと。団長と2人っきりお月見、どうしてもしたかったから。<br>仕事、まだ残ってたのに迷惑かけてごめんなさい。お詫びにこの後はあなたの方を幸せにしてあげる。<br>大丈夫、月しか見てないから。普段は恥ずかしくて言えない事でも、ぜーんぶ私が叶えてあげる。",
    en=""
  },
  ["ポーチュラカ"] = {
    jp="お月見のお供は団子に尽きるんだよ。団長もそう思うでしょ?<br>でも他に合う物もあるかな~? 考えてみよっか。ム~ン、どうだろう、お月見だけに…、ム~ン。",
    en=""
  },
  ["ワタチョロギ"] = {
    jp="夜のお月見ですけど、えぇ怖くないですよ。<br>月がこんなに明るいですしウーもリーベもトニーもそれに団長もいます。<br>みんな一緒寂しくないし怖くもないんです。",
    en=""
  },
  ["アプリコット(クリスマス)"] = {
    jp="好きな人とゆっくり夜空のお月様を眺める、素敵な時間ですよね。<br>こんな平和な夜が毎日続いてほしいです。団長さんもそう思いませんか?",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム(クリスマス)"] = {
    jp="月の模様が、女の横顔に見えるって地方もあるらしいわー。<br>ってことで団長さん、今から誰の顔に見えるかで遊びましょ?これだけ綺麗なんだから相当な美人に見えるはず!<br>……え?あたし?い、いきなりそういうの……ダメって言ってるでしょー!?",
    en=""
  },
  ["クリスマスベゴニア"] = {
    jp="こうやって一緒に毛布に包まってれば、お月見してもかぜは大丈夫、なのです。<br>団長様温かいですか?",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ(クリスマス)"] = {
    jp="だ、団長どうじゃ?あ、いやその……満月を見ると男は変身すると、興奮したりはせぬかと。<br>よ、よいからな、もしそうなってもわらわはこ、拒みはせぬ。<br>そなたならそなたであるなら、わらわの気持ちは変わらぬのじゃ。",
    en=""
  },
  ["スキミア"] = {
    jp="団長さん、月見団子を持ってきました。わたしの手作りなんですけどお口に合うでしょうか。<br>あ……美味しいですか?良かったです。このお団子ベルガモットバレーで習ったレシピで作ったんですよ。",
    en=""
  },
  ["オキザリス(新春)"] = {
    jp="団長さん、月がよく見えるところに行きませんか?そこで、月見だんごとロールキャベツを、私と一緒に食べましょう!<br>何で、ロールキャベツかって?私、ロールキャベツ大好きなんですよ!えへ♪",
    en=""
  },
  ["ユズリハ"] = {
    jp="オリーブと一緒にお月見をしていたら、途中で膝枕をねだられちゃったわ。<br>ううん……大丈夫よ。もう寝かしつけたから。<br>……どう?団長さんも、私に膝枕されながらお月見してみる?",
    en=""
  },
  ["アイビー(新春)"] = {
    jp="はむ…んむ…あむ…むぐ…むぐ?うぶぅ!んむぅ…!んぐ…ん…ん…んんー!んんーー!<br>…っぶはぁ!…はぁ…はぁ…はぁ…危なかったわ…お団子…はぁ…。<br>…んぐぅ…食い意地張るの、やっぱり良くないわね…。団長さんが背中とか胸とか叩いてくれなかったら今頃…。<br>あれ…?!む…ね…(胸)?!ちょっ!!何してくれてるのよー!!!",
    en=""
  },
  ["オリーブ"] = {
    jp="月には、うさぎさんがいて、お餅をついてるんだって。<br>……え? それは嘘? ただの迷信……むぅ、そんなことはない。 だって、ユズリハが言ってたもの。",
    en=""
  },
  ["ローダンセ"] = {
    jp="黙って満ち欠けを繰り返す月。<br>まるで、何度も何度も完璧を目指そうとしてるみたい。そう思うとなんだかすごい好感がもてる気がします。",
    en=""
  },
  ["セリ"] = {
    jp="お月見かぁ…懐かしいな。実家では、この時期はよく、月見そばを食べていた。<br>卵なんて買えなかったから、夜空の下でかけそばを食べて、丼に月の形を浮かべていただけだけどな。",
    en=""
  },
  ["ユキノシタ"] = {
    jp="月にいるウサギも大変だよね~。ペッタンペッタン餅を突いて、私達がこうやって眺めてるからサボる事もできない。<br>うっわぁ考えただけでメンドクサそう、私には絶対無理だな~。",
    en=""
  },
  ["ゴギョウ"] = {
    jp="賑やかなお月見もいいですが、静かなお月見もいいですよね。静かな夜、丸いお月様をじっと見つめていると、<br>心がすーっと休まる気がするんです。…あの、団長さん、一緒にお月見どうですか?",
    en=""
  },
  ["ハコベラ"] = {
    jp="ハコたん、夜はすぐ眠くなっちゃうから、お月さまあんまり見られないんだけど……団長おにーちゃんと一緒なら、起きてるからね!<br>だから……いっしょに……みよぉ…ね……くぅ……すぅ……",
    en=""
  },
  ["アナベル"] = {
    jp="そういえばさぁ、『月が綺麗』って言葉には『あなたを愛してる』って意味もあるらしいね。<br>なので団長様。月が綺麗ですね! あ、その顔、やっぱあれ? 情緒がないとか思っちゃう? いいじゃんいいじゃんそんなの、団長様こだわり過ぎ!",
    en=""
  },
  ["プロテア"] = {
    jp="リリィウッドの森には月の光が差し込んでとってもきれいに見える場所があるんです。<br>昔はリカステちゃんと私の秘密の場所だったんですけど、今ではキリンソウさんやオトメギキョウちゃんと一緒に行くんですよ。<br>団長さんも今度一緒に行きませんか?",
    en=""
  },
  ["オトメギキョウ"] = {
    jp="リリィウッドは森が多いから、あんまりお月さまって見えない場所が多いかなぁ。<br>でも、木々の隙間から射し込む月の光って、とってもきれいなんだよ!<br>この前、リカステさんに連れて行ってもらったところもすっごく幻想的で、感動しちゃったぁ~!",
    en=""
  },
  ["キリンソウ"] = {
    jp="リリィウッドの森でお月見?ああ、この間リカステの案内で行ったやつか。確かに、あれは美しかったな。私としたことが一瞬見とれて、警戒がおろそかになってしまった。",
    en=""
  },
  ["リカステ"] = {
    jp="お月見……ですか? リリィウッドには、私お気に入りの秘密の場所があるんですよ。<br>この季節になると、綺麗な月の光が射して、とっても幻想的な雰囲気になるんです。<br>そうだ! 団長さんも今度は、一緒に行きましょう?",
    en=""
  },
  ["オニユリ"] = {
    jp="あっ…月が雲に隠れて…むむむ、猪口才な…。団長さん、雲を消すため魔力を開放します、少し離れて。<br>……え?「一緒に待とう」? …そ、そうですか…では、そうします。",
    en=""
  },
  ["ハートカズラ"] = {
    jp="お月見しながらのお団子、最高だよね。めっちゃ美味しいわ。<br>あ、団長さんも食べる?っていってももう無いんだけどねー。残念でしたー。<br>よし、ないなら作ろう団長さん、今から団子パーティーだ!",
    en=""
  },
  ["カカオ"] = {
    jp="ほー、やはり夜は肌寒くなってきましたねぇ。<br>えっ?ここに座れって、うわぁ、だ、団長さんなにするんですかぁ、カカオはもう大人ですから団長さんのひざの上には、、、<br>ふぇぇ団長さんにこうして後ろから抱きしめられるとなんだか安心しますぅ",
    en=""
  },
  ["カキツバタ"] = {
    jp="月見団子、いかがですか?あ、その前に毒見をしなければ。<br>では…半分は私が毒見して…残り半分は…はい、あーん。<br>って…ノリノリですね、団長様。",
    en=""
  },
  ["ハス"] = {
    jp="ロータスレイクにいた頃もお月見をしたものだが、地上で行う月見とは全く違うな。<br>この涼風は心地よい。卿にとっては当たり前のことであろうが、私には特別だ。今宵は忘れられない夜になりそうだ",
    en=""
  },
  ["ラミウム"] = {
    jp="一夜の恋もしするならこう言う月が出ている下で団長くんと静かに……<br>ふふっ何でもないわ、それよりお月見団子を食べましょ。",
    en=""
  },
  ["オナモミ"] = {
    jp="月の模様はその人の心の有り様を映すと聞くわ。ねえ団長。あなたの目には何が見える?<br>私には……はっ!あれは私に襲いかかる団長ね!欲望のままにドレスを剥ぎ取り……む、むぅー!<br>ぷはぁ!最後まで言わせなさいよ!",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア(ゴシックメイド)"] = {
    jp="ヒメ様にも負けないくらい綺麗な月が昇っています。きっと沢山の人が魅了されているんでしょう。",
    en=""
  },
  ["ニチニチソウ"] = {
    jp="お……お月さまに掛けた愛の告白があるらしい……です。<br>……団長さま……つ、月が……<br>ああ~~っ、駄目、駄目です!いくら言い換えても、こんなとこでなんて言えないです!",
    en=""
  },
  ["フリージア"] = {
    jp="お団子をたっくさん作りましたよ~!<br>ふぅ~、大変でしたけど、団長さんに褒めてもらえることを考えたら…エヘヘ、あっという間でした!",
    en=""
  },
  ["モルチアナ"] = {
    jp="月を映して一献。風流で……なんだかいつもより、酔ってしまいます……。それに……こうして御一緒して頂けるなんて……私、本当に嬉しくて……。<br>ねぇ、団長様? 月が……とても綺麗ですね……。",
    en=""
  },
  ["アンリ(バイカカラマツ)"] = {
    jp="こうしてのんびり満月を眺めていると、害虫との戦いが嘘のようですね。<br>ふふっ、大丈夫です。また朝になれば、私は全力を尽くして戦いますので、ご心配無く。",
    en=""
  },
  ["ピラカンサ"] = {
    jp="吸い込まれそうなほど綺麗な月…って。随分ポエムチックだなぁなんて思ってたけど…。<br>なんでだろ? 今は本当にそうって思っちゃってるよ。",
    en=""
  },
  ["クルクマ"] = {
    jp="こうして月を眺めていると、向こうまで行ってみたくなりますね。<br>……本気じゃないですよ?流石にあそこまでは、根性だしても、行けそうにないですから。",
    en=""
  },
  ["イモーテル"] = {
    jp="一緒にお月様を眺めていると、気持ちが昂ってくる。<br>まるで、引力に引かれてるみたいに……ああ、吸い込まれそうだよ、団長。<br>頼む。この体、ちゃんと抱き留めておいてくれ。",
    en=""
  },
  ["リンデルニア"] = {
    jp="昔……病院で暮らした頃は、よく月を見ていました。 でも、窓の鉄格子の向こうの月は、すごく小さく見えて。 こんな風に、大きくは見えませんでした。<br>ふふっ……綺麗です、本当に。",
    en=""
  },
  ["コデマリ"] = {
    jp="お月さまは、ごつごつした砂糖菓子みたいな味がするって、教えてもらいました!…ちょっと齧ってみたいなぁ。<br>団長さま、もしお月さまに行くチャンスがあったら、私も連れて行ってくださいね?",
    en=""
  },
  ["オジギソウ"] = {
    jp="月の満ち欠けって不思議ですよね~。私は満月よりも三日月が好きです。だって良いベッドになりそうだって思うんです。<br>あのカーブのところで、こう、リクライニングチェアみたいに~。",
    en=""
  },
  ["エルダーフラワー"] = {
    jp="あそこのウサギたまには休めてるのかな?<br>いくら仕事だって言っても四六時中じゃ疲れちゃうよね。",
    en=""
  },
  ["ピンポンマム"] = {
    jp="この月見団子、Lekker!スイーツならアップルボールが大好きだけど、こういう控えめな美味しさも良いわね、うふっ♪",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン(イースター)"] = {
    jp="まんまるなお月様ほんとに綺麗。ゆったり眺めていると、雰囲気に酔っちゃいそうですね。こんな日に団長さんと二人っきりでいられて幸せです。<br>今日なら、いくらでも触ってもいいですよ、わたしの……、うふふっ♪",
    en=""
  },
  ["リムナンテス"] = {
    jp="リムちゃんも月見団子つくったですぅ♪ ただの月見団子じゃないですよ?<br>甘いのから激辛まで! いろいろ入った楽しいお団子なのですぅ♪",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム(イースター)"] = {
    jp="月にもここにも、兎さんがいますね。<br>団長さんは、どっちの兎さんがいいですか?月の方って言われたら、泣いちゃうかも…ぐすっ",
    en=""
  },
  ["マネッチア"] = {
    jp="月見酒ぇ~…ヘヘ……ヒック……楽しいですねぇ……。<br>…わらしぃ、何杯でも飲めちゃいそうでぇ…、んぅ?あぁ~、お酒こぼしちゃいましたぁ…。<br>ほら、胸のとこにぃ。……あれ?……見つめちゃってどうしたんですぅ?<br>……まさか、飲みたい…?うっふふ、どうなんですかぁ?おしえてくださいよぉ~。",
    en=""
  },
  ["エノコログサ(花祭り)"] = {
    jp="お月見泥棒って知ってるかにゃ?お月見のお団子をいっぱいタダで貰えるんだって。<br>ちょっと興味があるから、出かけてくるにゃ。",
    en=""
  },
  ["カカリア"] = {
    jp="なんかさーこっちのお月さんって柔らかくない?ウィンターローズのお月さんはもっとこう、キンってしてるし、光もつららみたいな感じがするし…<br>あれ?団長、首傾げてどうしたの?あたし、変なこと言った?",
    en=""
  },
  ["ランタナ(花祭り)"] = {
    jp="はううう……なんだか苦しい!<br>まさか月の光を浴びて、なんかそれっぽく進化するのかー!?<br>そしたらランタナも、かき回す系女子を卒業でき……うぅぅ~<br>……はっ! これ違うわ! ただおなか冷やしてゆんゆんするだけだ!<br>なるほど納得……じゃなーい! 急げっ約束の地へ!!",
    en=""
  },
  ["スイートウィリアム"] = {
    jp="ふっ……ふふふ♪ いい月夜だね、団長君。空から注ぐスポットライト! 吹いて流れる凛とした風! 私もう我慢ができない!<br>さあ、踊ろう! それこそがきっと、あの月への返礼となる!",
    en=""
  },
  ["アキレア"] = {
    jp="あー……団長。ルドベキア、見なかったか?ニリンソウと月見酒してたら、「あたしも混ぜてー」って来てよ。<br>「まだ早いから、今夜は他のやつと遊んでろ」って言ったら、泣いて飛び出して行きやがった……。",
    en=""
  },
  ["ルドベキア"] = {
    jp="ぅうぅわぁ~!!アキ姉に追い出されたぁ~っ!なんでニリンソウさんはよくて、アタシはダメなの!?<br>月を見ながら…お酒なんて…うぅ…ぐぅ~!<br>団長!あたしにお酒を教えて!飲めるようになったら、アキ姉とお月見できるもん!教えて教えてぇ!",
    en=""
  },
  ["マロニエ"] = {
    jp="モテカワヒロイン宣言曰く男は狼!襲われないように要注意、だそうだ。それを読んで同時に思い出したのが月の光を浴びて人から獣になるという<br>おなじみの伝承パターン。まあ、団長が変身するのは獣ではなくケダモノといったところかな。",
    en=""
  },
  ["ニリンソウ"] = {
    jp="静かにまったりとお月見……ね。悪くないわ~。けど……それだけじゃつまらないって思うの。仕事は終わってるのだし、どうせなら、気障な台詞位下さいな。<br>例えば……んふ♪ 「月より、私のほうが綺麗」とか?",
    en=""
  },
  ["パキラ"] = {
    jp="お月見といったら、ウサギさんも欠かせないよね?<br>ここはあたしがウサギさんの代わりになっちゃおう!ぴょんぴょん♪<br>えへへ、どう?団長様。雰囲気ちゃんと出てる?",
    en=""
  },
  ["リシマキア"] = {
    jp="お月見団子、いっぱい作ってきましたよ~。あ、そっちはみなさんへ配るものですから、ダメです。<br>団長さんのは、こっちのわたし特性のお団子ですよ。さぁさぁ、早く食べてみてください!うふふっ♪",
    en=""
  },
  ["セルリア"] = {
    jp="月が凄く綺麗ですね…。中秋の名月と呼ばれるくらいですから、当然でしょうか。<br>因みに、月が見えなくても、無月や雨月といった呼び方があって、ちゃんと風情を楽しめるようになってるんですよ",
    en=""
  },
  ["コマチソウ"] = {
    jp="月なんて見るより、害虫追いかけてた方が楽しい♪ なーんて、そんな事言わないよ?<br>だって……えへへ。団長が一緒にいてくれるんだもん♪",
    en=""
  },
  ["ネリネ(ジューンブライド)"] = {
    jp="あむ…むぐむぐ…ん、んー。お団子美味しいですねー。あ、団長さんもお口あけて下さい!えへへー、大きなお口ですー。はい、どうぞ、あーん。",
    en=""
  },
  ["ヨメナ"] = {
    jp="お月見団子の準備、ちゃんと出来とるよー。団長ちゃんの命令やさかい、張り切って作ったで~♪<br>疲れが取れる香りも付いとるから、のんびり食べてなー",
    en=""
  },
  ["スイレン(ジューンブライド)"] = {
    jp="お月見のお団子は、健康と幸せを願う縁起物ですから。ご主人様のことを考えてたら、つい作り過ぎてしまいました。んふっ、後で食べるの手伝ってくださいね。",
    en=""
  },
  ["ブバルディア"] = {
    jp="こんな静かな夜くらい、みんな怪我や病気のことを忘れて、穏やかな気持ちで空を見上げてくれたらなぁ……。<br>キミも、そう思うよね?",
    en=""
  },
  ["サンデリアーナ"] = {
    jp="月光が照らすは悪の影!暴虐の化身許すまじ!<br>無限万武槍サンデリアーナ見参!シャキーン<br>うん、悪くないね。月をバックに登場する時はこの口上でいってみるアル",
    en=""
  },
  ["カレンデュラ"] = {
    jp="皆さんお餅をついて騒いでました。お餅を喉に詰まらせないか、心配です……<br>団長さんも美味しいからって……気を付けてくださいね?",
    en=""
  },
  ["リンゴ(七夕)"] = {
    jp="一緒のお月見、とっっっても嬉しいです、団長さん!嬉しすぎて…嬉しすぎて、私は、さっきから胸のポカポカが止まりません!<br>もっとポカポカさせてください!えへへっ。きゅぅーん。",
    en=""
  },
  ["ペンステモン"] = {
    jp="んっ…。あっ、団長さんには、変なポーズにしか見えないわよね。これはヨガのポーズ。<br>月がすごく綺麗だったから、いつもより効果があるような気がして。うふふ。やってみたい?苦しいかもだけど、それでもいいなら教えてあげるわ。",
    en=""
  },
  ["ハバネロ"] = {
    jp="団長さん、ここに合ったお団子を知らないかい?<br>なにぃ!? 花騎士たちにっ!? いけないっ、あれは憲兵隊が毎年私に食べさせようとする、媚薬入りのやつなんだっ。",
    en=""
  },
  ["ホトトギス(水着)"] = {
    jp="今夜は、兎さんの模様が綺麗に見えますね。頑張ってお餅を搗いてるって思うと、可愛いです。<br>私も手伝ってあげたくなっちゃいます!",
    en=""
  },
  ["バイカモ"] = {
    jp="ロータスレイクの水中都市は湖の中にあるカモ。<br>だからお月さまを見上げるととってもふわふわ~って感じになって、こことは違う感じで綺麗カモ!<br>お魚さんたちと一緒によく見てたカモ!",
    en=""
  },
  ["ススキ(水着)"] = {
    jp="お月様のウサギだけじゃなくて、私の事もちゃんと見てよー!<br>目を離してると、イタズラしちゃうかもなんだから!",
    en=""
  },
  ["ギンバイソウ"] = {
    jp="ハサミとノリで、ちょきちょきぺたぺた♪ 特性お月見セット♪ 紙だけど雰囲気あるよねー♪<br>さっ、団長ちゃんも作ってみよう? 大丈夫、私が教えてあげるって~♪",
    en=""
  },
  ["フェンネル"] = {
    jp="パパとママもきっと今月を見てるわよね。娘がこんな立派になってるって知ったらどんな顔するんだろう。<br>……ねぇ団長?今笑わなかった?笑ったわよね!否定したって無駄よ、お月様も見てるんだから!",
    en=""
  },
  ["クレソン"] = {
    jp="ムッシュムッシュ、ワイン用意してるんだけど一緒に飲まない?料理用じゃないんだよ、私がこっそり買ってたヤツだから極上品!<br>…ん?騎士団の経費で買ったのかって?…それは…トストしてからにしようか。",
    en=""
  },
  ["クコ"] = {
    jp="風、冷たい 団長、プルプル? クコ、知識有 お酒、推奨 持参 クレソン、隠してた クコもご相伴♪ んぁ……だ、団長? 疑問、疑問! クコのグラス奪取 如何なる理由? クコ、飲酒 ダメ?",
    en=""
  },
  ["モケ"] = {
    jp="団長!モケが餅をつくのだぜ!ペッタンペッタンするモケの雄姿、その目にしかと焼き付けるのがいいのだぜ!",
    en=""
  },
  ["ハゼラン"] = {
    jp="お団子、生菓子と違ってもっちりしてるけど、けっこう好きなんだ。<br>終わったら食べていいかな?別に食い意地が張ってるんじゃないよ?好きだから、言っただけ。",
    en=""
  },
  ["オミナエシ"] = {
    jp="皆が寝静まったら、晩酌の用意もしてあります。今夜も付き合いますよ、団長さん。",
    en=""
  },
  ["カウスリップ"] = {
    jp="月ってさ、二つ並んだらおっぱいだよね? アタシより爆乳とか、マジパないわ~。<br>でも、片乳だけだし、あたしの勝ちでいいんかな? おっぱいは、基本的にセットで数えるもんだしねー。",
    en=""
  },
  ["ミスミソウ"] = {
    jp="月を見ていると、アネモネさんのことを考えてしまいます。静かで、凛として、綺麗で。<br>……私とは正反対です。",
    en=""
  },
  ["ロベリア"] = {
    jp="月見なんて宴会をする口実でしょ?……でも、それが悪い物だとは思えないわ。今夜の満月は本当に素晴らしいんだもの。",
    en=""
  },
  ["アネモネ(光華の姫君)"] = {
    jp="月のうさぎは、どうしてお餅ついてるのかな?誰かに食べて欲しい、とか?私が作るなら貴方のためにって思うから、そう考えちゃうよ",
    en=""
  },
  ["シクラメン(光華の姫君)"] = {
    jp="だ、だんだん、肌寒くなってきました、よね?なので、あの…。お月見は…くっついた方が、良いと、思います…。<br>例えば、私、なんかと…ご、ごめんなさいごめんなさい!出しゃばりました~!!",
    en=""
  },
  ["カトレア(光華の姫君)"] = {
    jp="そんなに見たいなら、見やすい位置まで引き寄せてあげてもいいわよ。<br>それこそ手の届くぐらい近くに。ふふ、冗談よ、冗談。<br>いくら私でも星には届かないわ。だからあなたも手の届く範囲で、我慢しときなさい。",
    en=""
  },
  ["ミズバコパ"] = {
    jp="月の兎はお餅をぺったんぺったんするって聞いたおー?ミズも練習すれば、お餅ぺったんぺったんできるようになる?<br>本当!じゃあミズ、頑張って練習するー!",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ(成長する軍師)"] = {
    jp="お月さまの下で、ボードゲームも興味ある。……お団子を食べなら指すと、いい手が断じて閃きそうです?<br>ご主人、モコウの提案……受けて見る?",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン(成長する陰謀)"] = {
    jp="お月様の光はいいですねぇ……。この光なら、ずぅっと浴びてもいいくらいです……<br>そう言いつつ、傘を手離さない私ですみません……",
    en=""
  },
  ["ミント(成長する美徳)"] = {
    jp="月見台の上に、お団子を乗せて……お供え物の準備もしっかりしておきました。今日は、ゆっくりとお月見を楽しみましょう",
    en=""
  },
  ["ホシクジャク"] = {
    jp="団長さん、この月見団子おいしいね!もちもちして、大好きなポン・デ・ケイジョみたい。<br>まだいっぱいあるの? えへっ、やったー!",
    en=""
  },
  ["イフェイオン"] = {
    jp="確かにお月様は綺麗だけど…だからってボーっとしちゃダメ。いきなり害虫が出てくるかもしれない。<br>わたしが傍にいるからって…気を抜いたりしないように…。",
    en=""
  },
  ["ホップ(温泉浴衣)"] = {
    jp="お?眠いの?団長。私は月を見ながら一杯やってるから~。だから……ね、眠いんだったら~、膝枕してあげても、いいよ?",
    en=""
  },
  ["エノテラ"] = {
    jp="どんなものでも、月と一緒です。<br>人も月、害虫も月、あなたもエノテラも、全てがそうです。<br>綺麗なだけ、汚いだけのものなんて、どこにもありません。",
    en=""
  },
  ["スズシロ"] = {
    jp="そういえば、ムーリーの錬成に成功したのも、こんな満月の日でした。<br>わたし、魔法は専門外だから大変でした。あの時も沢山勉強したなぁ。",
    en=""
  },
  ["ワルナスビ"] = {
    jp="クククッ、素晴らしい出来だ。至高の月見団子を頂戴せんが為、すり替え用の偽団子をラークスパーと作っていたのだが、<br>ふふん。美味しすぎて、すり替えても気付かれないかもな。え? それならその団子を食べればいいって? あっ、あれぇ!?",
    en=""
  },
  ["ラークスパー"] = {
    jp="団長っ。はい、月見団子ですぱー! 美味しーい? ふふ、当然ですぱ! <br>ワルナスビ様渾身の、手作り月見団子すぱー!!<br>本物の至高の月見団子とすり替えても、わからないほどの味ですぱー♪",
    en=""
  },
  ["ストレプトカーパス"] = {
    jp="ふふっ、満月の夜は明るくて、実に調査がしやすいな。だが、これは悪人にとっても同じこと。<br>悪事を企む者も動きやすいから、人通りが少ない場所を歩くときは注意が必要だぞ。",
    en=""
  },
  ["ニワゼキショウ"] = {
    jp="わぁぁ~……お月さん、びゅーてぃふるだね~!団長どのと一緒に見られて、ニワちゃんべりーはっぴーだよ~♪",
    en=""
  },
  ["ヤクノヒナホシ"] = {
    jp="満月、木々の音、静かな夜。あっ、新メニュー、降りてきちゃう~。<br>はぁ、ヒ、ヒーちゃんの中に、はぁ~。",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン(ハロウィン)"] = {
    jp="月の光は、まるでルナリアみたいね。優しくて、純粋で明るい。空になくてはならない存在よ。<br>だから、もしも月を覆い隠す雲があるなら、私が払ってみせる!",
    en=""
  },
  ["アルテミシア"] = {
    jp="私は魔女……魔術が生業の女。こんな綺麗な月の下にいたら、身体がゾクゾクして……うふふふっ……♪<br>ね~え、団長? 責任、ちゃーんと取ってくれるのよね?",
    en=""
  },
  ["デージー(ハロウィン)"] = {
    jp="お月様は凄いのだ。夜なのに明るいのだよ。<br>夜に迷子になってもお月様を見れば、きっと安心できるのだ。デージーはお月様に感謝なのだよ。",
    en=""
  },
  ["スズナ"] = {
    jp="月光浴は身体にいいそうですよ。お月さまからパワーをもらうと身体の調子が良くなるって聞きました。<br>善は急げです、早速お供え物を用意してお月見をしましょう。",
    en=""
  },
  ["ネモフィラ"] = {
    jp="あのお月さまにはウサギが住んでるんですよ。小さい頃教えてもらいました。<br>きっとあのお月さまみたいに真ん丸でかわいいんだろうな~",
    en=""
  },
  ["スパラキシス"] = {
    jp="月見酒ってなんかカッコイイから何度かは試したことはあるのよ。だけどダメ、全然ダメ。<br>コップ1杯でもうほわほわのぽやぽや。スーさんにはお団子のほうがあってるみたい。もぐもぐもぐ",
    en=""
  },
  ["ツツジ"] = {
    jp="お月見だんごぉ…うぅ~お餅をのどに詰まらせた思い出が…。<br>そ、そうだ。お茶があればきっと大丈夫ですよね。団長様も飲みますか?今暖かいのを入れてくるので、待っていてください。",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ(クリスマス)"] = {
    jp="団長さんと月を眺めるのもいいですけど…私は、その・・・団長さんを眺めていたほうが楽しいです。<br>えへへ…。その…見つめててもいいですか…?",
    en=""
  },
  ["イベリス(クリスマス)"] = {
    jp="うさぎっていうのはですね、それはもうすごい生き物だそうです。何がすごいのかっていうとですね……はっ!?<br>こ、これじゃダメでした。こういうのは「やだぁ~言えなぁ~い♥」とかなんとかあざとくしないと……くぅ~、私もまだ未熟です……!",
    en=""
  },
  ["センリョウ(クリスマス)"] = {
    jp="お供え物も、月見台も、準備オッケーだよ。これでちゃんとお月様に感謝できるね。<br>家でも昔からこういう行事はしっかりしてたからさー、一通り揃えないと、落ち着かないんだよねー。",
    en=""
  },
  ["シロタエギク(クリスマス)"] = {
    jp="団長様、手作りの月見ドーナツはいかがかの?<br>今回はちょっとふわっとした触感にしてみたのじゃ。<br>こういう風変わりなお月見もたまにはいいじゃろ?くすくす。",
    en=""
  },
  ["クロユリ(新春)"] = {
    jp="月見か……。どうせなら、もっと月に近づいてみないか?団子でも持って、山の頂上まで登ってみよう。フフッ♪ 月を眺めるには丁度良い特等席だぞ?",
    en=""
  },
  ["カンヒザクラ"] = {
    jp="お月様には、それはそれはお美しい女性の横顔が映るそうです。その女性の名前、私、存じております。<br>それは……サクラお姉ちゃんですわ♪ それ以外はあり得ません!だって、サクラお姉ちゃんですもの♪",
    en=""
  },
  ["エーデルワイス(新春)"] = {
    jp="月見とは言っても、ハンマーは手放せないわ。だって、害虫が出るかもしれないでしょ?<br>大切な思い出を守るためだもの。私は絶対に油断しないわ。",
    en=""
  },
  ["レオノチス"] = {
    jp="ベルゲニアさんにお団子もらってきた。これでお団子がなくなるまで、いっぱいお月見できる。<br>今度ベルゲニアさんにお礼しにゃいと。",
    en=""
  },
  ["ストック"] = {
    jp="周りがとっても静かです。この日はみんな、お月様を眺めているんですかね。<br>なんだかとっても、素敵な体験ができた気がします…!",
    en=""
  },
  ["ガジュマル"] = {
    jp="お月見だから、当然夜なんだけど……誰かと一緒なら、私、へっちゃら。<br>シュウメイギク様に、コリウスちゃん……キジュムン……それに、団長さん。み~んな一緒。大好きな人たちと一緒……だから、へっちゃら。えへへっ♪",
    en=""
  },
  ["クローバー"] = {
    jp="私と、姉さんも呼んでお月見?肌寒くなってきたから少しの間だけね。<br>えへっ、姉さんが風邪ひかないように、私がちゃんと見てないと。",
    en=""
  },
  ["シュウメイギク"] = {
    jp="ふふっ流石ハナショウブよな。月が肴とは言え、酒を勧めるのが上手い。<br>桃源郷に常連が多いのも頷ける。あぁ、よい気分ぞ。<br>これぞ夢心地、そなたも注がれてきてはどうかえ?",
    en=""
  },
  ["コリウス"] = {
    jp="月は人を狂わせると申します。また、女の象徴であるとも。……ならば私も、いつか月に魅入られるのでしょうか?<br>貴方様と寄り添う今が幸せ過ぎて、少しだけ、その……不安なんです。",
    en=""
  },
  ["キンギョソウ(バレンタイン)"] = {
    jp="お月様にいるウサギって、ずっとお餅を搗いてるのかなー?<br>……はっ! もしかして、月って実はお餅なんじゃ!?<br>私の直感だからきっと間違いないよ、団長さん!",
    en=""
  },
  ["ラベンダー(バレンタイン)"] = {
    jp="今夜は二人っきりのお月見を楽しみましょうね<br>お酒も私が注ぎますから、遠慮しないで、どんどん飲んでください<br>……ただし、酔っ払って他の女を見るのは許しませんよ",
    en=""
  },
  ["シバザクラ"] = {
    jp="お月さまにはうさぎさんが住んでいるらしいですね。いったいどんなことをして生活をしてるんでしょうか。<br>害虫のいない幸せな生活をしてたらいいですねぇ。",
    en=""
  },
  ["パフィオペディルム"] = {
    jp="キミを月を見ながら落ち着くのも、たまには悪くないか。アルコールがあるなら丁度いい。二人で月見酒でも楽しもう",
    en=""
  },
  ["ウルシ"] = {
    jp="お月見のお団子をマッドサイエンティスト的に大研究~!…と思ったんだけど。<br>どうしたらいいのか分からないの。団長さん、相談に乗って!面白い着眼点とかないかしら?",
    en=""
  },
  ["ウィンターコスモス"] = {
    jp="ゆっくりお月見をするのって素敵ですね♪ 団長様と二人っきりていうのが更にいいです♪<br>こんな夜なら毎日でもいいですよ♪",
    en=""
  },
  ["エリンジウム"] = {
    jp="お月様にいるうさぎさん、暗い中に一匹で怖くないのかな。暗闇にひとりぼっちって、心細いから…ご、ごめん!暗いこと言っちゃった…飴ちゃん舐めて、元気出さないと…。",
    en=""
  },
  ["コムギ"] = {
    jp="うさぎさん、お月様でずっとお餅をついてます。 どうしたらそんな風に頑張れるのか、コムギ、参考にしたいです。<br>もしかしたら、今までよりもっと、たくさんお菓子を作れるようになるかもしれません。",
    en=""
  },
  ["ウキツリボク(競技会)"] = {
    jp="月に向かって打て。ベイサボールの名言らしいんだけど、意味はまだ分からないんだ。練習頑張ったらはっきりするのかな?",
    en=""
  },
  ["アズキ"] = {
    jp="お月見するならハギちゃんも誘おう?団長とハギちゃんは二人とも常連さんだし。<br>うちのお店から出る秋の新作、一足先に試食させてあげるよ。",
    en=""
  },
  ["マルメロ"] = {
    jp="はぁ、お月様のうさぎさん。どんなふうにお餅ついてるんでしょう。ぴょんぴょん跳ねながらでしょうか?<br>それとも、すんすんお鼻をならしながら?んふぅ……想像するだけで、お酒進んじゃいます~",
    en=""
  },
  ["アグロステンマ"] = {
    jp="ロテアちゃんがリリィウッドの森に、月がとっても綺麗な場所があるって言っていましたわ。<br>団長さま、今度一緒に連れて行って貰えませんか?あ、ロテアちゃんというのは、プロテアさんのことですの。",
    en=""
  },
  ["ブプレウルム"] = {
    jp="月を見ていて思いだしたわ。団長さん、もしパルファン・ノッテで勝負するなら、満月の日がいいわよ。<br>勝ったときによく言うじゃない?『ツキが回ってきた』ってね♪",
    en=""
  },
  ["コデマリ(イースター)"] = {
    jp="雲がかかった真ん丸お月様を見ていると、だんだん目玉焼きに見えてきて…。<br>なんだかお腹が空いてきました。<br>今日のお月様は、塩コショウをふりかけたいですね。",
    en=""
  },
  ["ミズアオイ"] = {
    jp="ふわぁ…あー!らんちょうさ~ん!かお、あついですぅ、あついよぉ♪<br>月見酒に挑戦したんですぅ!挑戦してぇ…えへっ!飲みすぎましたぁ♪<br>はぁ…もうフラフラれすぅ……だきとめてぇ?だんちょうさぁん!ぎゅ~!!",
    en=""
  },
  ["ホルデュウム"] = {
    jp="お月さまの光があたって、ディシェスさんとってもキレイ。<br>なんですけど…お顔が怒った感じなのがちょっともったいないです~<br>ふわぁ…、どうして怒ってるんでしょう?ホーちゃんわかんないです。",
    en=""
  },
  ["ヒツジグサ"] = {
    jp="わたくしは、水上都市で生まれ育ちましたから、水中都市のハスとは違い、普通の月にも慣れ親しんでおります。<br>それでも、異国で見る月はまた違った趣がありますね。いえ、それとも団長様とご一緒だから、かもしれません。ふふっ。",
    en=""
  },
  ["アヤメ"] = {
    jp="水上都市だろうと、この地だろうと、月は月です。変わりません。<br>もし見え方が違うというのであれば、それは見る者が変わったのです。<br>……わたくしが、そうでした。泣き虫だった昔と今では、まるで別物です。",
    en=""
  },
  ["ローレンティア(忍者)"] = {
    jp="満月の夜は忍の天敵だって話よ。いっそのこと月を砕ければ~って、それじゃ風情がないわね。<br>何?あたしだって「フゼイ」くらいわかるわよ!",
    en=""
  },
  ["ワビスケ"] = {
    jp="花騎士が太陽ならば、我ら忍は月の者。<br>それも、キラキラと照り輝く満月ではなく、隠れ薄れる朧月。<br>ゆえ、騎士の常識とは外れることもあります。可能な限り抑えますが、事前の覚悟はしておいてくださいね。",
    en=""
  },
  ["サワギキョウ"] = {
    jp="こんなにゆっくりとお月見をしていていいのか……少し、不安になリます。<br>世界平和のためになにか行動しなきゃ、と気持ちが焦ってしまって……え? 余裕を持つことも大事、ですか?<br>確かにそうですね……団長様のお言葉に甘えて、今夜はゆっくりしますね。",
    en=""
  },
  ["イキシア"] = {
    jp="ねぇ団長さん、お団子食べる? 慌てて食べて喉に詰まらせないように気を付けてね。<br>え? それは私が気を付けた方がいい? それは……うぅー、確かに否定できません。(><)",
    en=""
  },
  ["レインボーローズ"] = {
    jp="子供たちと一緒に、月見団子を作ってみたの。色んな味のお団子を食べて、お月見を楽しみましょう。",
    en=""
  },
  ["ウェルウィッチア"] = {
    jp="魔女の会合も結局はお茶会みたいなものだよ。お月見の日には普通にお団子を食べて、お茶を飲んでおしゃべりしているだけさ。<br>エニシダなんかは真面目にやりましょうなんて言うんだけど、結局はあの子もお団子とお茶で幸せそうにしているからねェ。ふふっ。",
    en=""
  },
  ["プルメリア(ジューンブライド)"] = {
    jp="お団子もいい感じに作れました! 味はどれがいいですか? みたらし、あんこ、ずんだ餅にしても美味しいですよね!<br>団長さんが好きなの、プルメリアが作ってあげます!",
    en=""
  },
  ["サクランボ(ジューンブライド)"] = {
    jp="団長さん、団長さ~ん!んぅ、見てくれない。確かに綺麗な満月だけど、あんなにぽ~ってしなくても。<br>こうなったら……よし!パパ?娘の事を忘れちゃやだぁ!ぎゅ~♪",
    en=""
  },
  ["ハス(ジューンブライド)"] = {
    jp="女王たるもの、酒の一つも嗜めねばな。団長、付き合ってくれ。月を肴に酔い方を教えてほしい。<br>あぁ~、カキツバタはダメだ、彼女は弱い。使い物にならなくなると本人が言っていた。どうも血筋らしい。",
    en=""
  },
  ["ミズヒキ"] = {
    jp="ふわぁ……私、もう限界です……。お月見の準備、熱中し過ぎてしまいましたぁ……。<br>団長様ぁ、抱きつかせてください……。立っていられません。<br>出来れば、そのままおしゃけも飲ませてぇ……はぁぅ……。",
    en=""
  },
  ["ヘナ"] = {
    jp="ぷ、ぷれーぬ、りゅんぬ? クレソン語で満月。ヘナ、クレソン語発音不可。<br>にぃに、発音可能? ヘナ、指導求む……なの。クレソン語、魅力的。ヘナ、発音流暢、希望。",
    en=""
  },
  ["トリトニア"] = {
    jp="団長くん、ちょっといい?クコにお酒を勧めたって本当なの?<br>だとしたら、おいたが過ぎるかもね。大好きな団長くんでも、隊員の安全を脅かす真似は許せないなぁ。<br>ほら、四つん這いになって。お尻ペンペンの刑だよ!",
    en=""
  },
  ["チトニア"] = {
    jp="月見団子はどれを食べればいいのか迷わなくていい、というのが素敵です。みんな同じ形で同じ味ですから。<br>え、別の味のものを今作っているんですか?それは…困りましたね、迷ってしまいます。",
    en=""
  },
  ["ホシクジャク(水着)"] = {
    jp="お月見をするなら……お団子を用意しないとね!ゆっくりとお月様を眺めながら、二人で月見団子を食べようよ",
    en=""
  },
  ["ペポ(水着)"] = {
    jp="月見団子、ちゃんと団長さんとお月見をしながら食べられて嬉しいです<br>こういうのって、普段普通に食べるよりも美味しく感じますよね",
    en=""
  },
},
["tsukimi003"] = {
  ["サルビア"] = {
    jp="しっかし~! 満月って丸いなぁ! ほんっと~に丸い!<br>……え?感想が直球過ぎる? 思ったことが口から出たんだ。仕方ないじゃないか! ……実際、丸いし。……もうっ!笑うなよぉ!!",
    en=""
  },
  ["ホワイトパンジー"] = {
    jp="うふふ♪今日は妹たちがいないから、お団子食べ放題なんです!いつもはちょっと遠慮しちゃいますけど、団長さんと二人で全部食べちゃいましょう!<br>あ……でも、ちょっと悪いかしら。やっぱり少し持って帰ります。",
    en=""
  },
  ["イエローパンジー"] = {
    jp="ん~! お団子うまいな~! やっぱり花より団子って言うぐらいだもんな!<br>え? これは月見? 同じようなもんだろ~",
    en=""
  },
  ["パープルパンジー"] = {
    jp="姉が言うには、月にはウサギが住んでるそうです。<br>あんな岩しかなさそうな場所で何を食ってるんだとツッコんだら、砂だと返されました。<br>まったく…バカ姉らしい発想です。本当に変な事ばっかり考えて…まったく。",
    en=""
  },
  ["ツバキ"] = {
    jp="月が綺麗ですね。この降り注ぐ月の光の中では、心に留めたままの想いも、つい話してしまいそうになります。",
    en=""
  },
  ["ブラックバッカラ"] = {
    jp="でっかい月だなあ……。あれをぶっ壊すとしたら、どれだけの武器と時間が必要になるんだろうな?<br>……なんだよ、その目は?本当にやる訳ねえだろ? ありゃ、いくらアタシでもお手上げだよ。",
    en=""
  },
  ["ロイヤルプリンセス"] = {
    jp="月が綺麗で、ついつい見とれてしまいます。…ふふ、大丈夫です。団長さんのこともしっかり見ています。<br>今宵は団長さんと二人きり。そのことは決して忘れません。",
    en=""
  },
  ["ノヴァーリス"] = {
    jp="月光に彩られた世界に、わたくしと団長さんの二人だけ…。まるで、夢の世界にいるようですわ。<br>ふふふっ、もちろん夢でないことは承知しています。ほら…こうして、互いに触れることができるのですから…。",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア"] = {
    jp="まん丸の月見団子!団長も、お団子食べて食べてー♪ほら!団長口開けて。<br>…はーい、あ~ん!っ…美味しい?良かったー♪こういう幸せが、ずーっと続いて欲しいなー!",
    en=""
  },
  ["オンシジューム"] = {
    jp="団長知ってた?あのお月さまにはウサギさんが住んでて、お餅をつきながら夜な夜なダンスしてるんだってー。<br>ってことで……あたしたちも負けてられないよねー!にっひひ~♪一緒に踊りながら、お餅ついちゃおう!",
    en=""
  },
  ["シンビジューム"] = {
    jp="ごめんなさい、団長さん…オンシジュームちゃんに、作ったお団子を全部食べられちゃいました。<br>……私と一緒に月を眺められれば、それでいい?…そうですか、では、お言葉に甘えて!",
    en=""
  },
  ["デンドロビウム"] = {
    jp="団長さんもなかなかやりますね、みんなを集めてお月見の会だなんて。<br>ここのところ戦い続きだったから、良い息抜きになりそうですね。",
    en=""
  },
  ["カトレア"] = {
    jp="うふっ、ほら、柔らかくて…弾力もあって…美味しいでしょ? はあ? ちょっと大き過ぎですって?<br>贅沢言わないの、お団子なんて初めて作ったんだから。",
    en=""
  },
  ["ハイビスカス"] = {
    jp="おなかが空いてたから、先にお月見のお団子食べちゃった!<br>でも大丈夫だよ、十五夜の日だけは、盗み食いOKだってアンスリウムが言ってたもん! だから団長も、早くお団子食べよっ",
    en=""
  },
  ["クレナイ"] = {
    jp="こんなにお月様が丸くて明るいと、野性の本能が刺激されるというか~、この高鳴りも、団長さんじゃなきゃ押さえ切れないの♪<br>ねぇ、団長さん? ちょっと手伝ってくれないかしら?",
    en=""
  },
  ["アジサイ"] = {
    jp="お月見団子が出来ても、あんまり急いで食べないように! 早食いすると、喉に詰まって死ぬわよ。<br>あたし、それで死にかけた事があるんだから……。 あの時夜空に輝いていた満月は……忘れられないわぁ……。",
    en=""
  },
  ["グラジオラス"] = {
    jp="あの月には、今のこの世界はどういう風に見えてるんでしょうか。<br>きっと、良くは思っていないですよね。月が安心して見守れる世界にしたいです。",
    en=""
  },
  ["キキョウ"] = {
    jp="100年後、1000年後になっても、あの月はずっとこの世界を眺めてるのかなって思うと、不思議な気持ちになるわ。<br>私たちの子孫も、月を眺めて、同じことを思うのかしら?",
    en=""
  },
  ["ヒマワリ"] = {
    jp="満月って…不思議ですね。静かで、優しくて、でも明るくて。こういう夜も素敵です。<br>えへっ♪ 私、賑やかなのが好きですけど、ロマンチックな夜も好きですよ。",
    en=""
  },
  ["レッドジンジャー"] = {
    jp="これだけ月が明るいと、夜道も安心……。私も、明かりのない子供たちを照らす存在になれたら、いいな……。",
    en=""
  },
  ["スイレン"] = {
    jp="以前出席した貴族のパーティーでは、お月見と称しておきながら自分しか見ていない者ばかりでした。<br>お月見とは、月を見るモノ。こうして大事な人と眺めることが大切なのだと思います。",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン"] = {
    jp="月って、綺麗ですね……なぜか魅入っちゃいます。<br>いつも下ばかり見て歩いているから、少しは上を向いて歩こうって思ってたら……石につまづいてしまいました……。",
    en=""
  },
  ["イブキトラノオ"] = {
    jp="お月見は、結構好きよ。 だって、月に都会も田舎も無いでしょ?<br>何処から見ても変わらない存在っていうか……そういう普遍的な美しさって良いじゃない♪ ……さ、今夜は2人でゆっくりしましょ。",
    en=""
  },
  ["ヒルガオ"] = {
    jp="今日は十五夜です! 皆でお月見の準備したんですよ? 皆でやると、準備も楽しいですよね♪",
    en=""
  },
  ["ヨルガオ"] = {
    jp="今日のお月様、凄く大きいし、キラキラ輝いていてとっても綺麗。まるで、お兄さんみたいね。<br>周りでチラチラ光ってる星は、ここの花騎士たち。いつも月に寄り添って、一緒に輝いているの。<br>私の星は……どれかな……。",
    en=""
  },
  ["アサガオ"] = {
    jp="お月様って、まん丸で、優しい感じがするね。 こうして眺めてると……なんだかホッとするし。<br>悲しいことがあった夜でも、また明日の朝は頑張ろう! って思うよ♪",
    en=""
  },
  ["カサブランカ"] = {
    jp="バナナオーシャンでも月見の文化はあるが、月見団子というのは初めて見たな。<br>んん…んん~!<br>ハニートーストには及ばんが、団子もなかなかよいものだな。",
    en=""
  },
  ["ヤマユリ"] = {
    jp="月を眺めるという風習は、なかなか珍しいものだな。<br>こうしてじっとしていると……精神が研ぎ澄まされていくような気がする。<br>団子の気配さえ無くなった頃……真実を悟る事が出来るのだろう……。<br>ん? 月見はそういうイベントではないのか?",
    en=""
  },
  ["オトメユリ"] = {
    jp="ああっ!お月様が雲に隠れちゃいました……意地悪な雲ですね。<br>ちょっと待ちましょう、団長さん。またすぐ風に乗って雲はどっかに行っちゃいますよ。<br>それに……月はどこにも逃げませんから。",
    en=""
  },
  ["アブラナ"] = {
    jp="不思議ね。満月なんて別に普通だし、お月見だって花騎士になる前から何回もやってるのに……<br>今日の満月は特別綺麗な気がするわ。何が違うのかしら。ねえ、団長はどう思う?",
    en=""
  },
  ["セントポーリア"] = {
    jp="お月様が真ん丸ですね~。ぼ~んやりした光が、気持ちいいです~。<br>日光浴とは違う感じがして、こういうのは…うーん、なんて言うんでしょう。月光浴、ですかね?",
    en=""
  },
  ["マーガレット"] = {
    jp="月はいつも空で静かに輝き、我々の行く末を見守ってくれている。<br>私もまた月のように、民を静かに見守り、その未来を守るとしよう。",
    en=""
  },
  ["サボテン"] = {
    jp="お団子……作ってみた……。団長さん……一緒に、食べる…?",
    en=""
  },
  ["スズラン"] = {
    jp="月には害虫は居るのでしょうか?もし居ないのなら、何とか月までいけませんかね~。<br>団長さんと、2人きりになれるから...。",
    en=""
  },
  ["スミレ"] = {
    jp="団長とこうして月を眺めてるこの時間……本当に幸せだなあ。お月見は感謝の行事だって聞いたし、きちんと感謝しないとね。<br>団長と一緒に過ごす時間をくれてありがとう、お月様!",
    en=""
  },
  ["イチゴ"] = {
    jp="お月様、とっても大きくて、綺麗ですね~。思いっきり手を振ったら、お月様にいる、ウサギさんに気付いてもらえるかな?<br>イチゴ、ウサギさんとお友達になりたいです!",
    en=""
  },
  ["ウメ"] = {
    jp="いい夜だ。手が届きそうなくらい、今宵は月を近くに感じる。それに、団長さんの存在もいつもより意識してしまうし……<br>ふふっ、私の心は、満月のように満たされているよ",
    en=""
  },
  ["バラ"] = {
    jp="満月の形……すなわち円は、図形として完璧な形であると思うの。あのようなものが空に浮かび、夜を明るく照らすというのは本当に不思議。<br>世界には、まだまだわからないことがたくさんある……ということね。",
    en=""
  },
  ["サクラ"] = {
    jp="わぁ~、あんなに大きなお月様~♪ 凄いですねぇ。<br>……うん、きっと、遠くにあるのね。でも、くっきりと見えるから、まるで近くにあるみたい",
    en=""
  },
  ["ユキヤナギ"] = {
    jp="月は綺麗ですねぇ……。いつかあそこに行ったら団長さんと、一緒に歩き回ってみたいです。<br>誰かがタケノコに乗って行けるって言ってた気がするんですけど、どんなタケノコだったら月まで行けるんですかね。",
    en=""
  },
  ["アマリリス"] = {
    jp="団長さん?一緒に月を見ながらお団子を食べませんか?<br>たまにはのんびり、遠くを見ながら過ごす時間も必要だと思うんですよ。<br>できれば、そんな日がもっと増えるといいんですけどね……。",
    en=""
  },
  ["ヒノキ"] = {
    jp="くぃ……きゅぃ……月が……おっきな月見団子に……大きすぎて食べきれない……もぐもぐ……むにゃむにゃ……。",
    en=""
  },
  ["レンゲソウ"] = {
    jp="だ、団長~!! 私、とんでもない事に気づいてしまったアル! 月はボコボコへっこんでるネ!<br>つまり、月に住んでる誰かが!腕試しで月をボコボコにしたに違いないアル! 凄い威力アル!",
    en=""
  },
  ["ハクモクレン"] = {
    jp="今日は十五夜だ!月がきれいだな…心が洗われるようだ。一方で、時々恐ろしく感じることもある。圧倒的すぎてだ。私はこの世界に生かされているんだと感じるのだ。",
    en=""
  },
  ["コチョウラン"] = {
    jp="ご命令を、ご主人様。今のわたくしは、メイドパワー全開です。どんな命令でもこなす自信があるので、無理難題を押し付けてくださいませ。<br>えっ、あの月を取ってこいと…?ご主人様、メイドパワーを過大評価しすぎです。",
    en=""
  },
  ["コスモス"] = {
    jp="月が綺麗ですよ、団長さん……。『コスモス、お前の方が100倍綺麗だよ』 だ、団長さん、急に何を……あぁ~~~♪<br>はっ! い、いえ~何でもないですよ~あははは…",
    en=""
  },
  ["マリーゴールド"] = {
    jp="お月見と言うくらいだから、ただ月を見るだけの、庶民らしいイベントだと思っていたわ…。<br>けど、実際はきちんとしていて、儀式やお祭りみたいなものなのね。<br>そのわりには静かだけど、本当にこれでいいのかしら…?庶民の感覚はよく分からないわ。",
    en=""
  },
  ["シクラメン"] = {
    jp="今日の月は、一段と大きく見えますね。なんだかこっちに近づいてきてるみたい…。<br>いつか、私が月に近づいてるんだって、言えるようになりたいものです。<br>一歩ずつでもいい。努力をして、昨日の自分より、強くなりたい。そう思います!",
    en=""
  },
  ["ミント"] = {
    jp="月の光は、優しいから好きです。そっと包み込んでくれるような気がします。<br>哀しいことや、辛いことがあった時も、こうして、団長さんと一緒にいるときも…月は私を、静かに照らしてくれます。",
    en=""
  },
  ["ラベンダー"] = {
    jp="月には、人を惑わす力があるって言いますけど、私と団長さんには、効果がないみたいですね。<br>ないですよね。月なんかに、惑わされたりしないですよね。",
    en=""
  },
  ["ブルーロータス"] = {
    jp="うふふ♪団長さんも、一緒に一杯どうですか?今日はこんなにお月様が綺麗なんですもの。たまにはゆっくりと、力を抜いて過ごさないと、ですよ。",
    en=""
  },
  ["サザンカ"] = {
    jp="あぁ~、やっぱり空を見上げてじっとしてるなんてボクには無理だよぉ。お団子は美味しいけど。団長くん、これ食べたら害虫倒しに行こう?",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ"] = {
    jp="今夜の月は、とても明るいです?……隠密行動には、不向き?<br>だからモコウ、正面からご主人の部屋に、お邪魔するです? 月見団子を持ってきたので、一緒にお月見するです?",
    en=""
  },
  ["センニチコウ"] = {
    jp="あら、ボクちゃんがお酒を注いでくれるの? 最高の月見酒だわぁ♪ ……でも、こんなおばさんを酔わしても、良いことないわよ?",
    en=""
  },
  ["シロツメクサ"] = {
    jp="ありふれているのに、決して埋もれない……どうして、月は特別なままでいられるんでしょうか?<br>私も……いえ、なんでもありません。",
    en=""
  },
  ["キンモクセイ"] = {
    jp="月は形だけじゃなくて、どこか…ウチに似てる気がします。<br>自分では光らず、誰かのおかげで光っているところとか……時々欠けて、無くなってしまうところとか……<br>だから親近感が湧いて、ずっと眺めていたくなるんです。",
    en=""
  },
  ["ジャスミン"] = {
    jp="月の魅力は、その姿がはっきりと見えることですわ。太陽は、見詰めるには眩し過ぎますが、月は違います。<br>その優しい輝きも、素敵だと思いますの。",
    en=""
  },
  ["ホトトギス"] = {
    jp="『月が綺麗ですね』って、一度言ってみたかったんです。その言葉に想いを込めるなんて、とてもロマンチックだなって……。<br>で、でも……やっぱり自分で言うと……凄く恥ずかしいですね?",
    en=""
  },
  ["ヘリコニア"] = {
    jp="月のように目立ちたい! …そう考えていた頃もあったけど、あたしはようやく真理に気付いたよ。<br>そう…あたしが月になればいいのだぁー!! というわけで!どぉ?この満月の着ぐるみ~!注目バッチリでしょ!",
    en=""
  },
  ["エーデルワイス"] = {
    jp="団長さん、今日はゆっくり月を眺めましょう。<br>もし害虫が襲ってきても、このハンマーであの月までぶっ飛ばしてあげるわ!<br>私が一番強いってことは、あなたが一番、よく知ってるでしょ。",
    en=""
  },
  ["タンポポ"] = {
    jp="団長さん、団長さん!知ってました?お月様にはウサギさんがいて、お餅を作ってるそうですよ。<br>ぺったん、ぺったん、って!うぅ~…団長さん、ボク、お腹が空いてきたです。",
    en=""
  },
  ["ヤグルマギク"] = {
    jp="月って、本当に不思議です。 こうして眺めていると、嫌なこと全部忘れてしまいそう。<br>月の光には、疲れた心を癒やす力があるのかもしれませんね。",
    en=""
  },
  ["カーネーション"] = {
    jp="陽の光に照らされれば、影は消えてしまうもの。されど、月の光は影すらも優しく包み込んでくれます<br>団長さん、今宵この月明かりの下でだけは…………",
    en=""
  },
  ["スノーフレーク"] = {
    jp="月見団子、積むの、難しい。頑張って積み上げてるつもり、だけど……コロコロ、転がって、全然積めない。<br>お月見って、こんなに難しい行事…なの?",
    en=""
  },
  ["スイートピー"] = {
    jp="大きな月~……。 つまらない事で悩んでる自分がバカみたいに思えますよね。<br>でも、細かい事から一つ一つ直していかないと駄目ですよね。 うん。あたしはあたしのやり方で成長します!",
    en=""
  },
  ["ライラック"] = {
    jp="わぁ~……なんて綺麗な満月。 今夜は特別な夜だから、お月様もちょっとおめかししてるのかも。 ……私みたいに。<br>……アハハッ、やだっ、自分で言っちゃいました♪",
    en=""
  },
  ["クロユリ"] = {
    jp="月か…そう言えば、月だけは、どうして夜でもあんなに明るいんだ?<br>日の光が、月の表面に当たっているから?ふむ、本当にお前はなんでも知っているな。",
    en=""
  },
  ["レッドチューリップ"] = {
    jp="満月の夜は、人の気持ちも昂るって言うわよね~。<br>…ね~え? 団長さんの気持ちも…昂ぶってきたかしら~?<br>……え? 月見団子が食べたい? もう……。色気より食気って訳ね~……。",
    en=""
  },
  ["イエローチューリップ"] = {
    jp="団長さんもお月見しながら呑んでいるのね~。そんな団長さんの為に、体にもいい薬酒を作ってきたわよ~。<br>…え? 怪しいって?<br>ほ~んとうに体が元気になるだけのものよ~。ちょっと元気になりすぎちゃうかもしれないけどね~♪",
    en=""
  },
  ["パープルチューリップ"] = {
    jp="今宵の月は、とても美しいです。あなた様も此方にいらして、一緒に月を眺めましょう? 大丈夫。月以外には、誰も見ていませんから。",
    en=""
  },
  ["ホワイトチューリップ"] = {
    jp="なんて綺麗なお月様……。まんまるで、明るくて……。<br>出来れば、このままずっと眺めていたい……。あなた様と、二人だけの時間を過ごしたい……。",
    en=""
  },
  ["ギンラン"] = {
    jp="綺麗な月ですわね~♪ なんだか、心が癒されるようです。<br>そういえば、月のあの陰がウサギに見えるってよく言いますけど、私には、女性の横顔に見えますわ。 団長さんはどんなものに見えますか?",
    en=""
  },
  ["レシュノルティア"] = {
    jp="月には兎が居て、お餅つきをしているという噂を聞きました。<br>…はむっ、んむんむ…でもどこか…もぐもぐ…信じていない私もいます。<br>やっぱり、はむっ…んはっん、実際に見てみないと、はむっ……んっんっ、…この月見団子、美味しすぎですぅ…♪",
    en=""
  },
  ["ヒメユリ"] = {
    jp="月の兎は『お腹を空かせたお爺さんに自身を差し出した兎がいて、その行いに感動した神様が兎を月に昇らせた』という逸話が元になっています。<br>自己を省みない高潔な精神は、騎士として見習いたい物です。",
    en=""
  },
  ["タチバナ"] = {
    jp="はぁ…………たまには息を抜き、月見で一杯…というのも、乙で悪くないですね。特に、こうして団長殿と一緒に飲むのも……<br>はっ…いえ、何でもありません。お酒は無駄に高揚感を高めてよろしくないですね……",
    en=""
  },
  ["モモ"] = {
    jp="お月見は月見団子を食べるというのも、楽しみのひとつよね。特に団長様と一緒に食べると、その美味しさが何倍にもなって素敵ね。",
    en=""
  },
  ["ハナモモ"] = {
    jp="団長様、満月を見ると胸が高鳴るって本当ですの? どうしてかしら…<br>姉さまには、そのうちわかるわよと言われてしまいましたの。 まだまだ、姉さまは遠いですわ。",
    en=""
  },
  ["キルタンサス"] = {
    jp="あら、団長もお月見?じゃあ、ちょっとだけ私も付き合おうかしら。<br>…か、勘違いしないでよね!月が綺麗だから、私も眺めていたいだけ。本当に、それだけ…なんだから……",
    en=""
  },
  ["アネモネ"] = {
    jp="月見酒なんて言葉もあるし、やっぱり月にはお酒なのかな。でも、貴方と居るとそれだけで緊張するから、私にはお茶の方があってるかな。<br>お茶は、心を落ち着かせてくれる。",
    en=""
  },
  ["ガーベラ"] = {
    jp="お月見団子、団長くんも食べる?皆に配ろうと思って、いっーぱい作ったの~。<br>素材の味を生かしたお団子だよ。...はい、あーんして?",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス"] = {
    jp="んっ、ぅぅ……団長と二人っきりのお月見、緊張するー……でも私が固いと団長もリラックスできないよね。<br>なら今夜は、コスモスちゃんみたいにぃ、むぁ、むりぃ……私は私らしく。うんっ、私らしく、団長と過ごす。",
    en=""
  },
  ["ストロベリーキャンドル"] = {
    jp="こうして団長さんと一緒に眺めてると、いつもより月がキラキラしてる様に……う~ん、流石に気のせいかなぁ?",
    en=""
  },
  ["リューココリーネ"] = {
    jp="私のお気に入りの場所へ案内するよ。そこから見る月は格別なんだ。<br>皆には内緒にしてたんだけど、君には教えてもいいかなって。……私にとって、特別な存在だからね。",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ"] = {
    jp="お月様は、見過ぎるとよくないって教わりマシタ。<br>なんでも、spiritualなpowerが乗り移って、頭が爆発するそうデース。団長さんも、見過ぎには気を付けてクダサイ。",
    en=""
  },
  ["アイリス"] = {
    jp="団長様、今夜は月がとても綺麗です!一緒にお月見を致しましょ!大丈夫です、お月見もスケジュールに組み込まれていますので。<br>…え?『今日忙しかったのはそのためか』ですって?な、何のことでしょうか?",
    en=""
  },
  ["アンスリウム"] = {
    jp="月って神秘的よね。かわいさとは違った魅力があるっていうか、なんか大人っぽい感じ。<br>ねぇ、団長様は、月と太陽だったらどっちがいい?あんな風に静かで落ち着いた人がいい?それとも……ううん、何でもない!",
    en=""
  },
  ["デージー"] = {
    jp="お月様でウサギさんがお餅をついているのだー♪ あのお餅、食べてみたいのだよ! 団長さん、貰って来て欲しいのだ!",
    en=""
  },
  ["エノコログサ"] = {
    jp="あれー? 団長さんが……いつもより素敵に見えるにゃ! これも満月の魔力?<br>うふふっ♪ 今夜の私は、あなたにはどう見えてるかな?",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス"] = {
    jp="団長、私、静かなのは苦手っす。おまけに、団長と二人きりだし、変な気持ちになるっす。<br>この胸がキュ~~ってなるの、なんなんすかね?",
    en=""
  },
  ["ゼラニウム"] = {
    jp="団長さん、今夜は一緒にお散歩しない?<br>大きな月を見ながら歩いてると、つまんない事なんてどうでもよくなるんだ。さっ、行こ行こ~",
    en=""
  },
  ["ヤマブキ"] = {
    jp="こうして静かに、月を眺めるのも、いいものだな……。えっ?だっ、団長の顔なんてみてないぞ?<br>勘違いするなよ…… べっ、別に構って欲しいわけじゃないからな!",
    en=""
  },
  ["サクランボ"] = {
    jp="大きなお月様ですね。それにこの月の明かり、まるで優しく抱かれているような感じがします。<br>ふふ……ちょっとパパとママの事を思い出しちゃいました。",
    en=""
  },
  ["オトギリソウ"] = {
    jp="団長さんは、お月様に映ってるのは何に見える?私はやっぱりウサギさんが、お餅つきしてるように見えるよ。なんかかわいいよね!",
    en=""
  },
  ["ルピナス"] = {
    jp="輸送任務では、日がくれてからも道を歩いたり、野宿をすることもあるのですが、<br>もしも月明りがなかったら、夜は今より、はるかに深い闇に、閉ざされていたでしょう。<br>こうして月が、私たちを照らしてくれることも、天の恵みと言えるのかもしれませんね。",
    en=""
  },
  ["サザンクロス"] = {
    jp="月の兎の正体は、老人の為に火に飛び込み、自分の身を捧げた兎を、神様が月に蘇らせた存在だという逸話がある。<br>私も、以前は自分を犠牲にしても、周りを救おうとしていた。だが、団長さんはそんな私をも救ってくれた。<br>本当に、感謝してもしきれないな。",
    en=""
  },
  ["チェリーセージ"] = {
    jp="お月様には兎さんが住んでいるって、本当ですか!?もし本当なら、きっと色んな物資が足りなくて、兎さん達困ってますよね!<br>あたし、兎さんのために物資を届けてあげたいです!その気になれば、きっと月まで飛べる方法もあるはず!<br>う~、ど根性ですー!!",
    en=""
  },
  ["ゲッカビジン"] = {
    jp="満月は人を狂わせ、魅了するとも言います。主様、今宵くらいは、乱れてしまっても良いのですよ?<br>それもこれも、全ては月のせい……そういうことにしておくでありんす。",
    en=""
  },
  ["ハナショウブ"] = {
    jp="ところで団長さん、お酒は飲まれますか?桃源郷では、月見の日にはサービスで月見酒を出しています。<br>これが風流だと人気がありまして。団長さんなら…さらに…別のサービスも…",
    en=""
  },
  ["ナデシコ"] = {
    jp="綺麗な月もいいですが、なにより、団長さんと一緒なのがとても嬉しく…。<br>だ、ダメ!やっぱり、恥ずかしくて……団長さんの方を、あまり向けません……。<br>でも、月ばかり見ているせいで、そ、そろそろ月が目に焼き付いてきました……。",
    en=""
  },
  ["カンナ"] = {
    jp="お月さんっちゅーのはえらいやっちゃなぁ。<br>だって、あんな綺麗やのに、金も取らんと丸見せやん? うちやったら絶対見物料取るで。<br>えらい太っ腹か、アホなんか、どっちかやで。",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム"] = {
    jp="団子が美味しいわ~……。もー、いくらでも食べられちゃう!<br>なんで、お月見で団子なのか知らないけど、美味しければ全て良し! お代わり―!",
    en=""
  },
  ["カタバミ"] = {
    jp="月をゆっくり見上げるなんて、久しぶりな気がするぞー。いつも戦って戦って、あとは遊んで── 体動かしてばかりだな。でもたまにはこういう静かな夜も、悪くない気がする。",
    en=""
  },
  ["ダリア"] = {
    jp="月が綺麗ね、団長。……あら? その顔は、何か別の意味を想像している顔ね?<br>さて、あたしの言葉の真意はどこにあるのかしら。想像してみなさい?",
    en=""
  },
  ["ネリネ"] = {
    jp="真夜中に、月を後ろにして、ばしゃー!って、はねてる人魚さんの絵を見たことがあります。私もはやく、あれくらい泳げるようになりたいです。",
    en=""
  },
  ["サンゴバナ"] = {
    jp="月の模様は、ウサギさんがお餅をついてるって言いますけど、私には、剣を振ってるように見えます!<br>…えっ?なぜ振り回しているのか…ですか?それは…えーっと…戦ってるんじゃなくて…え、演武です!演武!",
    en=""
  },
  ["クチナシ"] = {
    jp="わいわい賑やかに飲むのもよいですが、こうして2人、月を眺めながらしっとり飲むのもいいですね。<br>ふふっ、私ったら、楽しいからって団長様と飲んでばっかり。",
    en=""
  },
  ["カラー"] = {
    jp="団長様。あのお月様の模様、何に見えます? 大半の人は「兎」って答えるんですけど、たまに違う答えが返ってくるんですよ。<br>この見え方で、才能の片鱗が占えると聞きましたけれど、本当でしょうか?",
    en=""
  },
  ["ディプラデニア"] = {
    jp="満月のおかげで、今夜は明るいですね。きっと、ベッドでも色々よく見えると思うんですが……それでも、禁欲するというんですか?あなたは……。",
    en=""
  },
  ["オオオニバス"] = {
    jp="お月見と言えばお団子? そうですね、団長さんならそう言うと思って、作って来ました。のどに詰まったら大変ですから、一口サイズにしましたよ。",
    en=""
  },
  ["ツキミソウ"] = {
    jp="うふふ♪団長さん、そんなところで一人で月見酒ですか?私もご一緒しても、よろしいでしょうか?お酌でしたら、私がいたしますので。",
    en=""
  },
  ["ナイトフロックス"] = {
    jp="月見団子、沢山作ってきました。皆さんと一緒に食べてくださいね。<br>こっちが甘いお団子で、こっちは甘くないお団子です。お好きな方をどうぞ。",
    en=""
  },
  ["オシロイバナ"] = {
    jp="せっかくなので浴衣で来てみましたけど、今日は少し肌寒いです……。<br>……えっ、こ、これ、団長さんの上着……ありがとうございます、洗って返します!<br>……あ、洗わなくていいって、汚いですよぅ……!",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ"] = {
    jp="お団子に、団長さんに、満月に……お月見の準備は完璧って感じだけど何か足りない気がするわよね。<br>ふふ、ご心配なく、その何かは用意してきたわ。さぁ、一杯やるわよ。",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム"] = {
    jp="あ、団長、今日十五夜でしょう。だからお餅搗いたんだ、よかったら食べて。搗いたのはクリームだよ。なんか、凄い張り切ってた",
    en=""
  },
  ["キンギョソウ"] = {
    jp="月は可愛いよね。え? 模様が髑髏に似てるから? ち、違うよー! 普通に可愛いって話だよ。<br>……はっ、でも、確かにちょっと似てるかも。そう考えたらますます可愛く思えて来た!",
    en=""
  },
  ["ギンリョウソウ"] = {
    jp="満月には、不思議な力があるって、ほんとだね。<br>今は、団長さんの声以外、何も聞こえないよ。",
    en=""
  },
  ["ツバキ(フォスの花嫁)"] = {
    jp="丸い月……月の光って、静かですね。静かに降り注いで、草や木に吸い込まれていく……そんな感じがしませんか?",
    en=""
  },
  ["オンシジューム(フォスの花嫁)"] = {
    jp="団長には月見団子の特大版をプレゼント~!あたしが作ったんだよ~♪ 花嫁修業ってやつ?<br>あのお月様そっくりでしょ~♪ 絶対美味しいから、食べて食べて~!",
    en=""
  },
  ["サボテン(フォスの花嫁)"] = {
    jp="月は……変わらない。ずっと……ずっとみんなを見てきて、みんなに見られてきた。来年も……団長と月を見たい。",
    en=""
  },
  ["ハリエンジュ"] = {
    jp="月明かりがいい感じに夜空を照らしているね。なんだか、不思議と優しいメロディが聞こえてくるようだ。<br>それに合わせて、ついついタクトを振ってしまうね。",
    en=""
  },
  ["サンカクサボテン"] = {
    jp="いつか隠居するときは、月が良く見える場所にするわ~。月見の日には、ルナリア、ウサギノオにススキ、ツキトジ。<br>そして…お前さんを呼ぶ。そうしてみる満月は、きっと、美しいはずよ。",
    en=""
  },
  ["ススキ"] = {
    jp="お月見団子は、ちゃ~んとウサギノオと手作りしたんだよ!最初は大変だったけど、ぺったんぺったんやってるうちに、楽しくなっちゃって。<br>えへへ♪正直作りすぎちゃった。どんどんおかわりしてね♪",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ"] = {
    jp="今年も私の季節がやって来たうさ! さあ、ぴょんぴょんするうさ!<br>飛ぼお! どこまでも! 誰よりも高く、この大空をー!",
    en=""
  },
  ["ルナリア"] = {
    jp="今夜の月は、とても綺麗です~。まるであの日、私を屋敷の外へ連れ出した時のように。<br>ふふっ。心配しないでくださいね。団長さんの前からは、いなくなったりしません。",
    en=""
  },
  ["キンレンカ"] = {
    jp="月明かりに照らされた町はいつもと違って、幻想的に見えますね。<br>この町とそこに住む皆さんを必ず守りましょう。大丈夫です、団長さんには私が付いていますから。",
    en=""
  },
  ["ローレンティア"] = {
    jp="あの……団長さんもやっぱりお月さまが似合うような、おしとやかな女の子が好みなのかしら?<br>べっ別に深い意味はないわ、聞いてみただけよ。",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム"] = {
    jp="ぅ~~またです、またしてもうさみみです……ぐすっ……。<br>団長さんが褒めてくれるからいいですけど、この格好、そんなにいいんですか……?",
    en=""
  },
  ["ガイラルディア"] = {
    jp="おぉお!? お月様でかっ!? いつもこんなにおっきかったっけ?<br>あ! ねぇねぇ団長~? 月にはウサギがいるんでしょ~? 餅つきしてるって聞いたよ~?<br>やっぱ頑張ってる子は応援してあげたくなっちゃうよねぇ~。<br>えへへっ♪ 勿論団長もその一人だよ♪",
    en=""
  },
  ["ユーカリ"] = {
    jp="団長さん、今日はお月見の日だね。真ん丸お月様だよ~。お昼寝いっぱいしたから、今日は一晩中起きていられそうだよ。<br>こうやって朝までずっと団長さんと一緒にいたいな…ってコータローが言ってるよ。<br>えへへ、団長さんの膝、枕にしてもいいかな?",
    en=""
  },
  ["イチョウ"] = {
    jp="月はいつでも、私たちのことを見守ってくれています。まるで、神様のような存在ですね。<br>…表に出さなくても、私の本心は見えてしまうのでしょうか?あぁ…これでは、団長さんへの想いを隠せませんね。",
    en=""
  },
  ["モミジ"] = {
    jp="今宵の夜空で一番輝いているのは…文句無しに、あの月でしょう。<br>ところで、月から私達はどう見えているのでしょうか?一番になった者が見る景色……興味があります。",
    en=""
  },
  ["スズランノキ"] = {
    jp="この間、面白い本を読んだわ。月を見ると狼に変身する男の話。んっふふ。団長さんも変身しちゃうのかしら?<br>え? 条件次第? って、どういうこと?",
    en=""
  },
  ["リュウゼツラン"] = {
    jp="はむはむ…ふぇ?月より団子って、そうじゃないわ。ちゃんと月だって見てるもの。<br>それで言うなら、お団子より団長様の事が気になって、お月見に集中できないぐらいよ。もぅ。",
    en=""
  },
  ["フォックスフェイス"] = {
    jp="ふぅん……月ってじっくり見ていると、結構面白いものね。色んな表情が見られるし、それでいて飽きないわ。<br>…でもそれって、団長の顔を見てるのと同じかも。ふふっ、なんてね。団長の顔は、新月にはならないものね。",
    en=""
  },
  ["ランタナ"] = {
    jp="……ねぇ~、月ばかり見てないで、私も見て~?<br><br>はーいドキドキした! だんちょ今絶対ドキッとした~。そういう顔したもん! セクシィランタナの勝利であ~る!",
    en=""
  },
  ["ペポ"] = {
    jp="ペポ特製月見団子です!団長さん、お一つどうぞっ!…美味しいですか?…え?白玉の味がする?…うわぁ!使う粉を間違えちゃいましたぁ…",
    en=""
  },
  ["リンドウ"] = {
    jp="お団子貰ってきたよー!やっぱりお団子があると、「よーしお月様見るぞー!」って気分になるよねー。<br>ほらほら、団長さんもお一つどうぞ。はい、あーん。……どう?美味しい?",
    en=""
  },
  ["ペンタス"] = {
    jp="あ、雲が、月を…仕方がありません、待ちましょう。雲はいつか、必ず晴れるものです",
    en=""
  },
  ["エキナセア"] = {
    jp="こうして団長と月を見ていると、普段抱えている悩みも忘れてしまうな…あぁ、私だって、少しは悩んだりするさ。<br>あまり団長を心配させてはいけない、と口にはしないがね。それとも…団長になら、言ってしまっても良いかな…",
    en=""
  },
  ["ビオラ"] = {
    jp="さっき間違えて、飾ってあったお餅を食べちゃいました。ふにー。ごめんなさい。<br>代わりに、私のドーナツお供えしておきます。団長さん、これでウサギさんは許してくれるでしょうか?",
    en=""
  },
  ["ヤツデ"] = {
    jp="月見の季節になると……人々は空に浮かぶ月を見上げるようになるな。<br>毎日そこにあるのに、意識しないと気付かない。身近にいるのが当たり前になり過ぎているのだろう。<br>そうならないように自分を戒めるよ。団長さんの事は、毎日見ていたいからな。",
    en=""
  },
  ["リンゴ"] = {
    jp="お月様って可愛いですねぇ……。丸くてちっちゃい感じが、とっても好感が持てます。<br>それにあんなに輝いて……きっとものすごい美人さんが月の上にいて、ピカピカ光ってるんですよ!!<br>こっちに来てくれませんかねぇ……",
    en=""
  },
  ["アイビー"] = {
    jp="私くらいの超越者になると、不可能なことなどないの。……「月のうさぎが今何してるか」? そ、そんなの余裕よ!<br>……私達の方を見ながら、「お似合いの夫婦」って言ってくれてるわ。<br>……~~な、何かしらこの空気、恥ずかしいじゃないの! ~~団長さん何か言ってよ~!",
    en=""
  },
  ["ヤドリギ"] = {
    jp="お月見の日は、ケーキよりお団子に限るッスね!<br>もちろん、ケーキへの愛を忘れたわけじゃないッスよ。適材適所って言葉もあるッス。<br>あたしも風情を感じる心は大事にしたいだけッス!",
    en=""
  },
  ["サンダーソニア"] = {
    jp="絶好のお月見日和ですね~。静かな中にも、耳を澄ませば、いろんな音が聞こえてくるんですよ?<br>木々の音。風の音。でも、やっぱりお気に入りは、隣にいる団長さんの音♪<br>団長さんの胸に耳をくっつけると、もっとよく聞こえます!<br>だから……もう少し、このままで♪",
    en=""
  },
  ["モミノキ"] = {
    jp="満月の夜は、血が騒ぐって言いますけど、月の光ってなんだか優しくて、私は安心します。<br>まるで、団長さんが隣りにいてくれるような……うふふっ、そうでした。まさに今みたいな感じですね。",
    en=""
  },
  ["ポインセチア"] = {
    jp="お月様綺麗だね~。うふふっ、私の方が綺麗なんて~。<br>って団長、本当にそう思ってる!?もう1回私の目を見ながら言ってみてよ!",
    en=""
  },
  ["クリスマスローズ"] = {
    jp="誰かと一緒に月を眺めるなんて……<br>ふふ……私も変われば変わるものです。団長さんといると不思議な事ばっかりですね。",
    en=""
  },
  ["ホーリー"] = {
    jp="お月見のために望遠鏡、用意してきたよぉ!<br>お~わぁ…マジではっきり見えるねぇ!<br>こんな感じで、団長の心の中も覗いちゃうぞぉ!なぁんてね!",
    en=""
  },
  ["センリョウ"] = {
    jp="すっごく綺麗なお月さま。まるで、マンリョウお姉ちゃんみたい。優しい光でみんなを照らして、すっごく安心する。<br>えへ♪でも正直、マンリョウお姉ちゃんの方が綺麗かな。",
    en=""
  },
  ["ナンテン"] = {
    jp="月見と言えばお団子だけど、お団子はお腹が膨らむ割に栄養は少ないから、あまり食べ過ぎないようにね。<br>お団子の食べ過ぎでご飯が入らないー、なんてことはないようにするのよ。",
    en=""
  },
  ["ハボタン"] = {
    jp="団長さん、もうみんな集まってるよ?<br>……え? パーティーだよ~。お団子みんなで食べようって、団長さんが言ったんだよ~? 覚えてないの?<br>……忙しかったからね~。ま、嘘なんだけど。",
    en=""
  },
  ["マンリョウ"] = {
    jp="団長さん、月見団子を作ってみたんです。センリョウと一緒にがんばって作ったんですよ。<br>お団子を、ウサギさんの形にしてみたのですが…ふふ、いかがですか?<br>…おいしいですか?良かったです♪喜んでいただけて嬉しいです♪",
    en=""
  },
  ["マツ"] = {
    jp="本来であれば、月見団子ですが、今日はこれを。はい、ハンバーガーです。<br>月を見ながらのハンバーガーも、きっと美味しい筈です。今、お茶をお淹れしてきますね。",
    en=""
  },
  ["ボタン"] = {
    jp="美しい月じゃのぉ…。<br>まるっとしてピカピカとして、おまけにしぃ~んじゃ。<br>穏やかさの中にある静けさが、なんとも心地よいわ。",
    en=""
  },
  ["ユリ"] = {
    jp="太陽が照らしてるから、月は輝いて見えるって言うじゃない?だったら私は太陽になるわ、って前は考えてたんだけど、最近は月でもいいかなって思うの。<br>うふっ、私のことしっかり照らしてよね、ダーリン?",
    en=""
  },
  ["シャクヤク"] = {
    jp="いひひっ、だんちょうさ~ん……つきがきれいですねぇ~……ひっく……。ししょうからもらったおさけ、とってもおいひいですぅ~……。<br>……あれ? なんだか、だんちょうさんがふたりにみえますぅ……うわわっ、ごきょうだいですかぁ~……?<br>どうも、いつもおせわに、なってま~すぅ~……。",
    en=""
  },
  ["フクジュソウ"] = {
    jp="満月を見てると気持ちが昂ぶるってぇ?…いっひひwそれじゃまるで狼男じゃないか、団長さん!<br>狼さながらに襲いたいって言うんなら、そういう強引な団長さんも、たまになら見てみたい…かな?",
    en=""
  },
  ["アカシア"] = {
    jp="団長!今日はお月見という事で、特別にお団子を持って来たわ。勿論、他の花騎士の分もあるから心配しないでね?<br>餡にみたらしに胡麻……さあ、どれから食べる?",
    en=""
  },
  ["ヘリオトロープ"] = {
    jp="月見団子は、お月様に見立てて作るものだって聞きましたです。ということは、マスタードを混ぜれば、も~っとお月様に近い色になると思いますです!<br>よぉ~っし!って、ダンナさま!?ど、どうして逃げちゃうですか~!?",
    en=""
  },
  ["ポピー"] = {
    jp="散歩をしながらの月見は、また違った景色を堪能できます。特に…ほら、あそこを見てください。<br>川に映る月は、特に綺麗です。団長さんと、色々な月が見れて、うふっ、なんだか得した気分。",
    en=""
  },
  ["レインリリー"] = {
    jp="はむ…はむはむ…ふふふふっ♪これは危険なお月見団子だね~。美味しくて、食べ過ぎちゃいそう~。<br>団長さんなら、どんなリリーでも可愛い!って言ってくれるかもしれないけど、これくらいにしておこ~っと。",
    en=""
  },
  ["ベロニカ"] = {
    jp="月を見るのは嫌いじゃないんだけどね。でも、みんなががっかりするなら、さっさと風が吹いて雲が覆ってしまえばいいと思うわ。<br>光が一条も差さないように…ね。",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン"] = {
    jp="お月見といえば、やっぱりお団子ですよね! こんなにあるから、ついつい食べ過ぎちゃいます。<br>団長さんも、お一ついかがですか? はい、あ~ん♪",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン"] = {
    jp="月ならいつも見てるけど、団長と一緒に見るのは特別な気がする。 一人で見ても、こんなに綺麗に見えない。<br>団長が隣に居るだけなのに……不思議。 ……団長も同じように感じてる? 何だか嬉しい……これも不思議。",
    en=""
  },
  ["ラナンキュラス"] = {
    jp="そうっと……そうっと……よぉし、出来た♪<br>団長! 見てみて♪ お月見団子を、限界まで高く積んでみました~。<br>いや~これはちょっとした職人技だねぇ。我ながら惚れ惚れしちゃう♪<br>問題は、食べるのが勿体無いってことだね~。",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ"] = {
    jp="つ、月が綺麗です…ね。うーん、もっとこう、自然に言えるように…あぁっ!?だ、団長、い、いつからそこに居ったのじゃ!?<br>まさか、聞いておったのかー!?",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア"] = {
    jp="こちらをどうぞ、月見団子です。やはり、お月見をする時には、必要でしょうから。向こうに支度は整えてありますよ。<br>月が一番綺麗に光るときまで、もう時間がありません。ご案内しますから、一緒に行きましょう、団長殿。",
    en=""
  },
  ["ニシキギ"] = {
    jp="団長さん、ちょっとお胸を貸してください。ふんふん…ドキドキしてるのが聞こえますよ。満月を見ると興奮するのって、本当みたいですね。",
    en=""
  },
  ["プリムラ"] = {
    jp="この静かな月明かりを見ているだけで、気持ちが落ち着いてきますね~。<br>でも~団長さん。不思議なんですが~、今の私の鼓動は、アレグロです♪",
    en=""
  },
  ["ロウバイ"] = {
    jp="団長さん。一緒にお月見でもどうですか?ちょっと寒いですけど、こうやってくっついてれば……<br>え?おっぱいが当たってる?もぅ……今日だけですからね、許すのは。",
    en=""
  },
  ["ゼフィランサス"] = {
    jp="綺麗な月~……。 こういう夜はしんみりとするわねぇ。 静かな夜も、たまには良いじゃない?<br>フフッ、私もこういう風情を感じられるくらいには大人ななんだからね? ……ふぅ。 やっぱ、じっとしてるのは退屈かも。<br>ちょっと散歩しようよ。団長さん♪",
    en=""
  },
  ["トリカブト"] = {
    jp="団長、どう?気持ちいい?じゃ、次はここを優しく…んー…はー…ふふふ♪団長、お顔とろけてきたの。<br>ススキの穂で団長の足の裏こちょこちょ…んふぅ…楽しい。",
    en=""
  },
  ["デルフィニウム"] = {
    jp="月が落ちてくるぞー!デルちゃんが受け止めるから、団長は逃げろ!<br>うおおお、うむむ……まさか団長、手伝ってくれるの!?ふふっ、団長も飛んだお人好し♪……え、周りに迷惑だから静かに?……はーい、了解でーす……",
    en=""
  },
  ["ローズマリー"] = {
    jp="せっかくの美しい月だ。詩の一つでも作りたいところだが……生憎、私の文学的素養は壊滅的ときている。<br>しかし、団長。出来はさておき、君に詩を捧げたい。聞いてくれるか?",
    en=""
  },
  ["ミモザ"] = {
    jp="今日は一段と月が綺麗ですね。風に乗って、葉の匂いが届いてきます。落ち着きますね。……って、なんだかお婆さんみたい?",
    en=""
  },
  ["サイネリア"] = {
    jp="だんちょー、月が綺麗ですよ。えっ!月明りで、より、私の笑顔が可愛いって…うぅー…は、恥ずかしいですよだんちょー。もぅー。",
    en=""
  },
  ["ホップ"] = {
    jp="満月はいいよね~。眺めているだけで、酒がうまくなる。正直、何杯でもいけるような気がするよ~。<br>団長もここに座って、1杯やろうよ。さあさあ、遠慮しないでほら~。",
    en=""
  },
  ["ヘザー"] = {
    jp="月とお酒……まさに鬼に金棒というか……ふふっ♪ お酒が止まりません。<br>団長?今日はあの月が沈むまで付き合ってもらいますからね?",
    en=""
  },
  ["アプリコット"] = {
    jp="お月様を見ていると、気分が高揚するって話を聞きます。確かに、じっくり見ていると、なんだか、吸い込まれそうで…<br>あ、ご、ごめんなさい団長さん!つい無意識に袖を掴んじゃって。<br>構わない、ですか?あ、ありがとうございます!",
    en=""
  },
  ["ヨモギ"] = {
    jp="良薬口に苦し、って言うけどぉ~…組み合わせや量の調節次第で苦くないどころか、おいしいお薬にすることも出来るんだよ~<br>例えば…団長が今食べてるお月見団子にも薬草は入ってるし~<br>えぇへへ、団長がたくさん体にいいもの食べて、健康でいてくれたら…嬉しいなぁ~",
    en=""
  },
  ["シンクライリアナ"] = {
    jp="団長さん、見て!お月様がすっごい綺麗なの。<br>くらい夜でも、お月様の光が夜を照らしてくれるから、みなさんのお顔がはっきり見える。団長さんのお顔、優しい笑顔なの。",
    en=""
  },
  ["ナナカマド"] = {
    jp="団長さん、お団子の用意出来たので、一緒に食べましょう。<br>えへへ…夜は一人だと怖いですけど、お月さまが照らしてくれるから、安心できます。それに……団長さんも…一緒ですし…",
    en=""
  },
  ["アスター"] = {
    jp="どの土地から見上げようと、月は同じ姿を見せてくれる。<br>なのに、独りで見ている時と、ブラザーと二人で見ている時とでは、月の姿が少し違うように感じるんだ。<br>……なあ、あの月は、あんなに綺麗だったかい?",
    en=""
  },
  ["カラスウリ"] = {
    jp="満月って真上から見たプリンに似てるよね。すごくおいしそう。<br>そのせいか月が欠けると誰かに食べられたような気がしてちょっと悲しくなるんだ。だからお月見で眺める満月、僕は大好きだよ!",
    en=""
  },
  ["サフラン"] = {
    jp="ふふっ♪ こんな風に月をぼーっと眺めるのって……なんて贅沢なんだろうって思うわ。<br>特別な人と二人で味わう静寂は、どれだけお金を積んでも買えないものよ。",
    en=""
  },
  ["ラッセリア"] = {
    jp="森とか山とか荒野とか……色んなとこを歩いてきたけど、お月様の上を歩くってどんな感じなんだろう?<br>いつかお月様にもふらっと行けるようになるといいなあ。",
    en=""
  },
  ["アロエ"] = {
    jp="すっごく小さい頃、おばあちゃんと一緒にお月見したのを思い出すな~。<br>その時は曇りで、おばあちゃんとおしゃべりしながら月が出るのを待って、<br>結局、月が出る前に寝ちゃったんだけど……。<br>ふぅ……でもとっても楽しかったなー。",
    en=""
  },
  ["リリオペ"] = {
    jp="月なんかより私……って思ったけれど、結構きれいなものね、月も。<br>あんな風に輝けたら、私ももっと愛らしくなるかしら。<br>ねぇ、団長はどう思う?ここは私を一番見てくれている団長の意見に従うわよ。",
    en=""
  },
  ["スノードロップ"] = {
    jp="今日は静かな夜ですね。絶好のお月見日和です。おまけに二人きりなんて、まるで恋び……あっ!<br>す、すみません、ちょっと口が滑っちゃって、何でもありませんです~っ",
    en=""
  },
  ["サツキ"] = {
    jp="ハァ……月がとっても綺麗ね……丸くて優しく光ってる。まるで……大きな真珠みたい。<br>……え? 私の方が綺麗? あら♪ 団長さん、お上手ね。私……本気になっちゃいそうだわ……。",
    en=""
  },
  ["カイコウズ"] = {
    jp="団長さん、お月様ってすっごくおおきいんだよね。じゃあ、あのうさぎさんたちがついているお餅の大きさって……じゅるり。<br>…あぁっだめだめ!あんなに食べたら、お腹がお月様みたいにまんまるになっちゃうよ!",
    en=""
  },
  ["シオン"] = {
    jp="綺麗な月ですね。こんな夜に団長と二人でいられるのは、少し…いえ、かなり嬉しいです。<br>今宵は、どうか、ずっと御側に…。",
    en=""
  },
  ["リシアンサス"] = {
    jp="おっきなお月さまですねー。やっぱり、大きい事はいい事です。あ、で、でもあれですよ?胸だけは違いますからね。<br>みんなバインバインなって、それはそれで退屈な世界じゃないですか?",
    en=""
  },
  ["イベリス"] = {
    jp="満月を見てると、興奮するらしいですね。野生の本能をツンツン刺激されるそうですよ?<br>ところで団長さん、何か変わったところはありません? 例えば、私と一緒にいて、興奮する~とか~……どうですか?",
    en=""
  },
  ["ベラドンナ"] = {
    jp="今日はお月見ね。確かに月は綺麗だと思うけど、世界中の人の視線を集めるほどかしら~?<br>でも、現実として集めてるんだから、魅力的である事は事実ね。ちょっと、興味が湧いて来たわ♪",
    en=""
  },
  ["ワスレナグサ"] = {
    jp="何かもかもを見透かす様な月だな。まるで引き寄せられるような…。<br>だ、団長さん、頼みたい事がある。<br>私がどこも行かぬよう、見守っていてくれ。",
    en=""
  },
  ["グリーンベル"] = {
    jp="綺麗なお月さまですね。とても神秘的な輝きです。なのにカタバミったら、あの月を私の胸みたいって言うんですよ。<br>確かにまんまるかもしれないですけど、私の胸は、あそこまで綺麗な丸じゃないですからね。",
    en=""
  },
  ["アリウム"] = {
    jp="今日は月が綺麗ですね。先ほど占いをしてみたら、『月に近づいてはいけない』と出ました。<br>月には、何かあるのでしょうか。この世界の、黒い歴史でも、保存されているのでしょうか?",
    en=""
  },
  ["タチアオイ"] = {
    jp="月が大きくて綺麗で、幻想的だねー。ずっと眺めていると、なんだか吸い込まれてしまいそうだ。こんな風に思ったのは初めてかもしれないね。",
    en=""
  },
  ["アリッサム"] = {
    jp="お月見団子を用意したのですけど、よろしければ一緒にどうですか。<br>街で見かけて、試食を勧められたのですが、とても美味しくて……少々、買い過ぎてしまいまして。えへっ。",
    en=""
  },
  ["オキザリス"] = {
    jp="団長さん、もうちょっと、こっちに来てもらえないでしょうか?お月様が大きくて、なんだか吸い込まれちゃいそうな気がして…。<br>私がどこにも行かないように、できれば手もぎゅってしてて下さい。",
    en=""
  },
  ["イヌタデ"] = {
    jp="わんわんわーん!今日は夜でも、外が明るいねご主人。<br>皆がお月見の日って教えてくれたから、今日は夜のお散歩にしてもらって、大正解だー♪<br>あんなにおっきくて真ん丸で、きれいな月なんだし。",
    en=""
  },
  ["ハブランサス"] = {
    jp="二人で月を眺めていると、不思議と落ち着きますね? なんだか、ずっとこうしていたい気分。<br>ふふっ、大丈夫ですよ、たまにで大丈夫です。たまにこうして、二人っきりになってくれれば、それで私は十分満足です。",
    en=""
  },
  ["フクシア"] = {
    jp="見て見て、この美しいお月見団子。団子の色、艶、そしてこの盛り付け、完璧でしょ。さぁさぁ、一口でパクッと行ってみよー。",
    en=""
  },
  ["クフェア"] = {
    jp="どうだ?あんたも一杯。月見酒としゃれこもうじゃないか。以外だな…って、そうかな。あんたとなら、うまい酒が飲めそうだなって、思ったんだ。",
    en=""
  },
  ["マンリョウ(ジューンブライド)"] = {
    jp="綺麗な月ですね…静かな夜に、団長さんと二人きり。こんなに素敵なお月見は、他にないです。あの…団長さん。もう少しそばに行ってもいいですか?",
    en=""
  },
  ["ハナモモ(ジューンブライド)"] = {
    jp="お月さまばかり見ていないで、あたしのことも見てくださいませ!<br>団長様のために、せっかくおしゃれをしてきたんですのよ。団長様に、もっと見てもらいたいですの。",
    en=""
  },
  ["オオオニバス(ジューンブライド)"] = {
    jp="月はまるで、団長さんの瞳…顔のよう…。でも、月を手に入れることは出来ない…。<br>団長さんを手に入れることが出来るのは、いつになるんでしょう?",
    en=""
  },
  ["ガザニア"] = {
    jp="月は、夜の航海を照らしてくれる心強い存在。<br>陸にいる時はあまり有り難味を感じないんですが、こうして、まん丸な満月を見ていると、心が洗われる気がします。",
    en=""
  },
  ["ジャーマンアイリス(七夕)"] = {
    jp="でっかい月っすね~。静かなのに、迫力があるっす。ふ、ふ、ふ~。あの月もまた、静かに燃えているってことっすね。",
    en=""
  },
  ["カタバミ(七夕)"] = {
    jp="なぁなぁ団長、お月様と私、どっちがきれい?……って訊くとかわいいって本に書いてあったけど……ホントか?<br>月と私って、そもそも比べるもんじゃないと思うんだけどなぁ。",
    en=""
  },
  ["バンテイシ"] = {
    jp="夜風に吹かれながら、月を見上げるのって気持ちがいいね。私はあんまり情緒とか分からないけど、こういうの風流っていうのかな?<br>ねっ、団長…うわっ!? ち、近いっ、寄りすぎだから、団長っ!? そんなに近づかれたら、恥ずかしいってば…",
    en=""
  },
  ["ヒメリュウキンカ"] = {
    jp="お月様を見てると、なんだかふわふわした気持ちになりますねぇ。お空に浮かんでるのはお月様の方なのに…。<br>団長さん、飛んでいっちゃわないように手を繋いでてくれませんか?",
    en=""
  },
  ["ライオンゴロシ"] = {
    jp="ニャーーーー!うーん、月に遠吠えしてみたけど、いまいちしまらない気がするニャ。気持ちが足りないのかな?もう一回、ニャーン!",
    en=""
  },
  ["カトレア(水着)"] = {
    jp="あら?月が隠れちゃったわね。雲を吹き飛ばしてもいいけど、今日はあなたも一緒だし、おとなしく待ってあげる。",
    en=""
  },
  ["チョコレートコスモス(水着)"] = {
    jp="だ、団長。団長は、満月を見るとオオカミになったりするの?<br>その、コスモスちゃんからそう聞いて……オ、オオカミになってもいいけど、私の前だけにしてくださいね。",
    en=""
  },
  ["エピデンドラム(水着)"] = {
    jp="お月見っていいよね~。月を見ながら、お団子を食べてゆったりとした時間を過ごす。私にぴったりな日じゃない?<br>それに、今日は団長と一緒に過ごせるなんて、すごく幸せだよ~",
    en=""
  },
  ["プルメリア"] = {
    jp="とってもきれいなお月さまですねー。団長さん、寒くないですか?少し風が出てきたので、プルメリアが抱っこしてあげますね。",
    en=""
  },
  ["スイギョク"] = {
    jp="オラ、団長!なんか面白いこと喋れよ!<br>月見だからってあんまりロマンチックな雰囲気にすんじゃねぇ!<br>じゃねぇと……我慢すんのやめて、今すぐ抱いちまうぞ…?",
    en=""
  },
  ["イカリソウ"] = {
    jp="月はね、夜に航海してるとすっごく頼もしいんだよ。だって、どんな願い事でも叶えてくれそうな気がするんだ~。<br>でも今は~お月さまより団長の方が頼もしいかな~。",
    en=""
  },
  ["エニシダ"] = {
    jp="団長さんは、お月様にお願い事しましたか? えっ、お月見ってお願い事はしないんですか!? う~ん、でも一つくらいは叶えてくれますよ、きっと!",
    en=""
  },
  ["シーマニア"] = {
    jp="月をこんなにじぃ~っくり見ることなんて、あんまりねぇです。<br>オヤビンはときどき、月を眺めて何か考えてたような気がしますけど…う~ん?<br>きっと「月にお宝を探しに行くぜ!」とか考えてたに決まってるです!",
    en=""
  },
  ["サクラ(エプロン)"] = {
    jp="はいどうぞ、団長さん。月見団子です。去年お団子屋さんのお手伝いをした時に、作り方を教えてもらったの~。<br>まだまだ修行中だから、感想教えて欲しいわ~",
    en=""
  },
  ["ハナミズキ(浴衣)"] = {
    jp="Moonlightを浴びながらオダンゴをタベール。とても風流なデートですねぇ。<br>でもだんちょーサン?オオカミに変身してもいいんですよ? Come on♪",
    en=""
  },
  ["ウメ(浴衣)"] = {
    jp="団長さん、少し…こちらを向いてくれ。何って、お月見だよ。あなたの瞳に月が映っている、それを見ているんだ。<br>ふふっ、これはこれで素敵だよ。",
    en=""
  },
  ["ビオラ(浴衣)"] = {
    jp="簪を付けてみました。どうですか?お月見っぽいですか?ふにー♪団長さんに褒めてもらえると、うれしいですよ。",
    en=""
  },
  ["クレマチス"] = {
    jp="今日のお月見の為にお茶とお団子も用意しました。二人で存分にお月見を堪能しましょ。<br>ふふふ♪ 風流ですなぁ。",
    en=""
  },
  ["キヌタソウ"] = {
    jp="わぁ…すごい真ん丸な月ですね。とっても綺麗…実家の皆も、見てるのかな…団長さん。もう少し、そばに行っても、いいですか?",
    en=""
  },
  ["ホオズキ"] = {
    jp="お月さまにはウサギさんが住んでるっていうけど、私には大きな黒くて長い物が見えるきぃ。つまりこの子のご親族さまきぃ?<br>てことは私、実は月のお姫様きぃ?今宵明かされた驚愕の真実だきぃ~♪",
    en=""
  },
  ["サオトメバナ"] = {
    jp="独りの夜には……八つ当たりできる相手は月しかいなかった……。未熟な私の泣き言を、月は全て受け止めてくれたよ……。<br>そのおかげで今、こうして静かに月見をしている。……感謝しなくてはな。",
    en=""
  },
  ["ハツユキソウ"] = {
    jp="でっかいお月様から見れば、私の不幸なんてちっぽけなことなのでしょう。けれど私にしてみれば、人生の一大事です。<br>……はぁ、なんで私はこんなに不幸なのでしょう。<br>こんな時、私を慰めてくれる人……チラッ  例えば団長という役職に就いている人が抱きしめてくれれば……チラッ",
    en=""
  },
  ["ウキツリボク"] = {
    jp="月が、綺麗だね。あの夜空に輝く丸い月には、決して自分を曲げない、そんな意志すら感じるよ。あんな風に、ボクも輝きたいな……。",
    en=""
  },
  ["ナイトメア(カタクリ)"] = {
    jp="団長さん、お月様ってでこぼこがあるじゃない?月はすっっごく離れてるのに、はっきり見えるってすごいよね。<br>私がもっと鍛えれば、あーゆう大きなでこぼこ作れるのかなぁ。",
    en=""
  },
  ["アルストロメリア(未来への感謝)"] = {
    jp="だんちょ~、おつきみのおだんご、おいひいよ~♪……んふっ。<br>…っ…食べさせてあげるね?はい!あ~ん!…えへへっアタシの指、団長にペロッとされちゃった♪くすぐったーい!",
    en=""
  },
  ["アネモネ(世界花の巫女)"] = {
    jp="お月見、貴方と出会うまでしたことなかった…かも。月が綺麗だなんて、思ったこと、なかったから。<br>今は、会えない時、月を見て、貴方を思ってるよ。",
    en=""
  },
  ["ナデシコ(世界花の巫女)"] = {
    jp="世界花の巫女に選ばれて、私をとりまく環境が少しだけ変わりました。<br>でも、こうして団長さんと二人で月を見ていると、団長さんを想う気持ちは何一つ変わらないな、って思います。",
    en=""
  },
  ["ヒガンバナ(世界花の巫女)"] = {
    jp="月には魔力があるの。だから今夜の尻尾は……ほらあっ、いつもよりもふもふしてる♪<br>うふっ。だけどもちろん、触っちゃだ~め♪",
    en=""
  },
  ["エウカリス"] = {
    jp="月の明かりの下は、静かで明るくて、とても居心地がいいですね。こういう空気を味わうと屋敷から出て本当に良かったなって思います。<br>でも、ふふっ♪ 一番良かった事は、団長さんと出会えたことでしょうか。",
    en=""
  },
  ["フジバカマ"] = {
    jp="静かで、それでいて凛とした月を眺めていると、こちらの身も引き締まる思いです。<br>達人と向き合った時のような、独特な緊張感がありますね。",
    en=""
  },
  ["ツキトジ"] = {
    jp="月にはウサギがいっぱい…ってことは、ラパンがいっぱいいるって事…ねえ、団長。今すぐ連れてってほしいし。<br>そしたらウサギに囲まれて……いい夢……見れるし……くーくーんー……",
    en=""
  },
  ["ハギ"] = {
    jp="お団子も用意したから、団長さんいっぱい食べてね!…ん?ううん、わたしはいいの。<br>隣に団長さんが居て、一緒にお月様を観ていられるだけで…胸がいっぱいになっちゃうから…。",
    en=""
  },
  ["ツユクサ"] = {
    jp="今見る月は……昔見た月よりも綺麗に感じます。窓越しに眺めているしかなかった……あの頃に比べて……ずっと。<br>でも、手が届かないところは同じですね。寂しくもあり、安心もします。",
    en=""
  },
  ["カルセオラリア"] = {
    jp="わたくし、お月見は大好きですよ?じーっと見てたら、お月様から何かアイデアが湧いてくるような気もします。<br>……じーっ。むぅー、今日はうさぎさんしか見えませんー。",
    en=""
  },
  ["アカンサス"] = {
    jp="十五夜のお月様の美しさには、思わず見とれてしまいます。こう、美しい物を見ていると、創作意欲が湧いてきますね。<br>でも、今は……あなたとのこの緩やかな時を楽しむことにしましょう。",
    en=""
  },
  ["シロタエギク"] = {
    jp="さて、お団子の準備はこれでよし。団長様、お月見を始めようかの。<br>ん?これは何か、と?これは月見パン。団子に似せて作ったドーナツなのじゃ!<br>わっちがこさえてみたのじゃよ。ささ、食べて感想を聞かせておくれ?",
    en=""
  },
  ["ストレリチア"] = {
    jp="ちょっと!お月さまばっかり見て、いくらお月見だからって限度があるわ!目の前にもっと綺麗なものがあるじゃない。<br>ストレリチア様は綺麗です。はい、分かったら復唱しなさい。",
    en=""
  },
  ["ランプランサス"] = {
    jp="お月見より私は断然団長見がいいなー。一晩中どころか、いつまで見てても飽きないよー。うへへへっ♪<br>それに、月には手が届かないけど、団長には届くからー。えいっぎゅー。団長見から、団長抱きに変更も出来るもんね。",
    en=""
  },
  ["ハゼ"] = {
    jp="お月さまを見ているとなんだか胸がギュッて苦しくなるの。なんでかなー?<br>団長さーが一緒にいてくれてすっごく幸せなはずなのに……うぃ…私もまだまだだね、団長さーのためにもっとがんばるよ!",
    en=""
  },
  ["コキア"] = {
    jp="今夜はお月見の会なので、お団子いっぺぇ作りました。<br>それと、あたし特製ブレンドのお茶っこも用意しました。<br>やっぱり、お団子にはお茶っこですよね。",
    en=""
  },
  ["シャボンソウ"] = {
    jp="今日は十五夜だね。お月見しながらお風呂に入るの気持ちいいんだよ~。団長さんも入る?",
    en=""
  },
  ["メイゲツカエデ"] = {
    jp="漸く涼しくなってきたわね。この優しい月明かりを見てると、なんだか眠くなっちゃうわ。<br>ねえ? お願いが……あるのだけど……。膝枕して貰ってもいいかしら?",
    en=""
  },
  ["ヒトリシズカ"] = {
    jp="美味しいお団子のレシピを教えてもらいました。はい、生地は私の胸と、同じぐらいのやわらかさなるまでこねるように…と…<br>う…だ…団長さん…このタイミングで、生地を、ツンツンされると…すごく、恥ずかしいのですが…",
    en=""
  },
  ["ウサギノオ(ハロウィン)"] = {
    jp="月が綺麗だねー。……うふ、団長さん、月と私、どっちが綺麗?<br>3・2・1・ハイ、ブー!時間切れうさー!<br>と、言うわけでー、これからもずーーーっと、私にイタズラされることけってーい!",
    en=""
  },
  ["ニゲラ"] = {
    jp="団長、そんなにお餅食べるの?お餅について、悪い情報と、もっと悪い情報、どっちを聞きたい?<br>悪い情報は、お餅は太る。もっと悪い情報は、だけど…おいしいってこと。",
    en=""
  },
  ["シャクヤク(ハロウィン)"] = {
    jp="お月様には、魔力があるそうです。見る者の野生を呼び起こす力が──<br>──が、がおぉぉぉっ! 私の野生が、め、目覚めましたぁ~~……! 団長さんを、お、襲っちゃ……い……っ──<br>──こ、こんなのやっぱり無理ですぅ~……!!",
    en=""
  },
  ["ブルーエルフィン"] = {
    jp="団長ー。まん丸お月様が出てるよ♪<br>そういえば、お月様にウサギさんがいるってエニシダが言ってたけど、どこにいるのかな~。<br>団長は見える?",
    en=""
  },
  ["キウイ"] = {
    jp="うう、お団子って、意外と作るの難しいよ……何個作っても、全然同じ大きさにならないし……はぁ、ただ丸めるだけなのにぃ、あたしダメな子だぁー!",
    en=""
  },
  ["パイナップル"] = {
    jp="お月見って悩ましい行事ね……。月より美しい私が隣にいるのに空を見上げないといけないなんて……ねえ?<br>ちょ、ちょっとぉ?聞いてるの?こんなにすぐ隣にいるんだから、少しくらいは構いなさいよぉ。",
    en=""
  },
  ["ビワ"] = {
    jp="今日はお月見だから、お菓子を用意しました。<br>お月様の形をした落雁(らくがん)、兎の形の落雁もあるの。…だけど、可愛くて食べれない。",
    en=""
  },
  ["ミカン"] = {
    jp="今日のお月見は団長と二人でやりなさいって、オレンジ隊のみんなに言われました。<br>せっかくみんなが作ってくれた機会ですから、今日は団長と、二人でしかできない話をしたいと思います。あの!私ね、実は。",
    en=""
  },
  ["モミジ(クリスマス)"] = {
    jp="団長、月が綺麗ですよ。今日は団長とお月見がしたくて、お酒とお団子を用意しました。<br>良いものだそうなので、喜んで頂けると嬉しいです。",
    en=""
  },
  ["シャムサクララン(クリスマス)"] = {
    jp="今日はお月見だから、スコーン作ってきた。お月見スコーンだよ。月を見ながらスコーンを食べる、これ、絶対おいしい。<br>隣に団長が居れば、もっとおいしくなるはず。…ん?団長、何で笑うの?",
    en=""
  },
  ["ポーチュラカ"] = {
    jp="団長、静かな夜だねぇ、おまけに二人きり。へへ~。<br>これ以上、何か望むとバチが当たりそう。<br>今の私には、団長と、この月光だけで、結構…だよ?",
    en=""
  },
  ["ワタチョロギ"] = {
    jp="月にはうさぎがいるって言いますけど、羊はいないんですかね?<br>お餅をつくならうさぎよりも羊の方がパワーがありそうな気がします。<br>もちろん私も手伝いますよ、花騎士ですから!",
    en=""
  },
  ["アプリコット(クリスマス)"] = {
    jp="団長さん、お月見用にお月見団子を作りました。今回は、特別にジャムが塗ってあるんですよ。おいしいですか?ふふふっ、よかったです",
    en=""
  },
  ["イオノシジウム(クリスマス)"] = {
    jp="見てー、クリスマスベゴニアったら、口の周り、べたべたにしながらお団子食べてる。うふふ♪ 本当に可愛い顔で食べるわよね~。<br>団長さんもそう思うでしょ~? 今更取り繕ってもムダだよ? さっきから、ずっとニヤニヤしてるじゃん♪",
    en=""
  },
  ["クリスマスベゴニア"] = {
    jp="お月見はずっと見ていられるので飽きないのです。<br>団長さまとずっとずっとお月さまを見ていたいのです。<br>あとは愛の言葉があればもう何もいらないのです。",
    en=""
  },
  ["ヒメシャラ(クリスマス)"] = {
    jp="月を観ながら酒に酔い痴れる……月見酒というのも悪く無いなぁ、団長。<br>だ、団長?顔が赤いぞ?……ハッ!?<br>月に照らされたわらわのこの美貌が、其方を赤くしたというのか!? ならば、責任を取るしかあるまい。<br>だ、団長。わらわ、疾うに心の準備はできておる!<br>だから、今宵は……優しくして、下さいまし…",
    en=""
  },
  ["スキミア"] = {
    jp="綺麗な月に団長さんに。わたし今とっても幸せです。夜が明けなければ良い、ずっとこのままこうしていたい。<br>そんな風に思うくらい、満たされた気持ちです~。",
    en=""
  },
  ["オキザリス(新春)"] = {
    jp="お月様は、空に1人ぼっちで寂しくないんでしょうか?<br>…あ、もしかして、最初にお月見をしようって思った人は、お月様を慰めるために始めたのかも?",
    en=""
  },
  ["ユズリハ"] = {
    jp="ゆっくりと月を眺めるなんて、普段は中々出来ないわ……。でも、こういう余裕は生きていく上で絶対要るの。<br>団長さんもこういう時間を無くしちゃ駄目よ?……お姉さんとの約束。",
    en=""
  },
  ["アイビー(新春)"] = {
    jp="月を見る度に思うんだけど、あの裏側には何があるのかしら。<br>封印されし巨大なる災厄か、或いは栄華を極めながらも或る日忽然と滅びた文明の廃墟か…ふふっ♪団長さんの意見も聞かせなさいっ",
    en=""
  },
  ["オリーブ"] = {
    jp="今日は十五夜。この優しい月あかりを浴びてると、心が安らぐ気がしない?月って不思議だよね。",
    en=""
  },
  ["ローダンセ"] = {
    jp="今日の月はすごくおっきくて明るいですね!まさに完璧な月!ですね。私も月に笑われないように、完璧を目指して、より努力を重ねなければ!",
    en=""
  },
  ["セリ"] = {
    jp="月見だからといって、皆浮かれているな。向こうでは酒盛りなどが始まっているようだ。<br>でも、まぁたまには気分転換もいいか!<br>どうだ?団長。一杯貰ってこようか?",
    en=""
  },
  ["ユキノシタ"] = {
    jp="え!?団長は満月の夜に獣に変身するの!?<br>すごーい!何それ見たーい、見せて!見せて!",
    en=""
  },
  ["ゴギョウ"] = {
    jp="これから、七草乙女団のみんなと待ち合わせをしてるんです。それぞれ一品ずつ持ち寄って、お月見をしようって約束で。<br>よろしければ、団長さんも参加しませんか? 私たちの秘密基地にご招待いたします。",
    en=""
  },
  ["ハコベラ"] = {
    jp="むむむ……。あ、団長おにーちゃん♪ 今、お月様の中には何がいるのか考えていたんだよー。<br>ハコたんはウサギさんかな~って思うんだけど、カニに見えたり、魔女に見えたりする人もいるみたいだから、どれなのかな~ってね♪",
    en=""
  },
  ["アナベル"] = {
    jp="真っ暗闇の中に月がポツンとあると、本当に風流だなぁって思う。<br>心が落ち着くというか、なんというか……うぅ、一流の淑女ならこういう時、きっと素敵な表現するんだろうなぁ。",
    en=""
  },
  ["プロテア"] = {
    jp="あっ 団長さん!良かったらこれから一緒にお月見団子を作りませんか?<br>オトメギキョウちゃんも張り切って準備してくれてるんです。みんなで作るといつもよりもっとおいしいんですよ。",
    en=""
  },
  ["オトメギキョウ"] = {
    jp="お月見団子なら、私に任せてね!<br>いつもプロテア様達のためにいっぱい作るんだけど、今年は団長さんや他の花騎士さんの分も、もっともーっといっぱい作るからね!<br>頑張るぞ~、リンリーン♪",
    en=""
  },
  ["キリンソウ"] = {
    jp="侘び寂だとかそういったものは私はあまりわからないが、この月の美しさは心動かされるものがあるな。<br>それに、この月を見ていると何故かプロテアのことを思い出すんだ。",
    en=""
  },
  ["リカステ"] = {
    jp="団長さん? お月見するんですか? それなら、お月見団子を作りますね~。<br>お団子って、なかなか作る機会が無いので、たま~に作ると、なんだか楽しくなっちゃいます~。ふふふ♪",
    en=""
  },
  ["オニユリ"] = {
    jp="団長さん、お月見団子作ってきました。魔力なしの手作りです…えへっ♪こういう時は手作りが一番ですよね。",
    en=""
  },
  ["ハートカズラ"] = {
    jp="今日は一段と綺麗ね、お月様。お月見といったらぁ……そう!耳かき!<br>え……違う? まあいいからいいから♪ ほら団長さん、お~いで♪",
    en=""
  },
  ["カカオ"] = {
    jp="団長さん、月が綺麗ですね、えへへ、どうですか? 月の光に照らされてますます大人っぽく見えたり……うぅん……しないですか、そうですか……。<br>まだまだ修行が足りないということですね~",
    en=""
  },
  ["カキツバタ"] = {
    jp="今日はお月見会ですねぇ。 今宵は参加人数が多いという事で、お酒やおつまみ、お団子などを沢山用意しました♪<br>ただし、明日に支障が出ないよう、お気をつけてくださいね?",
    en=""
  },
  ["ザクロ"] = {
    jp="団長、今日は子供達のためにお月見会準備してくれてありがとう!あんなに喜んでくれた顔を見たのも久しぶりだったよ!<br>ちょっと団長の肩、貸してくれないかな?……あたしも、君がいてくれて、嬉しかったよ!",
    en=""
  },
  ["ハス"] = {
    jp="美しい月だ…。<br>一人でも多くの民が、何の不安もなく、あの月を眺められるようにしなければな。<br>ん…背筋が伸びる思いだ。月の光は、優しくも厳しいな。",
    en=""
  },
  ["ラミウム"] = {
    jp="団長くん! 一曲……踊ってくれる? こーんな満月をバックに踊れるなんて早々あることじゃないでしょ?<br>お姉さんが優しくリードしてあげるから、ね♪",
    en=""
  },
  ["オナモミ"] = {
    jp="お月見もいいけど、今夜は私を見る会をやるのはどうかしら?<br>いいのよ団長、私はここに黙って立っているから。どこをどんな風に見ても。<br>うふふっ♪だけどさわるのはダ~メ!月だって、手が届かないからこそ、美しさが引き立つんだもの!",
    en=""
  },
  ["ベルゲニア(ゴシックメイド)"] = {
    jp="見て下さい、団長殿。ヒメ様のお餅を食べるお姿。はー。ヒメ様の愛らしさは、いつ見てもたまりません。",
    en=""
  },
  ["ハナイ"] = {
    jp="私からすれば月もいいけど、団長さんだって素敵だよ。んっ、ん~、ちょっと違うかな?<br>アデニウム様ならもっとこう格好よく…ごめんなさい団長さん、もう一回やり直すね",
    en=""
  },
  ["ニチニチソウ"] = {
    jp="お月見団子って素朴な味で美味しいですよね?こういうの好きです~♪<br>……ハッ!すっすみません。私ばっかり食べてて。お給仕!お給仕しなくちゃ!<br>今、お茶をお淹れしますので……あっ!うあっちちぃ~~。こ、こぼしちゃいました~。",
    en=""
  },
  ["フリージア"] = {
    jp="団長さんは、満月の夜に獣になるって本当ですかぁ?<br>ふぇ~…ちょっと見てみたいですぅ。でも、どうやって元に戻るんですか?<br>フリージアに出来ることがあったら、何でも言ってくださいね。",
    en=""
  },
  ["モルチアナ"] = {
    jp="今宵は十五夜です……。綺麗な月ですね……。<br>母も……同じ空を見ているのでしょうか。",
    en=""
  },
  ["アンリ(バイカカラマツ)"] = {
    jp="害虫たちに、この美しい月を愛する心があれば、私達が戦う必要もないのかもしれません。<br>夢物語だとは分かっていますが、そんな奇跡を、望んでしまいます。",
    en=""
  },
  ["ピラカンサ"] = {
    jp="今日はお月様がすごい光っていて、夜とは思えないぐらい明るいね…!他の日もこれぐらい明るければ怖くないのに……<br>へっ!?何でもない!よ、夜なんで怖くないしね!…ビビッてないから!",
    en=""
  },
  ["サンタンカ"] = {
    jp="あっ団長!さっき、餅つきのお手伝いをしてたんですけど、杵の先がどっかに飛んでっちゃったり、臼が真っ二つに割れちゃったりで大変だったんですよー。<br>でも、どうにかできましたので、ぜひ食べてみてください。力作ですよ。",
    en=""
  },
  ["クルクマ"] = {
    jp="団長さん、座ってからずっとお月さま見てますね。えっ!だ、団長さんのこと、ずっと見てたりしてないですよ。<br>た…ただ…その…かっこいいなぁ…って思いまして…えへへっ♪",
    en=""
  },
  ["イモーテル"] = {
    jp="さっきからずっと月に見入っているね? フッ、そういうピュアな所は良いと思うよ。俺は結構拗らせているタイプだから、羨ましいな。",
    en=""
  },
  ["リンデルニア"] = {
    jp="月が似合うような、落ち着いた女の人に憧れます。実は私、自分の気持ちを抑えるのが…あんまりうまくなくて…あ、今、それは知ってるって顔しましたね?もう!",
    en=""
  },
  ["コデマリ"] = {
    jp="えっ。団長さまは、月を見ると、オオカミに変身するんですか?<br>凄いです。何を食べたら変身できるようになれるんですか?私も変身したいです!",
    en=""
  },
  ["サラセニア"] = {
    jp="毎年毎年、ただお団子を食べてるだけじゃつまんないよね?<br>てことで……はい、ロシアンお月見団子。この中に一つだけ火を噴くくらい激辛な特製団子があるよ。<br>さあ団長ちゃんどれにする~?おっ、本当にそれでいいの~?",
    en=""
  },
  ["オジギソウ"] = {
    jp="月の光って、優しくて、とてもよく眠れるんですよね~。いつでもどこでも眠れますけど、やっぱり、夜の方がゆっくり眠れます~。<br>えへへへ♪一緒に月を見ながら、一休みしましょう~。",
    en=""
  },
  ["エルダーフラワー"] = {
    jp="このお月見団子には、筋肉をほぐす薬草を練りこんであるんだ。団長さまもどうぞ♪ <br>あぁ、もちろん食べてすぐは効かないよ?効果が出るのは、お布団に入る頃。今夜はぐっすり眠れるはずだよ。",
    en=""
  },
  ["ピンポンマム"] = {
    jp="スティックトゥ! 団長がお餅をつく姿、とっても素敵よ♪",
    en=""
  },
  ["バルーンバイン(イースター)"] = {
    jp="団長さん、今日は一段とお月様が綺麗ですよ。……ん~……まんまるで美味しそう……。<br>ぁ……って、いけない! お腹が空くと、食べ物のことばかり考えちゃいます。<br>……そうだ! お月見団子を作ってきたんです。よかったら、二人っきりでお月様を眺めながら……食べませんか?",
    en=""
  },
  ["リムナンテス"] = {
    jp="団長ちゃん!みてみてですぅ♪ 卵型のお団子を作ったんですよ。<br>せっかくなのでカラフルになるように色もつけてみたですぅ♪ <br>たまにはこんなお団子も楽しいと思うのですぅ♪",
    en=""
  },
  ["ヘレニウム(イースター)"] = {
    jp="ふぇぇ、だ、団長さん!?月はあっちですよ!?<br>私のお尻、何かついてますか?あんまり見られると恥ずかしいです。<br>えっ、このしっぽを触りたい…ですか?団長さんなら触っても、いいですよっ。どうぞ!",
    en=""
  },
  ["マネッチア"] = {
    jp="こんなに明るいお月様に照らされていると、何だか嘘もつけなくなっちゃう気がしますね~。<br>団長さまの素直な気持ち、色々聞かせて欲しいです~。",
    en=""
  },
  ["エノコログサ(花祭り)"] = {
    jp="花祭りの時に聞いたんだけど、ロータスレイクの水中都市、お月様が変な感じで見えるらしいにゃ。<br>だから今頃はきっと……うにゃ~!見たくなってきたにゃ! 私、ちょっと行ってくるにゃ!",
    en=""
  },
  ["カカリア"] = {
    jp="あたしも月を題材にした絵は何度か描いてるけど、あの吸い込まれそうな感じはいまだに上手く表現できないや<br>月の魔力って言うのかな? う~ん……やっぱり凄いよね、自然って",
    en=""
  },
  ["ランタナ(花祭り)"] = {
    jp="まーん丸お月様が美味しそー、団子みたーい……と言うわけで、お月見では団子を食べる風習ができたんだわ、うん。<br>……うぇ、違うのー? でも分かり易くなーい? 私、分かり易いのが好き。",
    en=""
  },
  ["スイートウィリアム"] = {
    jp="団長君、こんな夜に仕事なんて無粋にも程がある。どうだい? 月の下で、ダンスと洒落てみないか?<br>ふっ。心配しなくても……誰も見ちゃいないよ。月以外はね。",
    en=""
  },
  ["アキレア"] = {
    jp="お、おい団長、何でもいいから話してくれよ。この空気落ち着かねーんだよ、なんか甘ったるいっつうか、<br>月明かりに二人っきりだからか?なっ、バッ、赤くなってねーよ",
    en=""
  },
  ["ルドベキア"] = {
    jp="見て、団長!お月様、すごく綺麗だよ!手を伸ばしたら届きそうだよね!<br>あそこにはウサギさんがいるんでしょ?いつか行ってみたいなぁ~。",
    en=""
  },
  ["マロニエ"] = {
    jp="月には不思議な魔力があると言うが、あながち間違いでもないと思っている。<br>満月の夜、あるいは新月の夜に、凄惨な出来事により滅んだ村も、この世には少なからず存在する。",
    en=""
  },
  ["ニリンソウ"] = {
    jp="今日もお仕事お疲れ様、団長。んふっ♪ もうオフだし、お月見しながら~一杯付き合ってくれない?<br>その後は勿論……ふふっ♪",
    en=""
  },
  ["クモマグサ"] = {
    jp="月って、すごく高い所にありますよね。しかも、噂によると、岩がいっぱいでゴツゴツしているとか…<br>こ…これは…ぜひとも行かなくてはいけませんね!団長さん、月の行き方、知りませんか!?",
    en=""
  },
  ["パキラ"] = {
    jp="これからもお金がどんどんたまるように、お月様にお願いするんだ。これも立派な、金運アップのためなんだから。団長様もお願いしてみて。",
    en=""
  },
  ["リシマキア"] = {
    jp="仲良しさん同士で集まってのお月見……みなさん、楽しそうですね。ああいうのを見ていると私、むずむずするといいますか……。<br>まぁ、こうなっちゃうから、友達がいないんですけどね。",
    en=""
  },
  ["セルリア"] = {
    jp="お月見のお供え物、これで揃いました。団長さんにはお酒を用意してますよ。風情を楽しむには、お酒がいいと思いましたから<br>酔った勢いで私を襲っても…うぁ、いえ、なんでもないです",
    en=""
  },
  ["コマチソウ"] = {
    jp="ジーッとお月様を見てても面白くなーいよ! んねぇだーんちょ。それよりあたしの害虫標本見ない?<br>最近、光り輝く珍しい害虫を捕まえたんだー♪ そっちの方が綺麗だと思うよ。",
    en=""
  },
  ["ネリネ(ジューンブライド)"] = {
    jp="団長さん、甘いお酒、飲ませてください。今日は大人の女の子として、一緒にお月様をながめてみたいんです。<br>んっんっんっ…ぷはっ、の、飲めました。これで私も、少しは成長できましたよね。",
    en=""
  },
  ["ヨメナ"] = {
    jp="ロータスレイクでも、お月見はあるんよぉ?<br>水中都市から見るお月さんは、ゆらゆらしてて、綺麗なんやで~。<br>こうして、地上から見るお月さんも、やっぱり綺麗やけどな~。",
    en=""
  },
  ["スイレン(ジューンブライド)"] = {
    jp="月の美しさを伝えると、愛の告白と同じ意味になってしまうそうです。<br>まぁ、私は縛られたりしません。ご主人様もそうなさってください。<br>何も気にせず、私の眼を見つめて、……月が綺麗ですねって言ってくださいね。",
    en=""
  },
  ["ブバルディア"] = {
    jp="今日は凄く綺麗な満月だけど、ちょっと、肌寒いねぇ。ほら、あまり薄着で夜風に当たりすぎると風邪を引くよ?<br>温かい飲み物でも用意してあげるから、そろそろ部屋に戻ろっか。",
    en=""
  },
  ["サンデリアーナ"] = {
    jp="今ならやれるアル!月の魔力を感じるアル!いざ!力を示せ無限万武槍!<br>夜空を駆け!月に模様を付け足してやるネ!うおりゃー!",
    en=""
  },
  ["カレンデュラ"] = {
    jp="月に兎がいるなら……もしかして、お姉ちゃんも……<br>だ、団長さん、笑わないでよぅ!そんな所には居ないってわかってるもん……",
    en=""
  },
  ["リンゴ(七夕)"] = {
    jp="団長さん、一緒にお団子作りましょう! たくさん作ったら花騎士さんを呼んで、みんなでお月見したいです。<br>そうしたら…リンゴちゃんと、団長さんの、ハーレムの完成ですよ…!!",
    en=""
  },
  ["ペンステモン"] = {
    jp="団長さん、どうしたの? あ、お団子足りなくなったかしら? え? そんな事はいいから一緒に月を見ないかって?<br>ふふっ。私まで月を見ていたら、お団子を運ぶ人がいなくなっちゃうでしょ?",
    en=""
  },
  ["ハバネロ"] = {
    jp="あの月の模様、団長さんには、何に見える?私の目には、興奮した団長さんが、私を欲望のままに押し倒し…あああ、行かないでくれ団長さん!",
    en=""
  },
  ["ホトトギス(水着)"] = {
    jp="綺麗な満月…!明かりが無くても十分なくらい。<br>団長様のお顔も、はっきり見えて…………ちゅっ♥<br>…えっ、えっと……すみません!なんだかボーッてしちゃって…我慢、できませんでした……",
    en=""
  },
  ["バイカモ"] = {
    jp="よいしょっ…よいしょっ…っふぅ。ちゃぷちゃぷで持ってくるの疲れたカモ~<br>けどこれで変わったお月見できるカモ~<br>ほら、団長覗くカモ!お月さまとお空、壺の水に映ってとっても綺麗カモ~",
    en=""
  },
  ["ススキ(水着)"] = {
    jp="団長さんと二人並んでお月見、すっごく落ち着くんだ。ウサギノオと一緒にいる時とは少し違う感じ。<br>今日は団長さんとの時間を大切に過ごしたいなぁ。",
    en=""
  },
  ["ギンバイソウ"] = {
    jp="お月見っていいよねー♪ 流石に月が落ちてくることはないし、安心して過ごせるよー♪<br>ほらほら、団長ちゃんも、リラックスーリラックスー♪ 肩を揉んであげよーう。もみもみ♪",
    en=""
  },
  ["フェンネル"] = {
    jp="月をずっと眺めてたら…巨乳のおっぱいに見えてきたわぁ……。<br>アタシ、きっと、疲れてるのね…。<br>今夜は、隊長人形をぎゅって抱きしめて……い、いいえ!普通に寝るわ!普通よ普通!",
    en=""
  },
  ["クレソン"] = {
    jp="オーラーラ。私としたことが、お月見だったことすっかり忘れてたよ。今すぐお供え物用意するから、待ってて。<br>大丈夫、買い出しに行ってなくても、なんとかするのがキュージニアてもんだから",
    en=""
  },
  ["クコ"] = {
    jp="フェンネル 呟きぶつぶつ 月、おっぱい誤認? クコ、理解不能。 執着 意味不明。 団長共感? おっぱいなくても 共感可能?",
    en=""
  },
  ["モケ"] = {
    jp="おお~~!すっごく大きなお月様ぁ! あのお月様に比べたら、モケなんて小さな存在なのだぜ……。<br>よーし!モケもあのお月様に負けないくらい大きく強くなって、団長やみんなを守れるようになるのだぜ!",
    en=""
  },
  ["ヘリオトロープ(浴衣)"] = {
    jp="お月見ということで、お酒をご用意しましたです。お酒っていい香りがするけど、ヘリオの匂いとは全然違って……あれ?旦那様?<br>なんだか匂いだけで、くらくらしてしまいましたです~。",
    en=""
  },
  ["ハゼラン"] = {
    jp="お父さんとお母さんもあっちで月を見てるかな?思い出したら会いたくなってきちゃった。<br>兄様、もっとそっちに行っていい?泣いちゃったらごめんね、今だけは許して。",
    en=""
  },
  ["オミナエシ"] = {
    jp="団長さん。あのお月様、何に見えますか? 兎のお餅つきだとか、蟹だとか、いろんな見方があるようですが…。<br>私は、ほら、あのあたりがなんだか、ベルガモットバレーの形に見える気がするんです、ふふっ。",
    en=""
  },
  ["エケベリア"] = {
    jp="綺麗なお月様が上がってるわねー。ほんっとにまん丸で、すっごく可愛いわねー。手が届くなら、すぐにでも撫で回したい気分よ。<br>だから代わりに、団長くんの頭、なでなでしていい?",
    en=""
  },
  ["トレニア"] = {
    jp="雲が掛かれど、月は常にそこにて輝く。 月が本当に隠れてしまうのは、我らが空を見るのをやめた時。<br>先の見えない戦いでも、希望は常にある筈です!",
    en=""
  },
  ["カウスリップ"] = {
    jp="お団子のせるやつないから、おっぱいにのせちゃった。たわわだからこそできる荒業だよね~♪<br>ってか、これじゃお月見になんないじゃん。しいて言うなら、パイ見?もぅ、団長のエッチ~♪",
    en=""
  },
  ["コマクサ"] = {
    jp="昔は、お姉ちゃんとお月見したなぁ。私が全然お月見のよさを理解できないで、お姉ちゃんだけが……<br>って、普通に「お姉ちゃん」って言っちゃってたわね。あなたがそばにいるのに……",
    en=""
  },
  ["ミスミソウ"] = {
    jp="騎士学校に入ったばかり頃、よく月を見て泣いてました。自分の未熟さが悔しくて、悔しくて…。<br>えへっ、だから自分でも意外なんです。こんなに穏やかな気持ちで、月を眺める日がくるなんて。",
    en=""
  },
  ["ロベリア"] = {
    jp="こんな夜に私を呼び出すから何かと思えば……お月見をしようだなんて。<br>……そんなにダメ出しを警戒することないでしょ? 別に嫌じゃないわ。付き合ってあげる。",
    en=""
  },
  ["アネモネ(光華の姫君)"] = {
    jp="大丈夫?寒くない?せっかくのお月見で風邪引いたら困るから…少しでも寒かったら、私に言ってね。",
    en=""
  },
  ["シクラメン(光華の姫君)"] = {
    jp="お酒飲めば、私だって…ッ!んっ、んっ、んっ、んっ…っぷぁっ!…ヒック!うぅ…… ?…月が、ふたつぅ…?<br>ふわぁ~~っ!団長さんも、2人です~! ん~~でも…これじゃあ私、どっちの団長さんに…お持ち帰りしてもらえば~ヒック!",
    en=""
  },
  ["カトレア(光華の姫君)"] = {
    jp="屋敷を出て知れたことは多いわ、月もその一つ。見え方、違うのね。降りる光も何となく違う。あなたのお陰ね…。<br>えっ、そ、そうよ、お礼言ってるの!素直に…喜びなさいよ! …ふふっ♪",
    en=""
  },
  ["ミズバコパ"] = {
    jp="団長さーん、もち米ぺったんぺったんしてたんだけど、中々お餅にならないおー。<br>なるほど、パワーが足りないんだね!よーし、ミズやっちゃうおー!",
    en=""
  },
  ["ワレモコウ(成長する軍師)"] = {
    jp="お酒を飲んでるご主人のこと、観察してても……いいです?酔うとどうなるか、モコウとても興味ある?<br>色んな一面を知りたいと思うのが、ご主人に対して当然です?",
    en=""
  },
  ["アカバナスイレン(成長する陰謀)"] = {
    jp="満月の力があれば、私も大胆に……って、はあぁっ!?団長さん!?<br>い、今のは違いますから!気にしないで、独り言ですから!<br>お団子、あ~ん♪してあげたいな、とかそんな……自惚れたこと考えてませんからぁ!",
    en=""
  },
  ["ミント(成長する美徳)"] = {
    jp="折角のお月見ですから、月見酒をたくさん楽しんでください。団長さんが呑み過ぎないように、私がすぐそばにいます<br>酔いは、私の匂いで醒ましますから、安心して大丈夫ですよ?",
    en=""
  },
  ["ホシクジャク"] = {
    jp="はいっ団長さん、ブランケットだよ。夜は冷えるから、必要かなと思って。もちろん僕の分もあるよ。",
    en=""
  },
  ["イフェイオン"] = {
    jp="団長とお月見するなんて……前なら考えられなかった……。しかも……こんなふうに寄り添って……ただ見上げてぼーっとするだけなんて……。<br>ふふっ、悪くないかな、ありがとう。",
    en=""
  },
  ["エキナセア(温泉浴衣)"] = {
    jp="……綺麗な満月の夜だ。 聞こえるのは……草木が揺れる音と、鈴の音だけ。<br>こんなにも落ち着いて月見を楽しめるのは……君と二人きりだからだろう。",
    en=""
  },
  ["ホップ(温泉浴衣)"] = {
    jp="今夜はいい月が見られるって話だよ~。今のうちにお酒仕入れてくるね~!団長も飲むでしょ~?",
    en=""
  },
  ["エノテラ"] = {
    jp="監禁…ですか。なるほど、頭がいい…。<br>いえ、月にウサギがいるとすればその理由は…と考えてて思いついたんです。<br>気をつけてくださいね、団長。エノテラ、この思いつきは忘れませんので。",
    en=""
  },
  ["スズシロ"] = {
    jp="満月には、魔力があるんですよ。だから……ほら、今夜はムーリーがいつもより元気です。<br>このまま害虫討伐に出かけてもいいかもしれません。",
    en=""
  },
}
}